• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エコニュース

2017年7月13日

東芝、トヨタなど、風力発電製水素を燃料電池フォークリフトに供給する実証事業を開始

 東芝、トヨタ自動車、豊田自動織機、岩谷産業は、神奈川県、横浜市、川崎市などとともに、風力発電の電力を利用して製造した水素を燃料電池フォークリフトの燃料に供給する実証事業の本格運用を7月に始める。地域が一体となった低炭素型の水素供給網を構築した。実証事業を通じ、普及モデルを見据えてCO2排出削減効果やコストを検証する。

 出力1980kWの横浜市風力発電所(ハマウィング、横浜市)の敷地内に、水素を製造して貯蔵・圧縮するシステムを整備した。水素は簡易水素充てん車で輸送し、同市や川崎市の青果市場、工場、倉庫に導入した燃料電池フォークリフトで使う。従来の電動やガソリンのフォークリフトと比べ、80%以上のCO2削減が可能になると試算している。

 ハマウィングの電力は水の電気分解による水素製造と装置の動力に使う。変動する発電量と水素需要を考慮して最適に運転する。水素は2日分を貯蔵する。ハイブリッド車の使用済みバッテリーを再利用した蓄電池システム(容量150kWh)を活用して、安定した水素供給を実現する。燃料電池フォークリフト用の簡易水素充てん車は日本で初めてだ。

 2台のハイブリッドトラック4t車を使う。フォークリフトの水素使用量を常時把握し、最適な配送でユーザーのニーズに対応する。燃料電池フォークリフトは、キリンビール横浜工場(横浜市鶴見区)をはじめ、使用条件が異なる京浜臨海部の4カ所で、計12台を利用する。実証事業は環境省の「地域連携・低炭素水素技術実証事業」に採択されている。

(日経BP環境経営フォーラム

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」