• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エコニュース

2017年8月7日

日立製作所・丸紅など、低炭素水素サプライチェーン構築へ宮城県で実証事業を開始

 日立製作所と丸紅は、低炭素水素のサプライチェーン(供給網)構築に向け、宮城県富谷市で同市や、地元のみやぎ生活協同組合と実証事業を始める。太陽光発電システムで発電した電力を使用して水素を製造し、燃料電池で使う。8月に開始して2019年度までに成果をまとめる。環境省「2017年度地域連携・低炭素水素技術実証事業」に採択された。

 気象条件などによって発電量が変動する太陽光などの再生可能エネルギーで電力を安定供給するため、余剰電力を水素に変換して貯蔵する方法が注目されている。水素はCO2の排出がなく、効率的に利活用できることから、サプライチェーンの構築を目指す。実証事業では、富谷市にあるみやぎ生協の店舗や組合員の家庭などに水素エネルギーを供給する。

 みやぎ生協の物流センターに既設の太陽光発電システムで発電し、その電力を水電解装置で水素に変換する。水素は水素吸蔵合金カセットに貯蔵し、みやぎ生協の物流ネットワークを活用して、配達品と併せて利用者に輸送する。水素吸蔵合金カセットを純水素燃料電池に取り付け、水素を取り出して電気や熱に再変換することで、エネルギーにできる。

 既存の物流ネットワークの利用でコストを抑えて水素を運ぶ。各家庭の燃料電池に貯蔵された水素は、太陽光発電の電力が減少する夕方から夜間にかけて使用することを想定し、エネルギーの効率的な活用を実現する。地産地消型の水素需給体制となるサプライチェーンを実証することで、実証成果の全国展開が見込める。これにより、水素の利用拡大とCO2排出削減につながる。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」