Topics

彩り鮮やか 鶏とパプリカのマリネ弁当

(2017/04/03)

鶏ムネとパプリカのマリネ弁当

鶏ムネとパプリカのマリネ(作り方はページ下)
炒り卵とじゃがいものサラダ
菜飯

 新年度の始まりですね! 毎日のお弁当が始まる方もいらっしゃるのではないでしょうか。これから毎日のお弁当、大変だけれど、何年も続く長丁場です。頑張りすぎず、ほどほどに。

 今回のお弁当は、作りおきもできるマリネです。オリーブオイルとお酢を使った、スタンダードな肉と野菜のマリネは、作っておくと、メインのおかずにもサブのおかずにも大活躍! 

 お弁当も毎日ゼロから作るのは大変。作りおきのおかずをひとつふたつ作り、上手く組み合わせてラクにこなしていきたいですね。

♪パスタやサンドイッチのお弁当にも!

 今回は鶏ムネ肉を大きめのそぎ切りにし、メインのおかずに。一般的にマリネは「酸っぱい」というイメージが強く、子どもやパパにはいまひとつウケが悪いものですが、今回の作り方では肉を焼いたときにお酢を注いで軽く煮詰めるので、酸味がとんで淡白な鶏ムネ肉にコクを加わり食べごたえのある一品に。パスタやサンドイッチのお弁当のおかずにもぴったりです。

 今日はカラフルな2色のパプリカをさっと電子レンジで加熱し、焼いた鶏肉と一緒に漬けこみます。いんげんやブロッコリーを加えても、美味しくきれいにできあがります。

♪お花見お弁当にもおすすめ!

 今日はカブの葉の塩づけを混ぜた菜飯と、つぶしたじゃがいもに炒り卵としらすを加えたシンプルサラダとの組み合わせ。ふわふわした気分の新学期にぴったりの色合いに仕上がりました。全体的に優しい味つけですが、ワインと一緒に食べても美味しいおかずばかり。お花見弁当にもおすすめですよ!

鶏ムネとパプリカのマリネ

材料

パプリカ 赤・黄 各1/2個
 塩 小さじ1/4
 オリーブオイル 小さじ1
鶏ムネ肉 1枚(250g)
 塩 小さじ1/3
 こしょう 少々
 薄力粉 大さじ1
エクストラバージンオリーブオイル 大さじ2
酢 大さじ1
塩、こしょう 適量
パセリ 適量

作り方
  1. パプリカは食べやすい大きさに乱切りにし、耐熱容器に入れて塩とオリーブオイルをかけ、ラップをして電子レンジで3分加熱する。
  2. 鶏肉はそぎ切りにしてビニール袋に入れ、塩こしょうをもみこむ。薄力粉ももみこむ。
  3. フライパンにオリーブオイルの1/2量を入れて中火にかけ、香りがたったら2を入れて両面を焼く。酢を入れて半量になるまで煮詰める。
  4. 1に3を汁ごと加え、残りのオリーブオイルを回しかける。刻みパセリをかける。

毎日のごはんづくりに役立つ一冊です。

『忙しいママでもできる 毎日の時短ごはん』
(辰巳出版)

炒めもの、煮もの、揚げもの・・・と種類別に、時短の基本方法をステップ写真つきで紹介した、役立つ一冊です。「ひとつのパターンがわかったら、材料や味を変えて別の料理に挑戦! というように、毎回レシピを開かなくても作れる、一生の財産になる料理の基本になるとよいな、と東京世田谷区のママさん編集チーム「まちとこ出版社」さんと一緒に作りあげました」(田内さん)。お料理が苦手な方、レシピ本を見ないで作れるようになりたい、という方にオススメです!
********田内しょうこ(たうち・しょうこ)プロフィール

料理研究家/ライター。出版社勤務の編集者生活を経てフリーランスに。編集者時代の子育てから生まれた『働くおうちの親子ごはん』(英治出版)はロングセラー。市販品に頼らず添加物を極力取り込まない、子育て健康ごはんを提案しています。一女一男のママ。

▲ページTOPへ
ecomom期間限定サービス

2017年冬号読者アンケート

みなさんのご意見を編集部にお聞かせください。
抽選でステキなプレゼントも当たります。
(締め切り 1月26日(金) 23:59)

アンケート&プレゼント

資料カタログサービス &
SDGs・社会貢献についてのアンケート

エコマム冬号で紹介した広告について
資料・カタログを請求くださった方にプレゼントをご用意しています。
SDGsや社会貢献についてのアンケートにもご協力ください。
(締め切り 2月9日(金) 23:59)

ご応募はこちら
いただきますの日
ecomomは 11月11日「いただきますの日」を応援しています

Close Up