• BUSINESS

    02.16.2017

    広島・あなたの酒場の定番は、「がんす」でがんす

    地方を呑み歩いていると、時として素敵な「あなたの酒場」と巡り合う。広島の立ち飲み風居酒屋「ドラ☆キチ」は、「がんす」という地元名物と、キャラクターの「がんす娘。」を最大限に活用。さらにはジモティーと観光客を巻き込む策で店を盛り上げている。

    READ MORE »

    01

    NEW

  • BUSINESS

    02.09.2017

    第9話 一番うまかった酒

    「若い人たちがわからない」若手とのコミュニケーションに悩む大人世代は数多い。名スピーチライター・ひきたよしあきさんが贈る、コミュニケーションのヒントたち。今回は、思い出とともに振り返る、おいしいお酒の条件について。(カンパネラ編集部)

    READ MORE »

    01
  • BUSINESS

    02.09.2017

    意識高い系のあなた、酒場に嫌われないよう要注意!

    老いも若きも、男も女も楽しめる酒場を「あなたの酒場」と呼ぶ本コラム。最近問題視されているのが「意識高い系」の客。意識が高いがゆえに、ゆっくり飲みたい周りの客に迷惑をかけまくる。同じ酒を飲むのであれば、収入も地位もスキルも関係なし。酒場はみんなのものなのだ。

    READ MORE »

    01
  • BUSINESS

    02.02.2017

    地域おこしに「知の創生」 八戸ブックセンターの挑戦

    摩擦を起こさないように、ただ無難に生きている。そんな人生、面白いですか? もっと枠を外れた生き方をしたいビジネスパーソンに贈るこのコラム。今回は、青森は八戸にできた新しい知の拠点、「八戸ブックセンター」が人を集めたマジックについて。

    READ MORE »

    01
  • BUSINESS

    02.02.2017

    よみがえれ「限界酒場」 復活のカギは若手と都会の客

    常連客の高齢化によって存続が危ぶまれている酒場がある。限界集落ならぬ「限界酒場」はどうすれば次の10年存続できるか。ヒントは顧客層の若返りを促す工夫と、大都市圏の客を呼び込む策にあった。

    READ MORE »

    01

COLUMN LIST

コラム一覧

なぜあなたの酒場には客が来ないのか?

若い世代の酒離れが語られるようになって久しい。高齢者が支える古典的な酒場がメディアで聖地化される一方、20代・30代でにぎわう新しい酒場が増えている。大阪の人気店「けむパー」に、若い世代の酒場カルチャーを盛り上げるヒントを見た。

話せばわかるものなのか。

「若い人たちがわからない」。若手とのコミュニケーションに悩むオジサン・オネエサンは数多い。名スピーチライターとして「心に響くことば」を生み出してきたひきたよしあきさんが大人世代に贈る、コミュニケーションのヒントたち。

ロジックよりマジック

摩擦を起こさないように、ただ無難に生きている。そんな人生、面白いですか? ビジネスパーソンに、もっと枠を外れた生き方をしてほしいという思いをこめて、このコラムを始めます。今回は、実はかなりファンキーだった昔の日本人の姿を追っていきます。

オジサンだけが知らない?主婦のブーム

今回から始まるこの連載。テーマは「じつはオジサンだけが知らない!?主婦たちのブーム」であります。かくいう僕もオジサンなわけですが、不肖こばへん、2000年以降、生活情報を中心とした女性向けのさまざまな雑誌、書籍の編集に携わってきました。現在も料理、インテリア、ダイエットなどを中心に主婦のみなさんをターゲットにした本をリリースし続けています。
そこで、そんな編集の現場から拾った、知っていそうでまだまだ知らない主婦のトレンドについて綴っていきたいと思います。

日本カワイイ総研。

地方創成を応援するFMラジオ番組「日本カワイイ計画。」のパーソナリティ・篠原ともえさんと、新連載「日本カワイイ総研。」をスタートする。今回は日本各地の良いものをさらに花開かせる「カワイイ・マーケティング」の可能性に迫る。

職場人間学シーズン2~書籍では読めない職場の法則

職場の悩みは酒場で解決できる。今宵も様々な職場から、仕事を終えたビジネスパーソンたちが集まってくる。悩む新米リーダーの32歳男性係長に、ベンチャー企業の社長は「決断」と「決定」の違いを説く。彼が語るリーダーの素質とは……?

