• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エコニュース

2017年10月11日

JR東日本、列車位置情報を活用した効率的な蓄電池の充電制御の実証試験を開始

 JR東日本は、列車の位置情報を活用した効率的な蓄電池の充電制御と、それに伴う変電設備のスリム化に関する実証試験を10月25日に始める。内房線の君津駅(千葉県君津市)~上総湊駅(同県富津市)間の変電所で実施する。2018年6月までを予定し、回生電力貯蔵装置による列車への電力供給データの取得や制御方法の検証などを行う。

 JR東日本が進める鉄道エネルギー管理の確立に向けた取り組みとなる。試験装置の設置が完了したため試験を開始する。変電所は列車運行で電車に電気を供給する機能を持つ。複数の機器を回生電力貯蔵装置に置き換えて変電所をスリム化し、メンテナンスを省力化する。回生電力は電車のブレーキ時に発生する電気エネルギーを意味する。

 試験では、変電所の機能がなくても回生電力貯蔵装置で電車に対して必要とする電力が供給できるかどうかを調べる。JR東日本は既に3カ所に回生電力貯蔵装置を導入し、架線電圧の値によって充放電を制御して電力を供給している。しかし、電力供給を必要としない場合でも充放電してしまうことがあり、蓄電池容量の決定が課題だった。

 列車の位置情報を活用した効率的な蓄電池の充電制御は、GPS(衛星利用測位システム)を使って列車が適正な位置を走行している時だけ充放電するように制御する。蓄電池の小型・長寿命化が期待できる。実証試験ではこの制御方法の優位性を調べる。隣接する変電所の異常時を想定した回生電力貯蔵装置での電力供給データも取得する。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」