• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

エコニュース

2017年9月19日

三井不動産レジデンシャル、スマートタウンの暮らしが体験できる宿泊体験を開始

 三井不動産レジデンシャルは、スマートタウン(環境配慮型の街)の暮らしが体験できる宿泊体験を9月23日に始める。同社は三井不動産グループで住宅分譲事業を手掛ける。神奈川県藤沢市のスマートタウン「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(SST)」に、モデルハウスを設けた。住宅購入検討者を対象に、住み心地を体感してもらう。

 宿泊体験は、パナソニックが代表幹事を務め、関係する各社で組織するFujisawa SST協議会と実施し、スマートタウンならではのサービスを用意する。Fujisawa SSTは災害や事故でも3日間ライフラインを確保するように設計していることから、参加者は防災体験ツアーを通して、停電時にエネルギーを絶やさない環境が実際に感じられる。

 このほか、Fujisawa SSTで活用を推進している電動自転車のシェアリングサービスが利用できる。自転車は街乗り用や子供を乗せるモデルなど各種のタイプを備える。宿泊用の備品は、ヤマト運輸の新しいサービスから配送される。各宅配事業者の荷物を集約し、荷物の情報を一本化して配送予定や不在連絡を住宅内のテレビに配信する。

 モデルハウスには家事の時間を短縮する設備を採用した。洗濯、宅配の受け取り、収納といった家事での動きに配慮した間取りにするとともに、ロボット掃除機が使いやすい空間設計を施した。食器洗浄乾燥機をはじめ、家事の時間短縮を可能にする最新家電も導入した。宿泊体験期間は2018年7月28日までとなり、土曜日に宿泊できる。

(日経BP環境経営フォーラム

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」