【D22】講演概要

日本銀行はデフレ脱却を目指して、2013年4月から「異次元緩和」とも称される大規模な金融緩和を続けています。東大渡辺研究室では「東大日次物価指数」を公開し、その効果をモニターしてきました。今回の講演では、異次元緩和が消費者物価にどのような影響を与えてきたかを検証します。また、東大指数の機能を拡張するいくつかの試みを紹介します。