新着記事

トヨタ自動車 取締役・専務役員 寺師 茂樹 氏

世界オペレーションを見直し 生産の環境負荷も下げる

伊藤忠商事 広報部CSR・地球環境室長・小野博也氏「各部署で環境に縁 現場主義が信条」

入社以来、様々な形で「環境」に携わってきた。非財閥系商社、伊藤忠の伝統である現場主義を信条とする。

EMFからのお知らせ

【3/10開催】「女性で語り合おう環境・CSRの仕事」セミナーのお知らせ

日経BP環境経営フォーラム(EMF)は、2015年3月10日(火)に、EMF研究会「女性で語り合おう環境・CSRの仕事」を開催します。

【3/2開催】「立ち上がる植物工場ビジネス」セミナーのお知らせ

日経エコロジーと日経BP環境経営フォーラム(EMF)は、3月2日(月)に、日経エコロジーLive!(研究会)「立ち上がる植物工場ビジネス」を開催します。

【1/30開催】「統合報告書、投資家に訴えるコツ」セミナーのお知らせ

日経BP環境経営フォーラムは、2015年1月30日(金)に、環境コミュニケーション研究会「統合報告書、投資家に訴えるコツ」を開催します。

以前の記事はこちら

EMF事務局からのブログ

【ECO3月号の読みどころ】福島の記事に、被災地の現状と人の思いの尊さを考えさせられる

3月号の日経エコロジー、皆さんはもうお手にとられましたか。EMF事務局から最新号に独断で雑感を書くこのコラム、今回は特集のほか人物モノ記事にコメントします。

【ECO2月号の読みどころ】特集「徹底予測」「トップが語る」違う視点で2015年を読む

EMFパンフレット2015(5ページ)でも紹介しましたが、今月から本ホームページで「日経エコロジー最新号の読みどころ」をEMF事務局の独断で掲載いたします。2015年2月号で、まずお薦めしたいのは、特集「環境/CSR経営はこうなる 徹底予測2015」です。

【EMF事務局ブログ13】北海道下川町の視察ツアーで見た、バイオマスを活用した地方の挑戦

日経BP環境経営フォーラムは、2014年9月29〜30日に北海道下川町の「バイオマスエネルギーと地域創生」視察ツアーを開催しました。同町が進める木質バイオマスを活用した町づくりは、森林大国・日本の他の地域でも参考になりそうです。

以前の記事はこちら

インタビュー/はいこちら環境・CSR

トヨタ自動車 取締役・専務役員 寺師 茂樹 氏

世界オペレーションを見直し 生産の環境負荷も下げる

伊藤忠商事 広報部CSR・地球環境室長・小野博也氏「各部署で環境に縁 現場主義が信条」

入社以来、様々な形で「環境」に携わってきた。非財閥系商社、伊藤忠の伝統である現場主義を信条とする。

大和ハウス工業 代表取締役会長CEO 樋口 武男 氏

人口問題を念頭に事業を考える 蓄電池、再エネに期待

以前の記事はこちら

EMFリポート

富士ゼロックス 「統合」に見いだす勝機

2015年夏のISO14001の改正を見据え、マネジメントシステムを抜本的に改革した。事業の効率化とともに、付加価値創出のモデルケースを目指す。

東レ 「超継続」が1兆円事業を生む

環境関連事業の売上高が4年間で倍増、2020年頃には1兆円を目指す。経営者が技術を見極め、継続的な技術投資が業績好調の原動力だ。

大栄環境 約束を信頼に変えブランド創造

反対住民を説得して建設した処分場を「裏切れば明日はない」との危機感で徹底管理する。周辺住民と信頼を築いた実績を重ねブランドを構築、攻めの投資で勝負に出る。

以前の記事はこちら