成長し続ける企業のための環境・社会・ガバナンスの情報誌 日経ESG

成長し続ける企業のための環境・社会・ガバナンスの情報誌

企業が成長し続けるために「ESG(環境・社会・ガバナンス)」の3つの取り組みが欠かせなくなっています。 成長し続ける企業のための環境・社会・ガバナンスの情報誌 顧客や投資家から評価され、優秀な人材の獲得にも効果を上げるESGの取り組みとはどのようなものか。最新情報をお伝えします。

日経ESG最新号

日経ESG最新号

2018年4月8日(日)発行

※毎月8日発行

  • 定期購読のお申込み
  • 最新号を購入する
  • 日経エコロジー定期購読者限定メールマガジン(日経エコロジー環境法メール)に登録する
  • バックナンバー
  • 日経エコロジーNEWS 無料メルマガ配信中
  • 電子版を購入する

「日経ESG」のコンテンツを
広報誌やパンフレット、Webサイトなどで使いたい!

コンテンツの2次利用についてのお問い合わせはこちらまで

Cover Story

日本的経営は通用しない
ESG投資に選ばれる企業の条件
ESG投資が世界的に拡大している。
しかし、日本企業のESG評価は世界的に低く、
拡大する投資を十分に呼び込めていない。

従業員や地域社会を大切にする「三方良し」の経営を実践してきた
日本企業には本来ESGで強みがあるはずだ。
しかし、世界から見て評価されていないところもある。
例えばコーポレートガバナンスや女性活躍で後れを取る。
問題はそれだけではない。
投資家に伝わる情報開示ができていない。
ESGの取り組みが、将来の競争優位性にどうつながるのか
投資家に示すことが大事だ。
伝統的な三方良しに加え、世界標準のESGも織り込んだ
進化した日本的経営が求められる。
藤田 香、半澤 智/本誌

世界より評価が低いのはなぜか 成長戦略を語れていない
投資家はここに目を光らせる ESG情報開示の落とし穴
投資家も選ばれる時代に 対話のレベル底上げが急務

Cover Story

日本の資源循環が試される
中国、廃棄物輸入規制の衝撃

このページのトップヘ


Interview
取締役会に若者や女性を
ケリー・ワリング氏 国際コーポレートガバナンス・ネットワーク(ICGN)事務局長
Special Report
日経BP ESG経営フォーラム発足記念
シンポジウム開催リポート
ESGで会社を強くする
News
再エネ活用が企業価値に直結 非化石価値取引、今春に始動
神戸製鋼所のガバナンス改革 「外部の目」で再生図る
NTTドコモ、食品ロス削減に商機 スマホで賞味期限切れ防ぐ
アスベスト規制を強化へ 届け出対象の拡大など検討
コーポレートガバナンス・コードの改正案が固まる
ブラックロックに聞く 「結果より思考過程を知りたい」
経営との統合が課題 企業のSDGs、「理解」から「実践」へ
企業のリスク管理意識調査 国内外で人材の確保が急務に
東日本大震災から7年、復興の現場 ビールで被災地に活気を
Learning
学び直し講座「 廃棄物処理法」
第4回 委託契約(1)廃棄物の情報
正しく伝えなければ排出事業者に罰則
新連載学び直し講座 「化学物質管理」
管理の全体像
人が足りない、費用もかかる どこまでやればよい?
新連載学び直し講座「コーポレートガバナンス」
なぜ今ガバナンスなのか
規律付けが競争力を決める
中小企業のための環境マネジメント入門
第47回 EA21とESG
6つの資本で企業価値を高める
新連載待ったなし「持続可能な調達」
5大リスクを回避する
ISO20400登場で手順が明確に
改訂ISO14001に取り組む
第26回 ESG的側面(1)
ISO14001は出発点、ESGがゴールだ
物流危機に克つ!「TOTO流」改革
第9回 拠点再編
顧客視点で保管場所を集約
ヨーロッパESG最前線
第26回 ドイツのディーゼル車規制
大都市乗り入れ禁止は「適法」 メーカーへの圧力強まる
今月のESG政策
改正オゾン層保護法/2018年度の再エネの買取価格
読者から
今月の主要テーマ「化学物質管理」
編集部から
Leaders
未来戦略インタビュー 
石坂産業
代表取締役 
石坂 典子氏
徹底した「見せる化」でESGを推進
伊藤園
常務執行役員 CSR推進部長
笹谷 秀光氏
茶畑から茶殻まで一貫でSDGs対応
住友化学
代表取締役社長 兼 社長執行役員
十倉 雅和氏
社会との約束のもと、ESGに取り組む
ESG経営フォーラムから

このページのトップヘ