• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

EMF事務局からのブログ

【EMF事務局から32】 2017年環境ブランド調査結果発表、SGランキングを新設

 事務局長の斎藤です。7月11日に大阪、18日に東京でEMF環境コミュニケーション研究会「2017年環境ブランド調査の結果分析」を開催しました。今年も東京・大阪の両会場とも多くの会員企業の皆様にお集まりいただきました。日経エコロジー8月号の「環境ブランド調査2017」特集で掲載しましたが、今年から環境ブランド指数ランキングに加えて、SGイメージスコアランキングを創設しました。近年、注目を集めているE SG(環境・社会・ガバナンス)投資に合わせて、Eをランキングした環境ブランド調査に加え、S+Gのランキングを新たに作ったというわけです。
 研究会では、SGイメージスコアランキングについても時間を割いて解説しました。今回の研究会で講師をしていただいたEY Japanの牛島様、日本総合研究所の橋爪様からも環境ブランド指数ランキングに加えて、SGイメージスコアランキングについての講評をいただき理解が深まったと思います。研究会の模様は、近日中に本ホームページで公開しますのでご覧ください。
 事務局の藤田です。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の水野弘道・最高投資責任者(CIO)とEMF会員企業の経営層との意見交換会が2日後の7月21日に迫りました。
GPIFはESGの新しいインデックスを7月上旬に発表したばかりです。参加される企業にはGPIFへの質問を事前に出していただきましたが、皆さん新インデックスに高い関心を持たれていることがうかがえました。当日は水野CIOと経営トップとの間でどのような議論が交わされるか、興味深いところです。
 GPIFはESGに関する企業の公開情報を重要視し、透明性を評価しています。統合報告書や環境・CSR報告書を作る際の情報開示の在り方についても、参考になるような議論がで
きたらと思っています。

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」