【B14】講演概要

カーシェアリング事業開始から5年で黒字化を達成したパーク24。日本全国約1万4000カ所で駐車場を展開する強みを生かしたビジネスであることはもちろん、種々のデータをリアルタイムに収集できる自社システムを保有していることがその背後にはある。
これら日々収集している膨大なデータの中から、“今”重要なものを選別、KPIとして設定し、週次で管理することでスピード感のある事業展開を推進してきた。週次という短いタームでのKPI管理を可能にしたのは、現場をよく知り、臨機応変に対応できるコールセンターやメンテナンス、営業を行う実働部隊と管理部門との密なコミュニケーションだ。無人で提供するデジタルビジネスだからこそ、サービスの改善には動く“ヒト”が不可欠となる。新たなモビリティサービスとして注目を集めているカーシェアリング事業を黒字化に導いた、デジタルとアナログのベストミックスを紹介する。