新着記事

スペシャルリポート

ecomom2016特別リポート 未来の地球環境のために、自ら考え行動する力を育む 小学5年生の『夏休みチャレンジ』

この夏、川崎市に住む小学5年生21人とその保護者が、身近な環境課題と毎日の自分の暮らしとのつながりを考えることで、「自分のライフスタイル」を見直し、未来の心豊かな暮らしを考えようという、新しい環境教育プログラム『食とくらしがつくる地球の未来 みんなでいっしょに考えよう ~ 夏休みチャレンジ~』(食とくらしのサステナブル・ライフスタイル研究会、川崎市主催)を体験しています。

このプログラムでは、工場見学や実験・料理教室などといった“体験”と、参加した子どもたちと保護者、企業の社員や川崎市の職員がみんなでいっしょに考える“グループワーク”、そして学んだことを家族と実際に取り組んでみる“実行”からなっています。

その第1回が、7月23日に「かわさきエコ暮らし未来館」で実施されました。4回にわたって実施されるプログラムを通して、参加した子どもたちがどう変わっていくのか、追いかけていきます。(取材・文=松田慶子、写真=北山宏一)

Topics

ecomom お申し込み受付中
その他お問い合わせはコチラ 登録内容変更はコチラ 無料読者登録はコチラ

2016年夏号ができました。

 読者アンケートへのご協力をお願いします。
 抽選でステキなプレゼントも当たります。
 (締め切りは2016年8月10日)

アンケート&プレゼント
ecomomマーケット
いただきますの日
ecomomは 11月11日「いただきますの日」を応援しています

Close Up