• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エコニュース

2017年9月14日

ホンダ、「フランクフルトモーターショー」で新しいEVの試作車を世界で初公開

 ホンダは、ドイツ・フランクフルトで始まった「2017年フランクフルトモーターショー」(プレスデー9月12、13日、一般公開14~24日)で、新しい電気自動車(EV)の試作車「ホンダ・アーバンEVコンセプト」を世界で初めて公開した。新たに開発したEV専用プラットフォームを採用した。これを基にした量産EVを欧州で2019年に発売する。

 将来の量産EVモデルの技術とデザインの方向性を示す試作車となる。外観は、小型車のキビキビした走りの楽しさと親しみやすさをシンプルに表現した。欧州仕様の小型車「ジャズ(日本名フィット)」より全長が10cm短く、都市の移動に適したサイズにした。車両前部には充電状況やドライバーへの助言を表示するディスプレーを設けた。

 アーバンEVコンセプトは、人工知能(AI)技術で人と車の新しい関係性を示した。パーソナルコンシェルジュ機能によってドライバーのライフスタイルや過去の行き先、好みを学習して状況に応じた提案をする。併せて、ドライバーの表情や声の調子からストレス状況を判断して安全運転を支え、ドライバーと自然なコミュニケーションを行う。

 ホンダは加えて、効率的なエネルギー管理を実現する装置「ホンダ・パワーマネージャーコンセプト」を同時に公表した。太陽光や燃料電池車で発電した電気と系統電力をやり取りし、必要に応じて家庭・EV向けに充放電する。さらに、今後欧州で発売する全ての新型モデルに、ハイブリッドを含む電動化技術を搭載することも明らかにした。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」