新着記事

【5/19開催】「企業はESDにどう取り組むべきか」研究会のお知らせ

日経BP環境経営フォーラムは、2014年5月19日(月)に、環境マネジメント研究会「企業はESDにどう取り組むべきか」を開催します。

【5/21開催】「エコシステム千葉」視察のお知らせ

日経BP環境経営フォーラムが5月21日(水)に開催するEMF視察会「エコシステム千葉(産廃中間処理業)・視察会」をご案内いたします。

EMFからのお知らせ

【5/19開催】「企業はESDにどう取り組むべきか」研究会のお知らせ

日経BP環境経営フォーラムは、2014年5月19日(月)に、環境マネジメント研究会「企業はESDにどう取り組むべきか」を開催します。

【5/21開催】「エコシステム千葉」視察のお知らせ

日経BP環境経営フォーラムが5月21日(水)に開催するEMF視察会「エコシステム千葉(産廃中間処理業)・視察会」をご案内いたします。

【4/14開催】「温暖化適応策で、企業価値を高める」セミナーのお知らせ

日経エコロジーと日経BP環境経営フォーラム(EMF)は、2014年4月14日(月)に、日経エコロジーLive!(研究会)「気候変動『適応』の最前線」を開催します。

以前の記事はこちら

EMF事務局からのブログ

【EMF事務局ブログ10】イオンモール幕張新都心 視察会を開催しました

2月4日、「イオンモール幕張新都心」の視察会を、EMF特別会員のイオン様のご厚意で開催しました。EMFパンフレット2014にも記載しましたが、今年からEMF会員企業の施設・工場などの視察会を新設しました。EMFには日本を代表する多くの企業に参加していただいています。環境・CSR経営を学ぶヒントは、会員企業の皆様の施設・工場にこそあると考えたからです。今後も、随時、開催していきますのでご期待ください。

【EMF事務局長ブログ9】今年の「環境注目ニュース」で編集部とEMF会員の情報交換会開催

1月10日、EMF会員企業と日経エコロジー編集部との情報交換会を日経BP社で開きました。第1部の研究会は、「2014年環境注目ニュース予報」と題して谷口編集長以下編集部員全員が出席し、注目ニュースの背景などについて紹介しました。第2部の懇親会では、第一部のテーマを話題に会員企業の皆様との交流を深めました。

【EMF事務局長ブログ8】「環境人材」テーマにECO編集部とEMF会員の情報交換会開催

6月28日、恒例のEMF会員企業と日経エコロジー編集部との情報交換会を日経BP社で開きました。第1部の研究会は「元気な環境/CSR部門をつくろう」をテーマに6月号特集「環境人材クライシス」で、取材にご協力いただいた大和ハウス工業、NECのご担当者に講演をお願いしました。第2部の懇親会を含め、情報交換会は回数を重ねるにしたがって、会員の皆様と日経エコロジー編集部の距離が小さくなっていると実感しています。

以前の記事はこちら

インタビュー/はいこちら環境・CSR

世界銀行 WAVESパートナーシップ国際統括長・ジョン・マトゥザック氏「GDPだけでは不十分 国家会計に自然資本を」

世界銀行は自然資本を国や企業の会計に組み込むプロジェクトを推進している。新しい会計によって途上国の乱開発を防ぎ、GDP偏重からの脱却を目指す。

大栄環境 代表取締役社長  金子 文雄 氏

環境に負荷かけない処分の実力試される 信頼のブランドを確立したい

シジシージャパン グループ代表兼社長 堀内 淳弘 氏

CSR活動は経営の基盤であり原動力 ガソリンスタンドの経営力向上が課題

以前の記事はこちら

EMFリポート

国際航業の「空間情報」技術 画像を読む力で防災計画

衛星画像や航空写真、地図データなどの「空間情報」を活用。画像データを読む力で災害からの復旧や防災計画づくりに貢献する。

パナソニックの人工光合成システム 家電の技術生かし、世界初

2013年12月、直接燃料に使えるメタンを生成する人工光合成システムを開発した。従来研究の方向性にとらわれず、自社の強みを生かして、後発ながら「世界初」を達成した。

京セラのメガソーラー事業、総合サービスで勝ち抜く

出力70MWを誇る国内最大規模のメガソーラーが稼働した。あらゆる気象条件に対応し、構築ノウハウと技術力で差別化を図る。

以前の記事はこちら