• 日経BigData

  • 電話番号
  • 年間購読のお申し込み

「日経ビッグデータ」3つのサービス

月刊誌、Web、セミナーでビッグデータの最新活用事例を紹介

  • 月刊誌
  • Web
  • セミナー
矢印
月刊誌

毎月10日にお届けする月刊誌
本誌ならではの企業事例
データ分析講座が充実

社内、部署で回覧し情報を共有

日経ビッグデータ

最新号の目次

■特集 深層学習の雄、PFNの研究サンプルサンプル

深層学習の雄、PFNの研究 営業、意思決定は効率を重視、人材採用は手間を惜しまず

■ケーススタディ
  • 乳用牛の動きをIoTで可視化するサービス デザミスが月額500円で数万頭に導入へ
  • 東急建設が現場車両のIoT化で効率化 ダンプカーの到着時刻を把握して滞留を回避
  • イオンFSなどがAPI開放想定のハッカソン 最優秀賞のチャットボット家計簿など開発支援
  • 社員3000人と画像6万枚が深層学習の教師役 似合うメガネを提案する 「JINS BRAIN」
  • マンションの参考価格の推定精度向上へ 最適な 「データの母集団」 を探るネクスト
■ソリューション動向
  • 視線追跡と簡易脳波計の分析を海外展開 トッパン ・ フォームズがカードパンフを検証
■データが創る未来

米ロス市、オープンデータ活用新サービスが続々

■着眼点サンプルサンプル
  • AIを活用した教育で胆力は磨けるか 目標は 「効率向上」 から 「教育の本質」 へ
  • 北極海の情報を得る小型衛星に再度挑戦 新たな発想のため、データは無償で公開する
■達人に学ぶ課題解決
  • 深層学習のデータと知的財産の所有権問題(2) 専門性が高い教師データは知的財産に
  • ユーザー起点のIoT構築術(4) ユーザーの常識で 「なくてはならない」 を作る
■ワールドレポート
  • 大きく外した米大統領選の予測 「仮説」 は 「思い込み」 ではなかったのか
■キーワード解説
  • LPWAネットワーク
■編集部よりサンプルサンプル
  • 「BigData Conference OSAKA 2016」 を12月15日に開催 大阪でデジタル変革の2017年を展望する
■今月のビジュアライゼーション
  • 米大統領選データ速報は最先端表現の実験場 各社ともデータAPIの活用でリアルタイム化
Web

毎日更新の読者限定サイト

業界のニュースや企業事例などの最新情報の閲覧、
データ活用事例の「業種」「業務」「効果」
「データ種類」による検索が可能な読者限定サイト

Webサイト
セミナー 読者無料

今注目のテーマ、キーパーソンに
焦点を当てた読者セミナーを
年4回開催

読者無料

セミナーでは業界最先端の企業のトップ、
各分野の専門家、実務担当者などが登壇します

セミナーの様子

本物の情報を求める人が選ぶ、日経ビッグデータ

  • 事例 セミナー 独自性
  • 日経ビッグデータ
  • Web
  • ビジネス誌
  • 新聞

こんな方に最適 様々な業種、立場の方にご購読いただいています

  • 新規事業開発部門の方

    新規事業開発部門の方

    イノベーションを生み出すために、他業界や人工知能やIoT分野で技術力を持つスタートアップ企業や大学などとの連携が求められています。独自視点で本物を見極めます。

  • 経営者、経営企画・経営戦略部門の方

    経営者、経営企画・経営戦略部門の方

    成長戦略を練る上で、人工知能やIoTを事業計画に取り込むことは欠かせません。最適な組織作りをするために様々な業界の機構改革が参考になります。

  • 情報システム部門の方

    情報システム部門の方

    全産業で情報システム構築・改善のスピードや巧拙が事業拡大のカギを握るようになりました。経営層や現場部門のニーズをお伝えします。

  • 商品開発部門の方

    商品開発部門の方

    顧客の本音を探るため、ID-POSから脳波センサーまで様々なデータの活用によってヒット確度を向上させようという取り組みが出てきました。ヒット商品にその手法を学びます。

