新着記事

【10/1-2開催】「地方創生を探る北海道下川町」視察ツアーのお知らせ

日経BP環境経営フォーラム(EMF)と北海道下川町は、10月1日(木)~2日(金)に、「環境未来都市『北海道下川町』ツアー:都市・企業との連携による地方創生を探る」を開催します。

【9/7開催】「これからのエネルギー・温暖化政策を読む」セミナーのお知らせ

日経BP環境経営フォーラムは、9月7日(月)にEMFエネルギー・温暖化政策研究会「これからのエネルギー・温暖化政策を読む」を開催します。

EMFからのお知らせ

【10/1-2開催】「地方創生を探る北海道下川町」視察ツアーのお知らせ

日経BP環境経営フォーラム(EMF)と北海道下川町は、10月1日(木)~2日(金)に、「環境未来都市『北海道下川町』ツアー:都市・企業との連携による地方創生を探る」を開催します。

【9/7開催】「これからのエネルギー・温暖化政策を読む」セミナーのお知らせ

日経BP環境経営フォーラムは、9月7日(月)にEMFエネルギー・温暖化政策研究会「これからのエネルギー・温暖化政策を読む」を開催します。

【8/20開催】「『水の循環』から考える持続可能な日本社会」セミナーのお知らせ

日経BP環境経営フォーラムは、2015年8月20日(木)に、EMF協力シンポジウム「『水の循環』から考える持続可能な日本社会」を開きます。

以前の記事はこちら

EMF事務局からのブログ

【ECO9月号の読みどころ】9月大改訂のISO14001を特集、改訂の7ポイントを明示

日経エコロジー9月号は、9月に20年目の大改訂を迎えるISO14001を特集しています。約200社から回答を得た独自アンケートの分析をもとに、改訂の7つのポイントごとに章立てをした分かりやすい構成になっています。実践的な内容になっていますので、是非、お読みください。

【ECO8月号の読みどころ】「資源循環ビジネス」「環境ブランド調査」2大特集を掲載

日経エコロジー8月号特集「資源循環ビジネスの正念場」はリサイクルを取り上げています。「人口減少や資源枯渇に備えろ」との問題意識で特集が組まれています。第2特集は恒例の「環境ブランド調査」を掲載、社会課題とビジネスをつなぐ企業が順位を上げました。

【ECO7月号の読みどころ】特集「電力自由化の幻想」は独自の視点で読み応えあり

日経エコロジー7月号は、特集で「『電気』はクールに使いこなせ~電力自由化の幻想」を掲載しています。電力自由化に関する記事は、これまで日経エコロジーで何度も取り上げてきましたが、特集での掲載は初めてです。

以前の記事はこちら

インタビュー/はいこちら環境・CSR

伊藤園 常務執行役員CSR推進部長・笹谷 秀光氏「官僚出身の行動派 ISO26000で戦略作る」

農水省の官僚出身、50代半ばでビジネスの世界に飛び込んだ。ISO26000にCSVやESDを重ねた経営戦略を打ち出した。

東京大学名誉教授、FSCジャパン議長・太田 猛彦氏「日本の森林は飽和状態 木は『植える』から『使う』へ」

「飽和」といえるほど日本の森林資源は豊かになっている。木を切り、活用してこそ、日本の自然環境を守ることにつながる。

NEC 品質推進本部長代理兼環境推進部長・堀ノ内 力氏「攻めの環境部へ 事業部との連携強化」

欧州の環境規制に直面し環境部署への異動を志願した。事業部との連携を強めながら攻めの環境部への転換を図る。

以前の記事はこちら

EMFリポート

三菱地所 自然と防災で国際都市競争に勝つ

丸の内や大手町など日本の中枢を担うビジネス街の再開発を加速する。自然との共生や防災機能の強化で、アジアの国際間の都市競争に勝つ。

ヤマハ発動機 途上国で「生涯の顧客」つかむ

途上国の低所得者層向けに、水の浄化ビジネスを加速させている。生活が向上していく中で自社製品を売り込み、成長市場の先取りを狙う。

コマツ 購入電力9割減で地域も活性化

地元の未利用材でエネルギーを作り、購入電力の9割減を達成する。林業や製造業など地元経済の活性化につなげ、企業競争力の維持を目指す。

以前の記事はこちら

環境ブランド調査 2015 環境に関する企業ブランドランキング

環境・CSR報告書大全 2015 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2015活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2015

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」