一人暮らしの高齢者が急増するなか、心身の健康にも関わるとされる“孤食”の問題に対して、コミュニケーション技術を使った解決策に注目が集まっている。離れて暮らす高齢の親と、その子どもの家族とが、ネットワークを介して一緒に食事をする「遠隔共食」や、CGキャラクターが人と同じタイミングで食事する「疑似共食」など、「食事を共にする楽しみ」を実現するシステムの開発が進んでいる。そこでは、単なる栄養摂取にとどまらない、「コミュニケーションとしての食事」の未来を展望することができるだろう。

高齢社会による社会課題のひとつに、“孤食”の問題がある。近年一人暮らしの高齢者の増加が著しく、内閣府による「平成28年度版高齢社会白書」によれば、1980年には男性約19万人、女性約69万人だったが、30年後の2010年には男性約139万人、女性約341万人と激増している。65歳以上の高齢者人口に占める単身世帯の割合で見た場合は、1980年は男性4.3%、女性11.2%だが、2010年は男性11.1%、女性20.3%となった。

単身世帯の高齢者が増えているということは、一人で食事をする孤食も増えているということ。2030年には高齢者単身世帯は700万人以上になると考えられているため、孤食の問題はさらに深刻になることが予想される。

幼児期や学童期の子どもの食事環境については、発達心理学や栄養の観点から、心身への影響が大きいことがわかっている。また、高齢者の孤食においても、低栄養や栄養バランスが崩れることによる心身への影響をテーマにした研究が進んでいる。しかし、食事とは単に栄養を摂取することではなく、コミュニケーションの場として重要な役割を担うもの。孤食はQOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)への影響も大きいはずだ。

離れた家族とICTを介して食事を共にする

東京電機大学システムデザイン工学部教授の武川直樹氏

こうしたなか、食事におけるコミュニケーションの重要性に着目し、それを円滑に進める支援システムの研究に取り組んでいるのが、東京電機大学システムデザイン工学部教授の武川直樹氏のグループである。

「普通に座って話そうとすると、用事がない限り会話が続きませんが、食事をしているときは話題がなければ食べればいいし、リラックスした状態で会話が続きます。また、食べ終わるまではその場に居続けるという拘束条件があることも、用事がなくても会話が続く理由のひとつです」。武川氏は食事によるコミュニケーションの特徴をこう話す。

武川教授の研究室では、特に、高齢者のコミュニケーション支援としての食事に着目、3組の高齢者と離れて暮らす家族を対象に、ICTを活用した「遠隔共食」の実証実験を行った。

東京電機大学システムデザイン工学部の武川直樹教授らが取り組むICTを活用した「遠隔共食」の実証実験の狙い(資料提供:武川研究室プロジェクト研究准教授の徳永弘子氏)

3組のうちの1組は、千葉県で夫と二人暮らしの高齢親世帯と東京で暮らす娘世帯のA親子。千葉と東京はさほど離れているわけではないが、中学生の息子がいる娘世帯と親世帯が一緒に食事をとるのは数カ月に1度程度だという。

東京電機大学 プロジェクト研究准教授の徳永弘子氏

「高齢者は子どもや孫に会いたい、子ども側も一人暮らしの親が心配という思いを持っているのですが、なかなかその時間がとれません。そうした時間的、物理的なコミュニケーションの問題を工学的に解決できないかと取り組んだのがこの研究です」と、同研究室プロジェクト研究准教授の徳永弘子氏は話す。

離れた家族が一緒に食事をとる方法として、それぞれの家の食卓にタブレット端末(iPad)を設置。ビデオ通話ができるFaceTimeというアプリを使って、互いの様子を見ながら食事ができるようなシステムを構築した。

家族の顔が見えるだけで、気分や体調も良好に

今回実施した遠隔共食実験は、親世帯(父親、母親)と子ども世帯(娘、孫)がタブレットを通してお互いの顔を見て、定期的に会話をしながら食事をするという設定である。

被験者のうち、親世帯の母親には、共食をする2週間前から毎日生活記録をつけてもらった。1日のスケジュールや食事内容(毎食写真撮影)、その日一番印象に残った出来事などを記述するほか、その日の気分・体調・人間関係・充実感・存在意義・明日への意欲という6項目について自己申告で評価する「QOL評価」を記入する。こうした記録を約2カ月間行い、その期間内に6回以上の遠隔共食を行った。さらに遠隔共食の様子を撮影した動画、被験者へのインタビューなどを分析し、遠隔共食による「主観的幸福感」を多角的に調べた。

被験者が毎日記入した日誌。この他に毎食の食事写真を撮って記録する(資料提供:徳永弘子氏)

その結果、A親子では食事中の会話パターンが大きく変化した。会話の記録を見ると、夫婦ふたりだけの食事中はテレビの話題が多いが、遠隔共食中はお互いの近況報告など離れて暮らす家族の話題の割合が半分以上になる。また、遠隔共食前後の夫婦だけの食事中も離れて暮らす家族の話題が増えるなど、遠隔共食をきっかけに家族への意識が変わったという。

肝心の「主観的幸福感」にも変化が見られた。共食前の記録では「夫と毎日三食一緒なのは疲れる。会話がマンネリ」としていた母親だったが、遠隔共食によりQOL評価が有意に上昇した。特に上昇が顕著だったのは「気分」「体調」「明日への意欲」の3項目。

会話が変化した理由として、遠隔共食によりコミュニケーション構図が拡大したことが大きいと考えられる。日常は一対一のコミュニケーションだが、遠隔共食では4人による多方面からのコミュニケーションが可能になる。「いつもは娘と一対一の電話しかできない。遠隔共食では、夫や孫も加わって話題が豊富になった」と被験者の母親は評価。また、娘側も「話すために集まるのは面倒だが、食事はその場にいるのでいい。思春期にさしかかり普段話さない息子や、仲間はずれになりがちな父も会話に加わっていた」と遠隔共食後のインタビューで回答している。

遠隔共食をする前の12日間(オレンジ)と遠隔共食後の12日間(緑)とで、QOL評価は有意に変化があった。特に変化が大きかったのは「気分」「体調」「明日への意欲」の3項目(資料提供:徳永弘子氏)