• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

エコニュース

2017年8月29日

三菱重工、洋上風力発電設備の合弁会社がドイツ向けに、世界最大出力設備を受注

 MHIヴェスタスは、世界最大8000kW級の出力がある発電設備をドイツ・北海沖合「ドイチェ・ブッフト」洋上風力発電所プロジェクト向けに受注した。同社は三菱重工業とデンマークの風力発電機メーカー、ヴェスタスが出資する洋上風力発電設備の合弁会社だ。同設備は、カナダ・トロントが本拠の独立発電事業者、ノースランド・パワーが造る。

 ドイチェ・ブッフト洋上風力発電所は、エムス河口に近いボルクム島の北西約95kmに位置する。総出力は25万2000kWで、MHIヴェスタスは洋上風力発電設備「V164-8.0MW」を31基受注した。ノースランド・パワーがドイツで別に進めている洋上風力発電プロジェクト「ノルドゼー・ワン」洋上風力発電所が、約77km離れた所にある。

 ドイチェ・ブッフト洋上風力発電所はノースランド・パワーにとって3件目の洋上風力発電プロジェクトで、2019年後半の運転開始を予定している。完成すると、17万8000世帯以上に対して電力が供給できるようになる。同時に、年間で36万tを超えるCO2排出量の削減効果が見込まれる。ドイツ政府のCO2削減目標達成を後押しする。

 ドイツの洋上風力発電は海岸から距離があって海域が深いため、大きく強力な設備が求められる。今回の受注で、V164-8.0MWが競争力のある機種だと認められたという。V164-8.0MWは既に英国の洋上風力プロジェクトで32基・出力25万6000kW級が商用運転している。MHIヴェスタスが今後納入する受注済み設備の出力は230万kWを超える。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2018 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」