新着記事

富士重工業 環境推進室長・濱中 淳一氏「海外営業経験が豊富 環境規制に向き合う」

米国と香港の駐在の他、北米、アジア、欧州の営業を担当した。欧米で環境規制と向き合った経験を環境推進室の仕事に生かす。

【6/8開催】「女性で語り合おう環境・CSRの仕事 第2回目」セミナーのお知らせ

日経BP環境経営フォーラムは、2015年6月8日(月)に、EMF研究会「女性で語り合おう環境・CSRの仕事 第2回目」を開催します。

EMFからのお知らせ

【6/8開催】「女性で語り合おう環境・CSRの仕事 第2回目」セミナーのお知らせ

日経BP環境経営フォーラムは、2015年6月8日(月)に、EMF研究会「女性で語り合おう環境・CSRの仕事 第2回目」を開催します。

【5/18開催】「『環境情報』のさばき方」セミナーのお知らせ

日経エコロジーと日経BP環境経営フォーラム(EMF)は、2015年5月18日(月)に日経エコロジーLive!「『環境情報』のさばき方」を開催します。

【5/11開催】「廃棄物処理法改正への備え」セミナーのお知らせ

日経BP環境経営フォーラムは、2015年5月11日(月)に、環境マネジメント研究会「廃棄物処理法改正への備え――排出事業者と産廃業者の適切な関係を考える」を開催します。

以前の記事はこちら

EMF事務局からのブログ

【ECO6月号の読みどころ】2020年の東京五輪で「持続可能な都市」をいかに作るかを考察

日経エコロジー6月号は、特集「2020年の『環境ビジネス』」を掲載しています。東京五輪・パラリンピックまであと5年になりました。本特集は東京五輪を「環境技術のショーケース」だけでなく、今、東京が抱える課題を含めて「持続可能な都市」に作り替える好機にすべきとの提言を含めた記事になっています。

【EMF事務局ブログ16】ANA機体工場視察会、安全性と環境性能を追求する姿勢を学ぶ

4月6日、ANA機体工場視察会を実施しました。ANAのご厚意により、「ボーイング787の環境性能と経済性」と題した会員向けの特別講演を聴講してから、機体工場を視察することができました。講義と視察を含め、経済性を押さえながらも安全性と環境性能を追求するANAの真摯な姿勢を学ぶことができました。

【ECO5月号の読みどころ】特集「環境情報のさばき方」は業務改善の実例を多数紹介

日経エコロジー5月号は、特集「環境情報のさばき方」を掲載しています。環境・CSRセクションの電子化による業務改善の実例を多数紹介しており、実務に参考になる内容になっています。保存版の特集です。

以前の記事はこちら

インタビュー/はいこちら環境・CSR

富士重工業 環境推進室長・濱中 淳一氏「海外営業経験が豊富 環境規制に向き合う」

米国と香港の駐在の他、北米、アジア、欧州の営業を担当した。欧米で環境規制と向き合った経験を環境推進室の仕事に生かす。

慶應義塾大学経済学部教授・細田 衛士氏「今の廃棄物制度は資源循環に向かない」

天然資源の枯渇が予測される中、静脈資源の存在感が高まっている。静脈市場の特性に合わせて法体系を抜本的に変える時が来ている。

大栄環境 代表取締役社長 金子 文雄 氏

経営の永続性を最重要視 処分場建設とリサイクル事業を強化

以前の記事はこちら

EMFリポート

東芝 「再エネ水素」に技術を結集

東芝が水素エネルギー事業の新戦略を発表した。CO2を排出しない再エネ由来の水素を他社との競争力の源泉にする。

DOWAエコシステム アジア起点にメジャーを目指す

2003年の中国進出を皮切りに、アジアの6つの国と地域まで版図を広げた。規制で海外展開が難しい廃棄物処理事業で、国内初の環境メジャーを目指す。

清水建設 災害に強い街をエコで実現

東日本大震災の教訓を胸に、災害に強い街づくりを目指す。省エネと創エネを非常時のエネルギー確保につなげる「ecoBCP」を成長分野の柱に据える。

以前の記事はこちら