日経ビジネスのご案内 【 2017年12月18日 No.1921 】

特集

謝罪の流儀2017
日産、神鋼は何を間違えたのか

時代が求める企業倫理と、自社の論理が乖離した瞬間、企業への批判は一気に沸騰する。異次元のリスクが生まれつつある中、
企業に求められる新たな「謝罪の流儀」を探る。

  • 連鎖する不正発覚。2社、失策の共通項
  • 度重なる記者会見、「釈明」に終始する態度、現場との溝を深める失言
  • 「安全だから」は通用せず。初動とメディアへの対応を誤った代償
  • 謝罪の新常識、警戒すべき新たな火種
  • タカタ世論に背向け、自社論理に固執して経営破綻
  • フジテレビLGBTへの支援に積極的だったはずが…
  • 日本航空時代に逆行する人事施策がマタハラ問題に
  • 英蘭ユニリーバ差別的動画を配信、グローバル対応も不可欠に
  • 制御不能でも問われる「責任」
  • 自動運転、フェイクニュース、AIの暴走、謝罪は未知の領域へ
  • 窮地を救った「トップ対応」
  • 花王社内に法令順守と組織運営見直しを指示
    「“正道を歩む”を何ものにも優先」澤田道隆 社長
  • アスクル迅速な対応と徹底した情報開示
    「それが危機対応の”王道”」岩田彰一郎 社長

企業研究

  • 海外1兆円の“真価”
    NTTデータ
    「買収の手は緩めない」
    岩本敏男 社長

編集長インタビュー

  • 高島屋 木本 茂 社長
    「合従連衡の時代ではない」

スペシャルリポート

  • 活況セキュリティー市場
    五輪控え、海外勢が席巻。取り残される日本企業

時事深層

  • シャープ、1年4カ月ぶりの東証1部復帰も
    後継者指名に潜むジレンマ
  • 三井住友銀行、小型店拡充で個人に「寄り添う」
  • IoT、AIなどの新技術、広がる40代の「学び直し」
  • 故西田厚聰・東芝元社長、「剛腕経営者」の置き土産
  • オリックス、野村HD …広がる「金融排除先」向け資金供給
お気軽にご購読を開始いただける6ヵ月購読もご用意しました! 定期購読のお申し込みはこちら