クローズアップ

【イベント情報】

「D3 WEEK 2016」 ホンハイからデザインシンキングの神髄まで

~本誌主催「D3 WEEK 2016」7月28日はデザインDAY!~

2016年7月13日(水)

[画像クリックで拡大表示]

 本誌日経デザインは、日経デジタルマーケティング、日経ビッグデータとともに、新たな顧客体験やビジネスモデルを描く新イベント「D3 WEEK 2016」を7月25日~29日にかけて行います。

 「デジタル、データ、デザイン」の融合が可能にする新たなビジネスチャンス、イノベーションとは何かを皆様に実感いただくために、おおよそ100もの先進事例講演やキーパーソンによるパネルディスカッションなどを実施します。7月28日(木)は、デザインDAYとして、デザインにまつわるセミナーを多数開催いたします。

 多くのセッションの中から「日経デザイン」読者の方へお薦めの講演、パネルディスカッションをご紹介します。お申し込みは今すぐ、こちら。

D3 WEEK 2016 デジタル×データ×デザイン──未来はここから始まる http://expo.nikkeibp.co.jp/d3/#0728

●28日 9:30~10:15(キーノートスピーチ) 「台湾・鴻海が放つIoT家電の全貌」

シャープを買収したことで知られる台湾の鴻海精密工業。2015年に同社と、台湾のトップデザイン事務所GIXIA GROUPとが共同出資で立ち上げたIoT家電メーカー、SquareXが2017年に市場に参入します。家電のあり方を大きく変えるコンセプトにデザイン。鴻海が放つオリジナル家電の全貌を、SquareXのチェアマンである謝氏自らが詳細に解説します。

●28日 13:00~13:45 「『発』するヤマハをデザインする」

2012年デザイン本部を設立して以来、急速にブランド力を高め、同時に業績を高めているヤマハ発動機。その成功の秘訣は、デザインの力が製品力強化のみならず、企業活動のさまざまな部分に及んだことにあります。企業全体を活性化するためのデザインとはどのようなものなのでしょうか? そんな同社の、独自のデザイン活動を紹介し、企業経営における新しいデザイン活用法を明かします。

●28日 13:00~13:45 「博報堂がIDEOに出資した理由とこれから(仮)」

博報堂DYホールディングスの戦略事業組織「kyu」が今年2月、米国のデザインファームIDEOに出資し、株式の30%を取得。同社は博報堂DYグループの一員となりました。戦略コンサルティングファームがデザイン会社を買収する動きが強まる中で、広告代理店がデザインファームを傘下に入れる理由とは何でしょうか? 博報堂DYホールディングスの執行役員の赤木直人氏が語ります。

●28日 14:00~14:45 「義手のデザインに学ぶ、スタートアップ企業でのデザイナーの役割」

3Dプリンターで作るオープンソース電動義手「HACKberry」の開発で、ダイソンデザインアワードを受賞したExiiiの共同設立者、CCO(チーフクリエイティブオフィサー)の小西 哲哉氏。アシストロボットやIOT機器など、最先端の機器デザインを数多く手掛ける同氏が、これまでの開発事例を通して、スタートアップ企業におけるデザイン活用の重要性とそのコツを解説します。

●28日 15:00~16:45 「エンジニアが見るミラノサローネ、デザイナーが見るミラノサローネ」

近年、単なるトレードショーではなく、未来のブランドの方向性を指し示したり、企業のあり方を可視化する舞台装置となっているミラノサローネ。BtoBを生業としてきた企業の出展も目立ち、クリエイターとコラボレーションしながら自社の技術力の高さを体験価値として提供しています。コンセプトメイキングからプロダクトデザインまでをトータルに手掛けるエムテドの代田子學氏が経営資源としてのデザインのあり方の一端を、ミラノサローネを通じて紹介。

また、エンジニアというバックグランドでミラノサローネに出展した慶應義塾大学大学院の白坂成功准教授が、何を考えてミラノサローネという場にでていったのか。ミラノサローネを通じてビジネスの未来に必要な人材である、エンジニアリングとデザインを統合的に扱える人材について紹介します。

●28日 17:00~17:45 「日本の美意識はグローバルビジネスになり得るか?」

SNSや動画サイトの台頭により、良質なコンテンツは国境を越えて瞬く間に世界中へ拡散されるようになった。日本人の持つ美意識を武器に、広告映像からインスタレーション、プロジェクションマッピングなど数々の作品を手がけてきたWOW。映像が伝える力や、どのようにタイムレスな作品を生み出し、最新のテクノロジーを取り入れているのか。そして、それらがどのように国内外のオーディエンスに受け入れられているのかなど、映像を使いプレゼンテーションを行います。

●28日 12:00-17:30 「NOSIGNER太刀川 瑛弼による「デザイン思考術」実践ワークショップ」(エキスパートコース)

トップデザイナーで東京都が配布した防災冊子「東京防災」を電通と共同で手がけ、今年のミラノサローネではAGC旭硝子が主催するインスタレーションの空間デザインを行なうなど、グローバルに活躍するNOSIGNERの太刀川瑛弼氏を迎え、ワークショップを交えた特別講座を開催します。

NOSIGNERは「ソーシャルイノベーションデザイン(社会や未来により良い変化をもたらすためのデザイン)」を理念とし、デザイン領域にとらわれず、ビジネスモデルの構築やブランディングを含めた総合的なデザインを手がけています。 また、経済活動としてのデザインのみならず、地場産業、教育、文化交流などの分野で社会に意義のあるイノベーションを 生み出しています。

本講座では、そんな太刀川氏のデザイン思考術を完全公開、課題解決のプロセスが丸ごとわかります。先着25名限定の少人数制。直接質問をぶつけ、意見を求めることができる質疑応答の時間もたっぷり設けています。

※エキスパートコースは、専門的な内容を長時間にわたりじっくり学ぶ特別講義です(別料金)。

D3 WEEK 2016 デジタル×データ×デザイン──未来はここから始まる http://expo.nikkeibp.co.jp/d3/#0728