• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本イノベーター大賞2017 日本イノベーター大賞2017

  • Facebook
  • twitter

AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などデジタル技術が急速に進化し、グローバル競争が激しさを増しています。さらなる成長を手に入れるには、常識を打ち破るイノベーションが欠かせません。日本イノベーター大賞は、日本の明日を担う独創的な事業家や技術者などから、特に優れた人を選んで表彰するものです。未知の分野に挑み、独創的な活動をされている方を、読者の皆様から、ご推薦いただきたいと思います。募集要項は以下の通りです。

募集要項

対象者

ここ数年の間に独創的な手法・発想で新しい市場を切り開いたり、企業を再生させたりした経営者や組織のリーダー。科学や技術、医療などの分野で世界的に認められる功績のあった人や、基礎技術を使って画期的な商品やサービスを企画・開発した人。

(※肩書は受賞当時のものです。)

過去の大賞受賞者
2012年

北野彰彦氏(代表:東レ複合材料研究所)

最新鋭航空旅客機用などに利用される炭素繊維素材の開発

2013年

森川亮氏(LINE社長)

世界で利用者が2億人を突破した無料通話・メールアプリ「LINE」の開発を経営トップとしてリード

2014年

藤野道格氏(ホンダ エアクラフト カンパニー社長)

航空機『ホンダジェット』を開発し、航空産業にイノベーションを起こした

2015年

齊藤元章氏(ペジーコンピューティング社長)

純国産のスーパーコンピューター。必要なほぼすべての技術を自前で開発した

2016年

市川和弘氏(セイコーエプソン ペーパーラボ事業推進プロジェクト部長)

使用済みの用紙をオフィス内でリサイクルできる機器を開発した

審査

日経ビジネス編集部内での予備審査の後、選考委員会の審査によって表彰者を決定します。

なお、候補者は読者推薦に加え、本誌編集部、選考委員の推薦者も併せて審査します。

発表及び賞金

今年11月(予定)。日経ビジネスの誌面及び日経ビジネスオンラインにて発表します。

◎大賞受賞者(1人)100万円 ◎ 優秀賞受賞者(2人) 50万円

表彰式 / 2017年12月5日(火) コンラッド東京(東京・港区)

募集方法と締め切り

募集は締め切りました

自薦、他薦は問いません。ご応募の際は、本ウェブサイトからお申し込みいただくか、A4判1枚に、推薦者の名前と連絡先を明記のうえ、

  • 1.候補者の名前・プロフィール
  • 2.イノベーションの内容
  • 3.現段階における評価・実績
  • 4.今後の社会的な影響度・将来性

を記入して、下記応募書類送付先までお送りください。

なお、補足資料を添付いただいても構いませんが、資料の返却はできませんので、ご了承願います。

募集締め切り / 2017年8月31日(木)

※頂いた情報は、日経ビジネス編集部からの事務連絡などに使わせていただくほかは、大賞選考以外の目的には利用しません。
また、この情報は日経ビジネス「日本イノベーター大賞」係が厳重に管理いたします。

選考委員

【選考委員長】

小宮山 宏

三菱総合研究所理事長
東京大学 第28代総長

選考委員長 小宮山 宏

【選考委員】
  • 坂村 健 (INIAD東洋大学情報連携学部学部長)
  • 松永 真理 (松永真理事務所 代表)
  • 宮内 義彦 (オリックス シニア・チェアマン)
  • 森川 亮 (C Channel 代表取締役社長)
  • 米倉 誠一郎
    (法政大学大学院教授・一橋大学特任教授)

敬称略、50音順

送付先・お問い合わせ先

日経BP社日経ビジネス
「日本イノベーター大賞」係

〒134-8750
日本郵便株式会社 葛西郵便局 私書箱21号
日経BP社読者サービスセンター
日経ビジネス
「日本イノベーター大賞」係

応募受け付けFAX番号
FAX

WEBでのお問合せはこちらから

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長