  • マーケティング部門、販促部門の方

    マーケティング部門、販促部門の方

    社内のデータ活用だけではなく、社外データも活用して購買の予兆をいち早くつかむ──、本誌はそんな先進的な取り組み事例を追求します。

  • 保守・オペレーション部門の方

    保守・オペレーション部門の方

    製造業やインフラ企業では、IoTを活用して故障前に修理をする予知保全へ急激にシフトしています。現場に受け入れられるような先進企業の工夫を紹介します。

取り組まないと負ける時代へビッグデータがあらゆる業界の
変革に迫る原動力に!

ビッグデータ
  • AI
  • IoT
  • FinTech
  • 自動運転
  • AR・VR
  • 機械学習

料金プラン 「日経ビッグデータ」購読料金について

2つのお支払い方法

  • らくらく購読コース
  • 通常購読コース
  • インターネットでのお申し込み
  • お電話でのお申し込み

すべての産業に破壊的インパクトをもたらすビッグデータ
国内唯一の専門誌 編集長のメッセージ

企業の枠を超えたデータ連携と分析が新たな価値を生む「インダストリー4.0」や「インダストリアル・インターネット」など製造業の世界的な変革、ネット通販専業の対抗へと流通大手が対応を急ぐ「オムニチャネル」、低コストな決済や融資を実現する「FinTech」の勃興、自動車業界のみならず保険や運輸業界にも大きな影響を及ぼすクルマの「自動運転」の技術競争、UberやAirbnbなど既存業界に変革を迫る「シェアリングエコノミー」の破壊的インパクト──。

IoT(Internet of Things)やスマートフォン、ポイントカードなどから生まれるビッグデータが、急速に進化する人工知能(AI)など高度な分析技術を通じて新たな価値を生み、あらゆる業界に変革を迫る原動力となっています。

■自社の成長戦略を担う皆さまへ

「日経ビッグデータ」は、国内外の成功事例や失敗事例、示唆に富むケーススタディ、胎動を始めたデータ産業の動向、第一線の経営者やデータサイエンティストの着眼点に学ぶインタビュー、データ分析人材の育成を支援する連載講座、先進企業の取り組みを掘り下げて業界動向に鋭く切り込む特集など、ビッグデータ活用に自社の成長戦略の立案、実行を担う皆様を支援する情報をお届けします。

日経ビッグデータ 編集長 杉本昭彦

日経ビッグデータ 編集長 杉本昭彦

よくあるご質問 Q&A

日経ビッグデータについて

日経ビッグデータはほかの雑誌やサイトと何が違うの?

日本唯一のビッグデータ専門誌としてどこよりも深い情報をお届けします。
ビッグデータ関連のニュースを発信しているメディアとしては、日経新聞やITpro、日経コンピュータなどがありますが、日経ビッグデータは専門媒体として本分野に特化した独自取材に基づいて情報を発信します。企業のビジネス活用でビッグデータの情報を必要としている新規事業開発、経営企画、ITプロフェッショナルなどの方々に読んでいただきたい雑誌です。

購読したいのだけど、上司を説得する材料が欲しい!

申請等にご利用頂ける資料をご用意しました!日経ビッグデータのパンフレットはこちら

ご注文について

「日経ビッグデータ」は書店で販売されていますか?
また1号ずつ購入したい場合はどうすればいいでしょうか?

「日経ビッグデータ」はお客様のお手元まで直送する定期購読制となっており、一般の書店では販売しておりません。1冊ずつの購入やバックナンバーをご希望される場合は日経BP書店にてお求めください。

領収書や会社あての請求書を発行していただけますか?

領収書、請求書の発行を希望される方は、下記の発行フォームでご請求ください。領収書は、ご入金が確認され次第発行いたします。なお、払込用紙をご利用の場合、弊社で入金を確認できるまで2~3週間かかる場合がございますので、あらかじめご了承ください。また、クレジットカードをご利用の場合は、購読・購入申し込みいただいた翌月の入金確認となります。また、継続購読の場合は新購読期間の開始月の翌月の入金確認となります。あらかじめご了承ください。
領収証発行フォーム
請求書発行フォーム

月刊誌について

「日経ビッグデータ」は毎月いつごろ届きますか?

