Topics

スペシャルリポート

朝、材料を入れるだけの「スープジャーレシピ」弁当

スープジャーに材料を入れるだけで、そのまま調理もしてくれてお昼にはランチができあがり! 巷で大評判のお手軽レシピをももせいづみさんの『スープジャーレシピ』(辰巳出版)からご紹介します。
撮影:斉藤純平(レシピ)、坂本尚之(イベント)
スープジャーレシピってなに?
A

 スープジャーは、本体に真空の断熱層を作って保温効果をアップした保温容器のこと。あたたかいスープやシチューなどをお弁当として持ち歩けると人気を呼んでいます。

 そのスープジャーを保温容器として使うだけでなく、調理もおまかせしてしまうというのが、スープジャーレシピです。(ももせさん)

『スープジャーレシピ』の出版を記念して、都内で開かれたパーティでは、ももせさんが実際にデモンストレーションで調理をしました。
スープジャーのお弁当が注目されている理由は?
A

 お弁当作りって、毎日のことだし、手間もかかります。
スープジャーの保温調理なら、寝坊した朝、炊いてあるごはんがなくても、お米とお湯があればお昼にはおかゆが食べられます。

 「ひとり分」が無駄なく作れるし、移動時間やほかのことをしている間に煮えるのでガス台の前に立っている時間が節約でき、包丁や鍋も使わないから洗い物が少なくてすみます。

 メニューは、市販のスープや乾物などをプラスすれば、バリエーションがどんどん広がります。ごはんもの、スープランチ、パスタや麺類、デザートもOK。

 忙しい人や普段料理をしない人でも、これならあっという間においしいお弁当が簡単に作れるはず。

 それに、寒い日に「あたたかいもの」、暑い日に「つめたいもの」を食べられるという、スープジャーならではの魅力もポイントです。(ももせさん)

スープジャーで調理をしようと思ったきっかけは?
A

 朝、煮立てておけば、帰宅後できあがっている保温調理鍋の「シャトルシェフ」は忙しいワーキングマザーたちがよく利用している便利アイテムですが、サーモスから発売されたスープジャーを見て、「原理は同じじゃないか?」とひらめいたのがきっかけ。

 最初は中華粥に干しエビなどを入れて作ってみましたが、フリーズドライスープを入れたらもっと簡単になると気づいて…。それからあれこれ試作して、自分のホームページにレシピをアップしました。(ももせさん)

スープジャーの得意なレシピ、苦手なレシピは?
A

 スープジャーは、お湯の温度を下げないレシピが得意。乾物や穀類などはオススメです。これにフリーズドライスープ、粉末のスープを上手に使ってアレンジするのが簡単。

 反対に苦手なのは、急激に熱を加えることでおいしくなるものです。たとえば、強火で煮立ててアルデンテにするパスタなど。カレールーや片栗粉など加熱でとろみが出るレシピ、大きく切った野菜や生肉など火が通りにくいものも不得意です。(ももせさん)

スープジャーレシピを活用するためのアドバイスを
A

 毎日お料理をさくさく作っている人からは、「まな板と包丁を使って鍋で作ったものを入れるほうが全然簡単で、スープジャー調理は逆に手間がかかる」という声もあります。

 ひとり分の保温調理では、やはりいろいろな限界もありますが、逆にその特徴を生かせば、離乳食や介護食が“ついで”に作れたり、ある程度大きい子どもなら自分でランチを作れる、火を使えないホテルやアウトドアでも調理ができるなど、いろいろな可能性があるので、上手に使い分けてもらえれば。

 ひとり暮らしを始めた人、お年寄りのひとり暮らしなどにも便利なので、プレゼント用スープジャーを購入するのもおすすめです。(ももせさん)

スープジャーレシピの基本ルール
  1. 生ものを入れない。入れるときはレンジで加熱するなどしてしっかり加熱を。
  2. 乳製品は基本的にNG。スープに含まれるよく加熱した乳製品やしっかり冷やしたものならほぼ大丈夫。5時間以内に食べきって。
  3. スープジャー本体は電子レンジ禁止。
  4. スープジャー本体を冷蔵庫に入れるときはふたを外して軽くラップを。
  5. ほとんどのスープジャーは本体は食器洗い機NG(ふたはOK)。
>> next スープジャーおすすめレシピ
<<前のページへ 1 2 次のページへ>>
ecomom お申し込み受付中
その他お問い合わせはコチラ 登録内容変更はコチラ 無料読者登録はコチラ

Close Up