トライセクター・リーダーの時代:現代の「宮澤賢治」ストーリー

今、政治行政、企業、非営利という複数の領域にまたがって活躍する「トライセクター・リーダー」が、続々と登場している。今回紹介するのはNPO法人クロスフィールズ代表理事の小沼大地氏。NPO立ち上げの経緯や「新興国『留職』プログラム」展開の狙いについて聞いた。

イングレスで町おこし

スマートフォンを利用した拡張現実ゲーム「イングレス」を使った、地方の史跡巡りが注目を浴びている。江戸時代の人々が歩いた叙情あふれる街道を、現代のスマホユーザーたちがたどる旅。2回にわたりレポートする。

BUSINESS ARTICLES

ビジネスの記事一覧

02.16.2017

広島・あなたの酒場の定番は、「がんす」でがんす

広島・あなたの酒場の定番は、「がんす」でがんす

地方を呑み歩いていると、時として素敵な「あなたの酒場」と巡り合う。広島の立ち飲み風居酒屋「ドラ☆キチ」は、「がんす」という地元名物と、キャラクターの「がんす娘。」を最大限に活用。さらにはジモティーと観光客を巻き込む策で店を盛り上げている。

READ MORE »

02.09.2017

第9話 一番うまかった酒

第9話 一番うまかった酒

「若い人たちがわからない」若手とのコミュニケーションに悩む大人世代は数多い。名スピーチライター・ひきたよしあきさんが贈る、コミュニケーションのヒントたち。今回は、思い出とともに振り返る、おいしいお酒の条件について。(カンパネラ編集部)

READ MORE »

意識高い系のあなた、酒場に嫌われないよう要注意!

意識高い系のあなた、酒場に嫌われないよう要注意!

老いも若きも、男も女も楽しめる酒場を「あなたの酒場」と呼ぶ本コラム。最近問題視されているのが「意識高い系」の客。意識が高いがゆえに、ゆっくり飲みたい周りの客に迷惑をかけまくる。同じ酒を飲むのであれば、収入も地位もスキルも関係なし。酒場はみんなのものなのだ。

READ MORE »

02.02.2017

地域おこしに「知の創生」 八戸ブックセンターの挑戦

地域おこしに「知の創生」 八戸ブックセンターの挑戦

摩擦を起こさないように、ただ無難に生きている。そんな人生、面白いですか? もっと枠を外れた生き方をしたいビジネスパーソンに贈るこのコラム。今回は、青森は八戸にできた新しい知の拠点、「八戸ブックセンター」が人を集めたマジックについて。

READ MORE »

よみがえれ「限界酒場」 復活のカギは若手と都会の客

よみがえれ「限界酒場」 復活のカギは若手と都会の客

常連客の高齢化によって存続が危ぶまれている酒場がある。限界集落ならぬ「限界酒場」はどうすれば次の10年存続できるか。ヒントは顧客層の若返りを促す工夫と、大都市圏の客を呼び込む策にあった。

READ MORE »

01.26.2017

50代キャリアウーマンは、未来を「お店の女将」に見いだした

50代キャリアウーマンは、未来を「お店の女将」に見いだした

単なるキャリアアップや年金生活には、明るい未来が見いだせない。そんな時代に、未来の活路を「酒場」に見いだした50代の女性がいる。宣伝・広報・PRのキャリアを積んだ後に、一転してアットホームなお店の女将に。お店の立ち上げ話を聞いた。

READ MORE »

大人のおつまみもオーケー ホットケーキミックスがブームの予感

大人のおつまみもオーケー ホットケーキミックスがブームの予感

「HM」という略称で話題のホットケーキミックス。いまホットケーキミックスを使ったスイーツ作りが注目を集めています。SNSでも人気、HMがヒットしている理由と、大人向けおつまみレシピをご紹介します!

