• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

エコニュース

2017年10月20日

丸紅、発電子会社が長野に建設した2カ所の小水力発電所が完成、商業運転を開始

 三峰川(みぶがわ)電力が長野県茅野市に建設した2カ所の小水力発電所が8月に完成し、9月1日に商業運転を始めた。同社は、丸紅が100%出資する発電子会社で、10月19日に完工式を開催した。どちらも地元土地改良区の農業用水路に設備を設置した。発電した電力は、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を活用して売電する。

 稼働開始したのは「蓼科第三発電所」と「蓼科第四発電所」で、第三発電所は93kW、第四発電所は145kWの出力がある。一般家庭約490世帯の年間消費電力量に相当する年間発電電力量を見込んでいる。茅野市内には三峰川電力が所有する「蓼科発電所」(出力260kW・運転開始2011年6月)と「蓼科第二発電所」(141kW・2014年1月)がある。

 4カ所の発電所が同じエリアに立地するため保守が効率化できるなど、相乗効果も期待される。三峰川電力は蓼科発電所、蓼科第二発電所の運営を通して経験を蓄積するとともに、茅野市や土地改良区と良好な関係を築いてきた。今後も同市で小水力発電など潜在資源を利用した事業を進め、自然エネルギーを生かすまちづくりに協力する。

 丸紅は、国内で2000年から水力発電所を運営している。蓼科第三、第四発電所は16、17カ所目の発電所となる。ほかに長野県に6カ所、山梨、福島、広島県に3カ所ずつある。2020年までに30カ所程度の中・小水力発電所の開発を目標に掲げる。小水力発電は大規模なダムが不要で自然への環境負荷が低く、可能性が高い電源として注目される。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」