介護にAIを活用する――。AIベンチャーのエクサウィザーズでは、これまで接点がないと思われた領域を開拓しようとしている。核になるのは、認知症に効果があるとされるフランス生まれの包括的ケア技法「ユマニチュード」。ケア事業を担う同社取締役の坂根 裕氏が見つめる介護の未来像とは。

坂根さんはご自身がユマニチュード認定インストラクターでもあります。改めてユマニチュードと従来の介護の違いについて教えていただけますか。

ユマニチュードには「見る」「話す」「触れる」「立つ」という介護の4本柱があります。これを日本の介護スタッフに話すと、ほとんどの方から「いつも見て、話して、触れている」という答えが返ってきます。

しかし認知機能が低下した方々は、通常の接し方では「この人は自分を見ているんだ」とは思わないため、反応しません。それで、 “伝わっている”と思い込んで話しかけている介護する側は、「無視された」と感じてしまうわけです。認知症の患者は目の前にいてさえ、その存在に気づかないことがある。まずはこのことを念頭に置いてほしいのです。

ですからユマニチュードの研修では、看護師や介護士がお互いに顔を20センチにまで近けるシミュレーションを行います。これは本当に真ん前に顔がある状態。この距離感をキープしながらしっかりと目を見て話しかけます。認知症患者に対して何度も繰り返すうち、徐々に向こうも「この人は悪い人じゃない」と感じるようになってくるのです。

エクサウィザーズ 取締役 坂根 裕氏

 提唱者のイヴ・ジネスト先生が体育学出身ということもあって、ユマニチュードでは被介護者の体のメカニズムを考慮した手法になっています。すごくロジカルなんですね。例えば患者さんにウガイさせるときに、洗面台に車椅子を近づけてしまう人がいます。よかれと思ってやっているのですが、身体の仕組みからして、これは逆効果です。人間は立ち上がる時、いったん頭を前に出し、前方に重心を移します。こうして自分の足底部に重心がかかるから立つことができるわけで、そのためには、洗面台とある程度の距離離れていなくてはなりません。ユマニチュードでは、そうした体の動きを介護者にきちんとロジカルに説明します。さらに、被介護者が立てるのであれば、極力立ってもらいます。寝たきりだと身体機能がどんどん低下してしまうためです。できる限り患者の健康回復を支援しようという考え方ですね。

日本でも福岡市をはじめ、ユマニチュードの波が広がりつつあります。

福岡市の場合、高島(宗一郎)市長が病院に視察に来られました。最初に声がけしたときはまったく反応がなかったそうですが、当社のインストラクターが「こんなふうにしたらいいですよ」とアドバイスしたら、明らかに違う反応が返ってきた。ユマニチュードは接し方が重要なんだということを政令市の市長自らが体験して理解されたのです。その効果を目の当たりにしたため、これは可能性があるとのことでとても前向きに応援してくれています。この輪がどんどん広がっていけばいいなと。

オムツ交換や入浴介助など、ケアは患者に対する、結構強烈な “お願い”です。しかも認知機能が落ちている場合、毎回「初めまして」から入ることになります。家族による介護が困難なのは、父母や祖父母の立派なときの姿が脳裏に焼き付いているからです。今まで通りの大人のコミュニケーションを続けてしまい、それが相手に伝わらないのでストレスがたまるわけです。だからこそ、病院や介護施設同様、家族介護に向けても幅広くユマニチュードを普及させていきたいですね。

エクサウィザーズでは、ITでユマニチュードの普及を後押ししています。思い立ったきっかけは?

現在、当社では「HUMANITUDE Japon」として研修サービスを提供していますが、これは人を派遣しての対面指導がメインです。これではビジネスとして大きくスケールしません。サービスを受ける側から考えても、コストがかかるため、何度もサービスを購入できません。とはいえ、1回だけの指導では十分に理解できない場合があります。せっかく研修を受けたのに、結局腹落ちしないまま、実践せずに終わってしまうケースもありました。

そこで自分の本業であるITを活用しようと考えたのです。また、ITツールを作る際の自分のポリシーとして、必ず現場に赴くようにしています。なぜなら現場が欲しがっていない、現場で喜ばれないツールを作っても意味がないからです。そこできちんと10週間の研修を受けてインストラクターの資格を取得したのです。