• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エコニュース

2017年9月22日

パナホーム、兵庫県芦屋市に開発するスマートシティーでマイクログリッドに着手

 パナホームは、兵庫県芦屋市に開発しているスマートシティー(環境配慮型都市)「パナホームスマートシティ潮芦屋『そらしま』」で、マイクログリッド(地域分散エネルギー制御)システム事業に10月に着手する。117住戸を対象に、自営の送電線を敷設して住戸間の電力融通を可能にし、街区全体の電力の80%以上を太陽光発電で賄う。

 この事業は、経済産業省の補助事業に採択され、電力管理事業のエナリス、興銀リース、兵庫県企業庁とともに、パナソニックや芦屋市と連携して進める。各住戸にパナソニックの太陽光発電システム(出力4.6kW)と蓄電池(容量11.2kWh)、HEMS(住宅エネルギー管理システム)を設置し、自営線によって各住戸の蓄電池をネットワークにつないで制御する。

 117住戸の蓄電池を合わせると容量約1.3MWh(1300kWh)の大きな蓄電池があるようになり、電力が余る住戸から足りない住戸に融通する。電力会社から購入する電力を減らし、地域内で発電した太陽光発電を最大限に活用する。住戸間の電力融通を双方向で実現する日本で初のマイクログリッドシステムだという。外部からの電力は一括受電する。

 自営線の敷設で一括受電や柔軟な電気料金設定が可能になり、電気料金を20%低減する。非常時でも給電できるなど住宅所有者に利点があると同時に、太陽光発電でCO2排出量を削減して環境に貢献する。このマイクログリッドシステム事業は、建物間の電力融通や電力系統がぜい弱な地域での対応など、海外展開のモデルケースの役割も持つ。

(日経BP環境経営フォーラム

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」