READ MORE »

第8話 教えた人に教えられる

第8話 教えた人に教えられる

「若い人たちがわからない」若手とのコミュニケーションに悩む大人世代は数多い。名スピーチライター・ひきたよしあきさんが贈る、コミュニケーションのヒントたち。今回は、大人世代ならでは楽しみである「若手に教える」の喜びについて。(カンパネラ編集部)

READ MORE »

01.12.2017

第7話 そば湯とお銚子一本

第7話 そば湯とお銚子一本

「若い人たちがわからない」若手とのコミュニケーションに悩む大人世代は数多い。名スピーチライター・ひきたよしあきさんが贈る、コミュニケーションのヒントたち。今回は、人生の節目で変わりゆく、お酒の味について。(カンパネラ編集部)

READ MORE »

不思議と男女の出会いをつくる酒場、その秘密に迫る

不思議と男女の出会いをつくる酒場、その秘密に迫る

若い人や女性が集まる素敵な「あなたの酒場」。素敵な酒場では男女の出会いがあり、そして結婚にも至ることがある。不思議と出会いが起きる酒場を題材に、温かく心地良い酒場づくりのポイントを見る。今回紹介するのは大阪のお店「べろべろばあ」である。

READ MORE »

CAMPANELLAの最新記事を
SNSでお届けします

TOPICS

あなたにおすすめの記事

  • 【カンパネラまとめ】「一生もんの仕事」 酒場の女将にジョブチェンジ

    02.16.2017

    【カンパネラまとめ】「一生もんの仕事」 酒場の女将にジョブチェンジ

    『カンパネラ』に2017年1月に掲載された記事と、その読みどころをご紹介します。(カンパネラ編集部)

    READ MORE »

  • ゲス不倫時代における「カラ嫉妬」の壊滅的インパクト

    02.16.2017

    ゲス不倫時代における「カラ嫉妬」の壊滅的インパクト

    不倫にはいつの時代も被害者がいる。が、同情したいのは「なんもしてないのに、ただ疑われる層」。みんなしてるからあなたもしてる/するでしょ許せないわムキー!理論を持つパートナーにより、このサイレントマジョリティが生み出されている。嫉妬心のムダづかい、「カラ嫉妬」について考えてみた。

    READ MORE »

  • 手軽にリッチな気分に! お菓子とワインのマリアージュ

    10.15.2015

    手軽にリッチな気分に! お菓子とワインのマリアージュ

    「紅茶やコーヒーと合わせるのが定番」と思っていたお菓子が、実はワインとも相性がいいって知っていましたか? このマリアージュ、どうもブームにもなりつつあるようなのです。そこで今回は、プランタン銀座 フーズ営業部 スーパーバイザーの加園幸男さんと、ワインショップ・エノテカ プランタン銀座店 店長の佐野舞さんに取材。人気のスイーツとお手ごろ価格の家飲みワインの新たなマリアージュを紹介してもらいます。これからはハロウィーン、クリスマスと続く時期。取材スタッフも驚いた、手軽にリッチな気分が味わえる“目からウロコ”の好相性をぜひ、お試しあれ!

    READ MORE »

  • ジャケ買い推進派! 瀬川あずささんのおすすめワイン10選

    07.23.2015

    ジャケ買い推進派! 瀬川あずささんのおすすめワイン10選

    ワインは好きだけれど、自分で選ぶのはちょっと難しそう……。そんな方には「気に入ったエチケット(ラベル)で選ぶ」ジャケ買いがおすすめだ。今回は、家飲みが楽しくなるすてきなエチケットやボトルデザインのワインを、ワインエキスパートの瀬川あずささんにセレクトしてもらった。

    READ MORE »