国内最大級のマーケティングカンファレンス、「Digital Marketing Week 2015」7月21日~23日に開催!

デジタルマーケティングカンファレンス 4月21日(火)~22日(水) 会場:東京ミッドタウン・ホール/主催:日経ビッグデータラボ ビッグデータカンファレンス同時開催

What’s DMC4 最新のマーケティング事例、手法を学ぶ2日間

デジタルを活用したマーケティングの最先端を知る“場”となる、第1回「デジタルマーケティングカンファレンス」を4月21日、22日の2日間、東京ミッドタウン・ホールで開催。
オウンドメディア活用を積極的に取り組む全日本空輸、ショッピングセンター事業でのオムニチャネル実現に挑むパルコ、ソーシャル活用で売り上げを伸ばす企業の取り組みなど、様々な企業のデジタルマーケティング最先端をお伝えします。

お申し込みはこちら

新着情報&レポート

会場案内

東京ミッドタウン・ホール

住所:〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-2

Diamond Sponsor Platinum Sponsor Gold Sponsors

プログラム

4月21日(火) オウンドメディア投資
11:10

11:50

進化するANAのデジタルマーケティング。
そこから見えるものは?

ANAでは、趣向を凝らした動画コンテンツの配信や、オウンドメディアをはじめとする多様なデジタルコンテンツの組合せなどデジタル環境の変化に対応したコミュニケーション戦略で、ブランドやプロダクト・サービスの価値訴求を高めています。その具体的な取り組みや効果なども交え、デジタルマーケティング分野における新しい価値創造のヒントをお話しします。

全日本空輸 マーケティング室マーケットコミュニケーション部
部長 / 吉田亮一氏

吉田亮一氏
11:50

12:30

Digital Transformationをどう実現させるか?
国内外最新事例を通してみるデジタルマーケティングのステップ

デジタルドリブンなマーケティングを実施をしていかなければならない。頭ではわかってはいても具体的に手を付けるのも難しいものです。施策から組織のあり方まで最新の国内外の事例をご紹介させていただきながら、何から手を付けていけば良いのか、自社の進むべきデジタルマーケティングの方向性のヒントをお伝えします。

アドビ システムズ グローバル サービス統括本部 コンサルティング サービス本部
DMSコンサルティング部 シニア コンサルタント / 安西敬介氏

安西敬介氏
13:00

13:45

ショッピングセンター事業のオムニチャネルは実現可能か?

現状、ショッピングセンター業態のオムニチャネル実現には、出店テナントが管理する在庫情報や顧客情報の統合など、いくつかの課題が存在します。パルコは、店舗と同様にWeb上にも出店テナントショップの接客が可能な仕組みを整え、独自の視点でオムニチャネルのアプローチを実践しています。講演では店頭発EC「カエルパルコ」やスマホアプリ「POCKET PARCO」などの事例を中心に自社の取り組みをご紹介します。

パルコ  WEBマーケティング部 部長 / 林直孝氏

林直孝氏
14:00

14:45

オウンドメディア化でECサイトはどう変わる?
成果を上げる!強みを生かしたWebづくり

売上に直結するオウンドメディア…ECサイトにおいて、重視することは何か?扱う商品や利用ユーザの多様性から、求められるものも利用シーンも様々です。多くのWebマーケティング・Web情報活用に携わってきた二人が、経験と実例をもとに、ECサイトにおける課題と取り組み、その効果に触れながら、ディスカッション形式で成果達成のポイントをお伝えします。

warmth 代表取締役CEO / オイシックス CMO / 西井敏恭氏
ビジネスサーチテクノロジ 代表取締役社長 / 川邉雄司氏

西井敏恭氏
川邉雄司氏
15:00

15:45

資生堂のDMP活用戦略、
自社データと外部データを掛け合わせて広告配信

資生堂は昨年7月から、DMPの広告配信への活用を加速させています。自社サイトのデータから新規顧客に絞った広告配信では、成約率(CVR)を5倍高める成果につながりました。さらに、より獲得する規模を拡大するために、11月から「Yahoo!DMP」の活用を開始。自社とヤフーのデータを掛け合わせることで、CVRを3倍向上させながら、より多くの顧客獲得を実現しました。講演ではその活用手法をご紹介します。

資生堂 日本事業本部 デジタル事業部 企画室長 / 徳丸健太郎氏

【講演資料】

徳丸健太郎氏
16:00

16:45

トリプルメディアを俯瞰したコンテンツ戦略

「コンテンツへの投資=オウンドメディアの拡充」と考えていないでしょうか。重視すべきは顧客の行動、意識です。各メディアにどのような役割を持たせればいいのか。ワコールがチャレンジ中の事例も交えながら議論します。

〈パネリスト〉
ワコール 総合企画室広報・宣伝部WEB・CRM企画課 / 北見裕介氏

インフォバーン 代表取締役 CEO / 今田素子氏

【講演資料】

〈モデレータ〉
日経BP社 日経デジタルマーケティング編集 / 中村勇介

北見裕介氏
今田素子氏
中村勇介
17:50

18:50
レセプションパーティー
4月22日(水) オウンドメディア投資 / ソーシャル新機軸
11:10

11:50

Twitter担当者を社長賞に選出した理由

キングジムでは2014年の社長賞に、Twitterの担当者を選出しました。元々、Twitterの活用を命じたのは社長である私です。当時、Twitterにどのような可能性を感じたのか。そして、社長賞に選ぶ上で、何を評価基準にしたのか。メーカーとステークホルダーを直接つなぐソーシャルメディアの重要性をどう見ているのかをご紹介します。

