Topics

野口さんちのおうちごはん ecomom online 豆乳クラムチャウダー/ほうれん草と香草のカレーなど4品

(2017/03/08)

豆乳クラムチャウダー/ほうれん草と香草のカレーなど4品

撮影:馬場わかな カロリー計算:清水紀子
料理家の野口真紀さんが毎日、家族のために作る、おいしさと愛情がいっぱいの "おうちごはん" レシピです。
※レシピ中の1カップ=200㎖、大さじ1=15㎖、小さじ1=5㎖です。
このページはecomom本誌に連載したものを加筆修正して再掲載したものです。

豆乳クラムチャウダー

さらりとしたやさしい味の豆乳と、牛乳のコクでうまみを。
クラッカーを添えて朝ごはんにもおすすめです。

材料(4人分)
あさりの缶詰(水煮)…1缶(180g)
じゃがいも…2個
にんじん…1/3本
玉ねぎ…1/2個
ベーコン…2枚
豆乳・牛乳…各1カップ
(豆乳2カップにしてもよい)
水…1カップ
バター…大さじ2
塩・こしょう…各適量
クラッカー…適量
  1. じゃがいも、にんじんは2cm角に切り、玉ねぎは粗く刻む。ベーコンは1cm幅に切る。
  2. 鍋にバターを入れて熱し、玉ねぎをしんなりとするまでよく炒め、ベーコンを加えてさらに炒める。
  3. 2にあさり(缶汁ごと)、じゃがいも、にんじん、水を入れてふたをして弱火で煮る。
  4. 3の野菜がやわらかくなったら、豆乳、牛乳を加えて2〜3分弱火で煮て、塩、こしょうで味を調える。
  5. 器に盛り、クラッカーを添える。
(調理時間:約20分 カロリー1人分:237kcal)

ほうれん草と香草のカレー

ほうれん草と香草がたっぷりのカレーをどうぞ。
野菜をじっくり炒めておいしいスープを作るのがコツです。

材料(4人分)
ほうれん草…1束
鶏ひき肉…200g
玉ねぎ…1個
セロリ…1本
にんじん…1/2本
香菜…2束
香菜の根…2束分
しょうが(みじん切り)…1かけ
にんにく(みじん切り)…1かけ
水…4〜5カップ
カレールウ(中辛)…50g*
塩・こしょう…各適量
オリーブオイル…大さじ2
ローリエ…1枚
ごはん…適量
*ルウはお好みの辛さで
  1. ほうれん草は塩(分量外)を入れた熱湯で茹で、水気を切って2cm幅に切る。玉ねぎ、セロリ、にんじんはみじん切りにする。香菜は粗く刻み、香菜根はみじん切りにする。
  2. フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎ、セロリ、にんじんを入れて、弱火でじっくりと炒める。
  3. 2にしょうが、にんにく、香菜の根を加えて炒め、ひき肉を加えてさらによく炒める。
  4. 3にローリエ、水を入れて煮立て、アクを取り、ふたをして弱火で10分ほど煮て、ルウを入れて再び10分ほど煮る。
  5. 4に1のほうれん草、香菜を入れて少し煮る。
  6. ごはんとカレーを盛り付ける。
(調理時間:約30分 カロリー1人分:583kcal)

えびワンタン

つるんとした食感がおいしいワンタン。
茹でたてはもちろん、スープやラーメンに入れて食べてもいいですね。

材料(4人分)
ワンタンの皮…1袋
えび(ブラックタイガー)…殻つきで200g
長ねぎ(みじん切り)…大さじ3
しょうが(みじん切り)…小さじ1
ごま油…小さじ1
酒…小さじ1
片栗粉…大さじ1
塩・こしょう…各適量
白髪ねぎ…適量
ごま油(高温に熱する)…大さじ2
  1. えびは殻、背ワタを取り、よく洗い、粗く刻む。
  2. ボウルに1、長ねぎ、しょうが、ごま油、酒、片栗粉、塩、こしょうをしてよく揉む。
  3. ワンタンの皮を広げ、2を真ん中に大さじ1弱をのせ半分に折る。
  4. 熱湯で3を茹で、ざるにあげる。
  5. 器に盛り、白髪ねぎを盛り、熱したごま油を回しかける。
(調理時間:約30分 カロリー1人分:212kcal)

砂肝と長ねぎの酢じょうゆ漬け

酒の肴においしい一品。高たんぱく低カロリーだから女性にはおすすめです。
さっと漬けてあっさり味、1日以上しっかり漬けて濃いめに、などお好みで。

材料(4人分)
作り方
砂肝…200g
長ねぎ…1本
酢じょうゆ
 酢…大さじ5
 しょうゆ…大さじ2〜3
赤唐辛子…1本
  1. 砂肝は筋を取り、3等分くらいに切り、酒、塩(ともに分量外)を入れた熱湯で茹で、ざるにあげておく。
  2. 長ねぎは1cm幅に切る。
  3. 密閉容器に酢じょうゆ、赤唐辛子を入れ、1、2を入れて全体を混ぜる。冷蔵庫で1時間以上冷やしていただく。2〜3日保存可。
(調理時間:約10分 カロリー1人分:63kcal)
********野口真紀(のぐち・まき)プロフィール
簡単でおいしい家庭料理とシンプルでセンスあふれるライフスタイルが人気。一女一男のママ。『おいしい毎日 おしゃれな明日』(KADOKAWA)、『きょうのごはん』(主婦と生活社)ほか著書多数。
▲ページTOPへ