• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新着記事

【EMF事務局から6】大阪で環境ブランド調査研究会を開催、質問相次ぐ

事務局長の斎藤です。7月15日、環境ブランド調査の研究会を大阪で開催しました。

積水化学工業 CSR推進部環境経営グループ長・阿部 弘氏「探索研究に従事 市場との接点を探る」

プラスチック成形加工の技術者として、探索研究に従事した。環境という軸で製品を市場ニーズに結び付けようと接点を探る。

EMFからのお知らせ

【7/15大阪、7/25東京】「2016年環境ブランド調査の結果分析」セミナーのお知らせ

日経BP環境経営フォーラムは、「2016年環境ブランド調査の結果分析」セミナーを開催します。2016年7月15日(金)に大阪で、7月25日(月)に東京で開催します。

【7/12開催】「企業のCSRを消費者にどう伝えるか」セミナーのお知らせ

日経BP環境経営フォーラム(EMF)は、2016年7月12日(火)に、環境コミュニケーション研究会「企業のCSRを消費者にどう伝えるか~魅力的なCSRレポートの条件」というテーマでセミナーを開催します。

【7/4開催】「『逆算』の経営~長期ビジョンの作り方、使い方」セミナーのお知らせ

日経BP環境経営フォーラムは、2016年7月4日(月)に日経エコロジー編集部との情報交換会「『逆算』の経営~長期ビジョンの作り方、使い方」を開催します。

以前の記事はこちら

EMF事務局からのブログ

【EMF事務局から6】大阪で環境ブランド調査研究会を開催、質問相次ぐ

事務局長の斎藤です。7月15日、環境ブランド調査の研究会を大阪で開催しました。

【ECO8月号の読みどころ】環境ブランド調査の結果と投資家のESG評価を比較

日経エコロジー8月号は、2つの特集を掲載しています。第1特集は久しぶりの技術特集「稼げる『7つの技術』です。そしてもう1つの特集が「環境ブランド調査2016」です。第1特集では「10年先、20年先に日本が勝てる技術は何か」の視点で、今後、市場の拡大が見込める「7つの技術」を選びました。新しい炭素複合材料「CFRF」や「全固体電池」など興味深い技術を分かりやすく紹介しています。

以前の記事はこちら

インタビュー/はいこちら環境・CSR

積水化学工業 CSR推進部環境経営グループ長・阿部 弘氏「探索研究に従事 市場との接点を探る」

プラスチック成形加工の技術者として、探索研究に従事した。環境という軸で製品を市場ニーズに結び付けようと接点を探る。

ダイキン工業 取締役社長兼CEO・十河 政則氏「異業種との競争を視野に『10年先の技術』育てる」

これからは本当に強い会社しか生き残れないとの危機感を持つ。空調関連のコア技術を磨くとともに、IoT時代の技術を取り込む。

東レ CSR推進室長・酒井 恵子 氏「CSRと経営戦略で経営理念を実現」

デュポンとの合弁会社で繊維のブランドマネジャーとして活躍。CSRと経営戦略は、経営理念の実現を支える車の両輪と捉える。

以前の記事はこちら

EMFリポート

第17回環境ブランド調査

トヨタが7年ぶりに首位を奪還しました。日経BP環境経営フォーラムが実施した第17回環境ブランド調査の結果を報告します。

川崎重工業 水素社会のトップランナーに

水素社会の実現に向けた、一大プロジェクトを推進する。サプライチェーンのすべてを担える「総合水素企業」を目指す。

イオン 持続可能な調達で先陣切る

事業の成長は、顧客と地域社会の発展とともにあることを貫く。持続可能な調達とエコストアに力を入れ、客が集まる町の拠点を目指す。

以前の記事はこちら

環境ブランド調査 2015 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2015

環境・CSR報告書大全 2016 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2016活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2016

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」