• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

エコニュース

2017年7月21日

パナソニック、オフィス・店舗用エアコン新製品発売、環境性に優れる冷媒採用

 パナソニックは、オフィス・店舗用エアコンの新製品「XEPHY(ゼフィ)」を10月に発売する。環境性と省エネ性に優れる新しい冷媒「HFC32(R32)」を採用した。新製品投入に合わせ、リモコンにスマートフォンをかざすと運転状況や省エネ機能の使い方など必要な情報が取得できるサポートサービス「datanavi(データナビ)」も始める。

 高効率タイプ、標準タイプ、寒冷地向け、冷房専用、中温用の5シリーズを展開する。新冷媒のHFC32(R32)は全シリーズに採用する。これまでは高効率タイプだけで、他は「R410A」だった。HFC32(R32)は温暖化係数(GWP)値が従来の約3分の1に抑えられる。フロン排出抑制法施行に伴うGWP値表示の義務化やGWPの総量規制を背景にする。

 データナビは、機器の運転状況、省エネ機能の使用法、試運転データの自動入手や施工・サービス時のサポート情報への簡単なアクセスが可能になり、利用者と施工・サービス業者を支援する。専用回線や専用部材、使用料や手数料は要らない。手持ちのスマートフォンをリモコンにかざして機器の情報を読み取ることで、各種情報が見られる。

 省エネ運転のサポートでは説明書が素早く確認でき、省エネ機能の使い方を分かりやすく提供するほか、消費電力のモニターをスマートフォンに表示する。履歴の保存・管理もできる。高効率タイプは業界トップ水準の省エネ性能を実現し、標準タイプは室外機の小型・軽量化で設置の自由度を高めた。5シリーズで830品番を展開する。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2018 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」