日経ビジネスのご案内 【 2018年2月26日 No.1930 】

特集

SONY
甦ったのか?

独自路線の商品を強みに今期過去最高益を更新する見通しの
ソニー。低迷から復活したと言われるが、幹部が募らせる危機感とは?

  • PART1
  • 6年間の「平井改革」を総点検
    見えてきた成果と新たな課題
  • 収益力回復のポイントは、基本に忠実な改革の具体策
  • PART2
  • 改革の本質は現場が知っている
  • 「30万円ウォークマン」や「aibo」の開発者が激白
  • PART3
  • 新しい時代の「ソニーらしさ」とは何か
  • 吉田新社長が挑むゲームチェンジ

編集長インタビュー

  • 「こだわり」がもてなしになる時代
    星野リゾート
    都市に新ホテル続々、快進撃の秘けつ
    星野佳路 代表

時事深層

  • 黒田再任に透ける首相の思惑
    日銀人事案の裏事情
  • 手ぐすね引く投資ファンド
    東芝新トップが直面する難局
  • 異例のPR戦術を次々と展開
    トヨタ広報変革の仕掛け人
  • スキルを持つボランティア募集
    働き方改革、東京五輪の成否左右
  • ユニ・チャーム、資生堂、ライオン…
    製造だけでは生きていけない

スペシャルリポート

  • 東芝の事例から何を学ぶべきか
    会社蝕む「バイセル取引」
    企業経営者の“5つの誤解”
お気軽にご購読を開始いただける6ヵ月購読もご用意しました! 定期購読のお申し込みはこちら