• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新着記事

日本コカ・コーラ労働安全衛生・環境サステナビリティ部長・柴田 充 氏「環境の仕事は天職 震災で使命を実感」

社会人1年目に過労で倒れ「環境の仕事をしよう」と決めた。東日本大震災後の原発事故で社会的使命の大きさを実感した。

EMFからのお知らせ

【5/18開催】「IoTで『三方よし』~IoTを活用した環境ビジネスの進化」セミナーのお知らせ

日経BP環境経営フォーラムは、2016年5月18日(水)に、日経エコロジーLive!「IoTで『三方よし』~IoTを活用した環境ビジネスの進化」を開催します。

【4/6東京開催】「新ISO14001を経営に生かす」セミナーのお知らせ

日経BP環境経営フォーラムは、2016年4月6日(水)に東京で、環境マネジメント研究会「新ISO14001を経営に生かす」を開催します。

【3/18開催】「持続可能な調達の最新動向―五輪や世界の動きに備える」セミナーのお知らせ

日経BP環境経営フォーラムは、2016年3月18日(金)に、日経エコロジーLive!「持続可能な調達の最新動向―五輪や世界の動きに備える」を開催します。

以前の記事はこちら

EMF事務局からのブログ

【ECO6月号の読みどころ】ダイコー廃棄物横流し事件のその後を追った特集

日経エコロジー6月号は、ここ数年で最大の環境関連の事件となった産廃処理業者ダイコ―による廃棄食品の横流し事件を特集しています。取引があった排出事業者への緊急調査も実施しており、他紙では読めない読み応えのある記事になっています。今回の廃棄物横流し事件から排出事業者はどのような教訓を得るべきかを考えるうえでも役立ちます。

【ECO5月号の読みどころ】IoTと環境ビジネスの多様な可能性を紹介した特集

日経エコロジー5月号は、IoT(モノのインターネット)をテーマにした特集です。省エネや燃費改善、物流の効率化、シェアリングなど、「売り手よし」「買い手よし」「環境よし」の「三方よし」を実現した儲かる環境ビジネスの事例を集めています。IoTを活用したビジネスの広がりが分かるとともに、電気使用量削減のアイデアや新規ビジネスの攻めどころが分かる実用的な特集になっています。

以前の記事はこちら

インタビュー/はいこちら環境・CSR

日本コカ・コーラ労働安全衛生・環境サステナビリティ部長・柴田 充 氏「環境の仕事は天職 震災で使命を実感」

社会人1年目に過労で倒れ「環境の仕事をしよう」と決めた。東日本大震災後の原発事故で社会的使命の大きさを実感した。

YKK代表取締役会長CEO・YKK AP代表取締役会長CEO・𠮷田 忠裕氏「本社機能の移転進める 新しい暮らし提案」

本社機能の一部を開発・製造拠点が集中する富山県黒部市に移転する。同時に、電力を極力使わないパッシブな暮らしを提案する街の開発を進める。

日本環境協会常務理事エコマーク事務局長・宇野 治氏「原点の思いを生かし 環境のシンボルに」

エコマークの表彰制度などを始め認定商品数を伸ばした。原案者の思いを尊重し環境のシンボルマークを目指す。

以前の記事はこちら

EMFリポート

イオン 持続可能な調達で先陣切る

事業の成長は、顧客と地域社会の発展とともにあることを貫く。持続可能な調達とエコストアに力を入れ、客が集まる町の拠点を目指す。

積水ハウス 集合住宅で創エネを駆使

ZEHの販売比率が7割と、政府の2020年目標の5割を大きく上回る。マンションや街でも省エネ・創エネを徹底して事業拡大を目指す。

サントリーホールディングス 使った水を「倍返し」、エコを力に

ビールや清涼飲料などに使う水を育む森林整備にまい進する。「天然水」を前面に打ち出し、エコで企業価値を高める考えだ。

以前の記事はこちら

環境ブランド調査 2015 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2015

環境・CSR報告書大全 2016 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2016活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2016

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」