• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

エコニュース

2017年8月2日

東芝、再生可能エネルギーを利用した大規模水素エネルギーシステムを共同開発

 東芝は、東北電力、岩谷産業と再生可能エネルギーを利用した大規模水素エネルギーシステムを共同開発する。福島県浪江町を実証エリアに1万kW級の水素製造装置を備えるシステム構築し、2020年度中に実証試験を実施する。国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の事業として、基礎的検討から実証段階に移る。

 3社はこれまでにシステムの構成や仕様、技術・経済成立性の検討・評価を行い、今回システムの開発を始める。再生可能エネルギーの導入拡大を見据えて、電力系統の需給バランス調整(デマンドレスポンス)のための水素活用と水素販売の事業モデルを確立する。これにより、新たな付加価値のある大規模水素エネルギーシステムの開発・実用化を図る。

 開発する大規模水素エネルギーシステムは、市場の水素需要を予測するシステムと電力系統の需給バランスを監視制御するシステムからの情報に基づき、水素エネルギー運用システムが水素製造装置を含めて最適に運用し、再生可能エネルギーの利用拡大につなげる。電力をいったん水素に変換して貯蔵することで、電力系統の調整力にする。

 気象条件で発電出力が変動する再生可能エネルギーが大量導入された際に、電力系統の調整力として活用が期待される。東芝は、再生可能エネルギー由来の水素製造から利用までの各段階で、エネルギーが効率的に使用できる水素ソリューションを展開する。東北電力は水素エネルギーシステムを使った電力系統の安定運用について検証する。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」