• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

EMF事務局からのブログ

【EMF事務局から38】築地問題にも触れる、10/27に魚シンポジウム開催

 事務局の藤田です。10/27に魚シンポジウムを開催します。今年は世界で最も人気のある水族館「米モントレーベイ水族館」の副館長マーガレット・スプリング氏をお呼びしました。モントレーベイ水族館は海洋保全に取り組むパッカード一族が支援・運営している水族館です。スプリング氏は館長ジュリー・パッカード氏の参謀役として、資源保護チーフオフィサーを務めています。かつては米上院商務・科学・運輸委員会
顧問として議会に漁業の保全管理などの海洋規制の助言を行い、米海洋大気庁(NOAA)の首席補佐官も務めました。彼女の目に、日本の漁業や築地問題、東京五輪はどのように映るのか、講演とトークが見所です。
 新宿にある高級ホテル「パークハイアット東京」の総料理長トーマス・アンゲラー氏の講演とトークも楽しみです。同ホテルはMSC認証やASC認証の魚を食材に使い、「サステナブル・アトランティック・サーモン」というメニューも載せています。日本でこうしたメニューを載せるに至った苦労も話して下さいます。
 イオンや西友などの小売り、日本水産やマルハニチロなどの水産会社、築地マグロ仲卸、和歌山県那智勝浦町の鮪仲買などに加え、ヤフー東北共創チーム、ANA、イケア・ジャパン、IHI関連会社など、異業種の新しい取り組みも発表します。シンポジウムの後には、東京都世田谷区のサステナブル・シーフード・レストラン「BLUE」の監修によるシーフードの懇親会も開催します。
 多様な人々が集まる楽しい情報交換の場になります。ぜひ足を運んでいただければ幸いです。お申し込みは、本サイト「EMFからのお知らせ」内にある本シンポジウムのお知らせからお願いします。。

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」