キングジム 代表取締役社長 / 宮本彰氏

宮本彰氏
11:50

12:30

デジタルマーケティングはここまで来た!
価値観マーケティングの最前線

お客様は、企業からの一方的なコミュニケーションを避けるばかりか、配信する企業を嫌うまでになっています。今、企業に求められるものは「顧客との幸せな関係の総量を増やす」コミュニケーションです。シナジーマーケティングの提供する最新のCRM技術は、顧客の意思決定ポイントの容易な抽出を可能にしました。それをもとに顧客の嗜好の本質を価値観から理解しコミュニケーションを最適化する「価値観マーケティング」の最新事例をご紹介します。

シナジーマーケティング iNSIGHTBOX事業推進室 室長 / 後迫彰氏

後迫彰氏
13:00

13:45

朝のニュース番組のように展開するソーシャルメディア

マスメディアであっても、オウンドメディアでも、ソーシャルメディアであっても、「メディア」である限り、その本質は変わらないのではないでしょうか。スターバックスのSNSは、「メディア」として、視聴者数の拡大に努め、特長のある“番組“作りに努め、視聴者の気持ちに寄り添うことに努めてきました。結果としてたどり着いた“朝のニュース番組のように展開するソーシャルメディア”。その根底にある考え方と、差別化のプロセスをご紹介します。

スターバックス コーヒー ジャパン マーケティング・カテゴリー本部
WEB/CRMグループ マネージャー / 長見明氏

長見明氏
14:00

14:45

熱量の高いファンを活性化する『アンバサダープログラム』

従来の広告手法だけではブランドの“本当の価値や魅力”を正しく伝えることが困難になってきました。一方、個人の情報発信力は益々高まりをみせ、評判形成にはファンの活性化が必須となっています。ブランドについて自発的にクチコミや推奨をする情報発信者を「アンバサダー」と定義し、取り組みを通じてリアル/デジタル両面の貢献価値を事例やデータと共にご紹介します。

アジャイルメディア・ネットワーク 代表取締役社長CEO / 上田怜史氏

【講演資料】

上田怜史氏
15:00

15:45

LINE×Twitterで集客する
ファミリーマートのソーシャルメディア活用

ファミリーマートでは、新商品やプレゼントキャンペーンの告知、割引クーポンの配信などにソーシャルメディアを積極活用しています。中でも現在友だち数870万人超でリーチ力に優れるLINEと、拡散力が魅力のTwitterのダブル活用で来店・購入につなげています。昨年度に実施したキャンペーン、プロモーション事例を中心にその活用法をご紹介します。

ファミリーマート 商品本部 商品・マーケティング部 販売促進グループ
マネジャー / 近藤大輔氏

長見明氏
16:00

16:45

マスマーケティングの一環として
デジタル戦略を持つことの重要性

アドビが行った1000人の消費者に対する調査結果では、マス広告でリーチした消費者のうちに61%はデジタルチャネル接触後、いくつかの理由で検討をやめてしまっていることが浮き彫りになりました。
本講演では、調査結果を基に、行動が複雑化した「現代の消費者」に対して企業はどのようなデジタル戦略をとるべきなのか、その実現にはどういったテクノロジーやシステムが必要となるのかを紹介します。

アドビ システムズ マーケティング本部 デジタル マーケティング
プロダクト マーケティングマネージャー / 国和 徳之氏

国和徳之氏
17:00

17:45

ソーシャル活用売上ランキング2015で見えたこと

第4回を迎えたソーシャル活用売上ランキングは、消費者のソーシャルメディア活用の変化をうまく捉えた企業が上位に躍進しました。ランキングから見えたソーシャルメディア活用のトレンドをご説明します。

日経BP社 日経デジタルマーケティング編集 / 小林直樹

小林直樹

ランキング上位企業のソーシャル活用トレンド

消費者のソーシャルメディアの利用方法が変わっていく中で、企業側もソーシャルメディアへの取り組みの変化も見られます。この1年間のデータ分析結果をもとに上位企業に共通するソーシャルメディアの取り組み方、エンゲージメントを高める投稿テクニックについてお話します。

ユーザーローカル 取締役 COO / 渡邊和行氏

渡邊和行氏

ソーシャルメディアで愛されるブランド、買いたくなるブランド

愛されるブランドと、買いたいブランドは違うのか? ソーシャルメディア利用者へのアンケート結果をもとに、「好感」「興味関心」「消費行動」の3つの軸から、時系列推移や上位ブランド、アカウント接触者の生の声を紹介。消費者の心をつかむポイントに注目します。

日経BPコンサルティング コンサルティング本部 ブランドコミュニケーション部
シニアコンサルタント / 大友直子氏

【講演資料】

大友直子氏
ビッグデータカンファレンス2015 Spring同時開催 詳細はこちら

「デジタルマーケティングカンファレンス」を受講いただいた方は、同時開催の「ビッグデータカンファレンス 2015 Spring」も受講いただけます。
ただし、セッションの予約は申し込みいただいたカンファレンスのみとなりますので、
当日の受講者数によっては立ち見や満席の場合がございますのでご了承ください。

お申し込み

2日券 日経デジタルマーケティング読者受講券 無料
2日券 ※「日経デジタルマーケティング」の1年購読付 一般受講券 43,200円(税込)
1日券 4月21日(火) ※「日経デジタルマーケティング」の半年購読付 一般受講券 30,000円(税込)
1日券 4月22日(水) ※「日経デジタルマーケティング」の半年購読付 一般受講券 30,000円(税込)
受講申込は終了しました

※講演内容、講師、講演時間などが予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。
 講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により中止する場合があります。
 中止の場合、未受講の講座の受講料は返金いたします。