人口減少下の未来の都市像とは、どのようなものか。地域公共交通と連携した「コンパクト・プラス・ネットワーク」を国が打ち出す中、スポンジの穴のように空き家・空き地が散在するようになる都市の「スポンジ化」が指摘されている。理想と現実の折り合いをどうつけるか――。首都大学東京教授の饗庭伸(あいば・しん)氏は「都市をたたむ」という発想の下、その実践にも関わる。

――都市の「スポンジ化」という現象が指摘されるようになってきました。都市の無秩序な拡大を意味した「スプロール」とは逆に、無秩序な縮小という現象とも言えそうです。

饗庭 日本の場合、土地所有権が強いですからね。近所で空き家や空き地がぽつりぽつりと発生し、「スポンジ化」が生じても、周りの人は土地所有者に「困ったな」としか言えません。

過去を振り返れば、高度経済成長期には、農地改革で細分化された土地が都市に集まってくる人々にさらに細かく切り売りされてきました。人々は土地を手に入れてそこの“王様”になるためにローンを組み、その返済のために企業で働き続けました。それが、当時の成長ドライブだったわけです。国土がどんどん細分化され、小さな“王様”がたくさん生まれた時代です。

首都大学東京都市環境科学研究科都市システム科学域教授の饗庭伸氏(以下、人物写真の撮影は尾関裕士)

しかし今後は、人口減少によって“王様”も次第に減っていき、空き家や空き地が生まれます。そのタイミングは“王様”の置かれた状況によって異なりますから、スポンジの穴は無秩序に生まれるわけです。これが、「スポンジ化」の発生する背景です。

こうした「スポンジ化」の何が問題かは、地域によって異なるでしょう。

かつて都市が成長する時には、都市空間の拡大が人口の増加に追い付かないため過密の問題が生じました。過密がもたらす問題は、伝染病の発生や災害時の危険など、いくつも挙げることができます。都市計画の目標も、そのコントロールにありました。

ところがこれからは、人口の減少が都市空間の縮小に先行する「過疎」の問題が生じてきます。「過疎」はどういう問題をもたらすでしょうか。過密がもたらしたような共通の大きな問題点は見当たらないように思います。

――人口減少時代の都市像としては、国が「コンパクト・プラス・ネットワーク」という考え方を打ち出しています。その点は、どうお考えですか。

饗庭 理想はその通りでしょう。悪くないと思います。これから新しい都市を開発するのであれば、「コンパクト・プラス・ネットワーク」を目指すべきです。

しかし、その都市像を実現するのは容易ではありません。土地所有者が多く、土地が細分化されているだけに、都市はじわじわとしか変われません。財政状況を考えると、自治体が公的補助を投入する理屈も立ちにくいでしょう。

理想を目指しつつ、現実は民間の建て替えや住み替えを中長期的にコントロールしていくほかないとみています。そうした現実路線を行くには、「スポンジ化」を生かした「コンパクト・プラス・ネットワーク」へのシナリオが必要です。

空き家を活用し、居住維持を図る

――「スポンジ化」を生かしたシナリオとは、どのようなものですか。

饗庭 それが、「都市をたたむ」ということです。

「コンパクト・プラス・ネットワーク」の考え方に立って公共が行っていることは、都市の中心部に都市機能を整備することです。図1で言うと、黄色の丸印です。ここに自ずと、人が集まることが期待されます。そうすることにより、居住地の維持が図られるわけです。

(図1)「都市をたたむ」イメージ。公共が都市機能を整備する一方で、民間や市民がスポンジの穴(空き家・空き地)を活用することが求められる。それらを中心に居住地の維持が図られ、コンパクト化が次第に進んでいくというシナリオ(画像提供:首都大学東京・饗庭研究室)

それに重ねて必要なのは、民間がスポンジの穴に当たる空き家や空き地を生かして、その地区の暮らしや仕事を支えるようなまちづくりに取り組むことです。図1の赤色の丸印です。その取り組みが広がっていけば、中心部の都市機能周辺と同様に、居住地の維持が図られる地区が広がっていきます。

――公共だけでなく、民間もまちづくりに取り組むことで、居住地の維持が図られる地区と居住地の低密化が進む地区を明確に分けていくというシナリオですね。公共で赤丸の部分まで手掛けていくのは難しいですか。

饗庭 難しいですね。地域の拠点であると公共がみる場所と、事業が成り立つと民間がみる場所には、たいていズレがありますから。まず民間が事業に着手することが必要です。そのうえで公共は「コンパクト・プラス・ネットワーク」の実現に向けた国の計画制度である「立地適正化計画」でそこを「都市機能誘導区域」に指定するなど、支援の手を差し伸べるのがいいと思います。いずれにしても、公民連携は欠かせません。