• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

EMF事務局からのブログ

【EMF事務局から26】7月にGPIF水野CIOと経営トップの意見交換会/会員間の協業進める

 事務局の藤田です。機関投資家GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の最高投資 責任者(CIO)の水野弘道氏と、日経BP環境経営フォーラム会員企業の経営層(社長・ 会長)とのESGに関するクローズドの意見交換会を7月21日に開催します。GPIFの新しい ESGインデックスを用いた運用もこの頃に始まる予定ですので、実りある意見交換がで きると思います。
 GPIFはEMF経営層との懇談に大きな期待を寄せていますので、ぜひこの機会にご参加 ください。社長か会長の参加が必要です。その他の経営層が参加される場合は個別に 相談させていただいております。第1次締め切りは5月12日(金)です。 emf@nikkeibp.co.jpまでメールをお送りください。
事務局長の斎藤です。今年のEMF活動方針のひとつに「サステナビリティ分野での、 会員間の活動を後押し」を掲げています(EMFパンフレットP3に記載)。今回は、この 点について私の意図したところを書かせていただきます。
 EMFでは年に2回の日経エコロジー編集部との情報交換会やテーマ別分科会、ワー クショップや視察会などを通じて会員企業の交流の機会を作っています。こうした 中から環境・CSR関連部署間の相互訪問などが行われてきました。
 私はこうした交流を一歩進めて、本業に近い分野での協業がEMF会員企業間ででき ないかと考えています。数年前の事例になりますが、航空会社と玩具メーカーがEMF の会合で出会ったことがきっかけになり、玩具メーカー関連のキャラクター(エコ関 連のキャラクター)をパッケージした航空機を飛ばしたことがあります。大変好評だ ったと聞いています。
 こうした事例を増やしていきたいと思っています。協業に関心のある方は、お気軽 にEMF事務局に電話かメールでご相談ください。こんなテーマで協業ができないかと いった相談で構いません。

環境ブランド調査 2015 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」