• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

エコニュース

2016年10月7日

凸版印刷、透明バリアーフィルムのレトルト向け新製品、フィルム減でCO2を削減

 凸版印刷は、独自の透明バリアーフィルム「GL BARRIER(ジーエルバリア)」のレトルト食品向け新製品「強靭(きょうじん)化GL FILM(ジーエルフィルム)」を開発した。酸素や水蒸気のバリアー性能を維持しながら包材のフィルム使用量を減らすことができ、CO2排出量を削減する。冬にサンプル出荷を始め、2017年3月に販売を開始する。

 レトルト食品用のバリアーフィルムとして展開するGL FILMの基材のPETフィルムを改良して強くした。突き刺し強度を約40%高め、これまで必要だった補強樹脂層が要らず、層の構成を削減できる。レトルト食品向け包材は耐熱樹脂層、バリアー層、補強樹脂層、ヒートシール層の4層構成が一般的だが、最小で2層のレトルト包材が完成する。

 これによって、包材製造までのCO2排出量を従来の4層構造と比べて約25%削減できる。レトルト食品など長期保存食品の包材は、内容物の品質を保持するために酸素や水蒸気の透過を遮断する機能が求められ、アルミはくが多用される。環境意識の高まりや電子レンジ対応などから、非金属素材で同等のバリアー性へのニーズが高まっている。

 凸版印刷は、非金属の透明バリアーフィルムとして独自開発したGL FILMをさまざまな用途で販売し、約45カ国・地域で約1万5000点の商品に採用されている。今回、レトルト食品用に強度を向上させ、環境負荷をさらに抑える強靭化GL FILMを開発した。レトルト食品業界に投入してパッケージ全体で2018年度に約5億円の売り上げを目指す。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2018 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」