【B25】講演概要

セコムは1962年に日本初の警備会社を設立。64年の東京オリンピックの選手村の警備を経て、66年に通信回線を活用したオンライン・セキュリティシステムをわが国で初めて開発。81年のホームセキュリティの開発を経て、80年代に入ると情報通信事業に進出。その後、防災事業、メディカル事業、保険事業、地理情報サービス事業などに事業の領域を広げ、「社会システム産業」の構築を目指しています。現在、セコムグループの基盤にデータセンターを据え、ビッグデータを活用しセコムグループが総力を上げて「セキュリティ」「超高齢社会」「防災」分野の新しいサービスの創出を目指しています。