地域によってお届け日が異なる場合がありますが、毎月10日ごろまでにお手元へお届けします。

月刊誌のご購読開始号について

定期購読をお申し込みいただいた時点での最新発送号からお届けします。異なる開始号をご希望の場合は、読者サービスセンターまでお問い合わせください。
お手元にDM・E-mail等で購読のご案内をお持ちの方は、そちらに記載されております開始号でお申し込みいただけます。

「読者番号」とは何ですか?

読者番号は、「日経ビッグデータ」の送本封筒の宛名ラベルや購読礼状、購読料の払い込み用紙などに印刷されている、「907」から始まる10ケタの数字です。セミナーや別冊書籍など、読者割引が設定されているものを購入する際に必要となります。不明な場合は、日経BP 読者サービスセンター 03(5696)1111[平日9:00-17:00] までお問い合わせください。
⇒インターネットでのお問い合わせはこちら

送付先の住所、部署名、担当者名を変更したいのですが

送付先の住所変更、名義変更、担当者名の変更などはこちらより変更いただけます。

読者限定サイトについて

読者限定サイトはいつから閲覧できるようになるでしょうか?

定期購読お申し込み時に、Eメールアドレスをご登録(ご記入)いただいた方は、弊社でご登録の手続きを行っております。弊社にお申込み情報が届いて、数日で、ご登録完了となり、ご登録いただいたEメールアドレス宛に「読者限定サイト」のサービス開始のご案内をさせていただきます。

「日経ID」とは何ですか?

日経IDとは日経BP社の会員認証の仕組みです。
1つのユーザーIDとパスワードによって、日経BP社が提供する様々なインターネットを利用したサービスにログインいただけます。
日経ビッグデータではこの日経IDを「読者限定サイトへのログイン」と「読者無料(割引)セミナーの受講申し込み」で使用しています。
日経IDの設定内容の確認、変更などについてはこちらからどうぞ

読者限定サイトの登録内容の会員登録や変更はどうすればいいでしょうか?

「読者限定サイト」会員登録、確認・変更、退会はこちらからどうぞ。

「読者限定メール」「日経ビッグデータ・ラボメール」とは何ですか?

どちらも日経ビッグデータが発行しているメールマガジンです。
「読者限定メール」は毎週水曜日に定期購読者の方のみへ読者限定サイトの最新記事の内容を中心に配信しております。「日経ビッグデータ・ラボメール」は不定期に定期購読者の方、過去に定期購読者だった方と、購読とは別に「日経ビッグデータ・ラボメール」の配信を希望された方へ、1カ月の更新記事やビッグデータに関連するニュース・トピックスを中心に配信しています。

読者無料セミナーについて

いつ、どこで開催されますか?

読者無料セミナーは年4 回開催されますが、開催日時、場所は詳細が決まったタイミングでご案内します。開催の詳細は月刊誌、読者限定サイト、読者限定メール、日経ビッグデータラボメールなどでご案内いたします。

セミナーのテーマはどのようなものですか?

読者無料セミナーは、開催時にニュース、話題となっている旬な内容をテーマとします。開催日時同様、確定したタイミングでご案内いたします。

セミナーの受講申し込みはどうすればいいですか?

開催のご案内をお送りする際にお伝えする読者無料セミナーのサイトよりお申し込みください。その際「日経ID」のログインが必要になりますのでご注意ください。

代理出席は可能ですか?

可能です。セミナー当日、会場受付にてその旨をお伝えください。その際、名刺が必要な場合もございます。

複数人で受講することは可能ですか?

読者無料セミナーの受講は定期購読1名に対して1名のみが受講可能となります。複数名で受講される場合は、人数分の定期購読をお願いいたします。

その他のお問い合わせはこちらお問い合わせ

年間購読のお申し込み