• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エコニュース

2017年9月11日

NEC、エネルギー子会社とともにスイス配電大手から同国最大蓄電システムを受注

 NECは、エネルギー関連子会社のNECエナジーソリューションズ(米国マサチューセッツ州)とともに、スイス配電事業大手のチューリッヒ州電力(EKZ)=同州=から、同国最大規模の大型蓄電システム構築プロジェクトを受注した。同社は周波数調整サービスに活用する。2018年1~3月の稼働開始を予定している。

 大型蓄電システムは18MW(1万8000kW)の出力と7.5MWh(7500kWh)の容量があり、スイス・チューリッヒ郊外のフォルケッツヴィールの変電所に設ける。EKZは、発電所からの電力の電圧を調整して需要家に供給する配電事業を手掛ける。今回、同国で周波数調整を行う最初の大規模商用蓄電プロジェクトを計画した。

 周波数調整は、周波数の乱れを検知して障害が発生する前に蓄電システムから充放電し、周波数の安定を維持するサービスを指す。EKZは、電力系統の周波数や電圧など電力の品質を維持するサービスを意味するアンシラリーサービスの市場に周波数調整を提供する。NECの蓄電ソリューションを評価して採用を決めた。

 EKZは「蓄電池が今後の電力ネットワークで重要な役割を果たす」とし、NECエナジーソリューションズの蓄電システムについて「アンシラリーサービス市場で揚水発電や火力発電といった従来の発電資産を補完する最良のソリューション」とコメントした。NECエナジーソリューションズにとってスイスで初の受注となる。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」