日経ビジネス 別冊書籍・ムック・増刊のご紹介

まるわかり 働き方改革

日経ビジネス 編
発行日:2018年6月28日
定価:本体907円+税
ISBN:978-4-8222-5639-5
B5変型判、108ページ
発行:日経BP社
発売:日経BPマーケティング

紙の書籍

日経BPSHOPで購入する
amazon.co.jpで購入する

その他オンライン書店

日経BPブックナビで購入する

まるわかり 働き方改革

残業禁止、副業OK、自宅勤務の拡大。
幅広い企業が本格的に「働き方改革」に乗り出している。
だが実態は果たしてどうだろうか?
残業禁止でオフィスで働けなくなったビジネスパーソンは、
22時以降、カフェやレンタルオフィスに流出。
“隠れ残業”で、膨大な業務をこなしている。
「副業OK」「自宅勤務」もビジネスパーソンが
思い描くようなバラ色の世界ではない。
たくさんの落とし穴が待ち受けている。
単純なデスクワークはAIにとって変わられ、
職を失う人も増えそうだ。
「働き方改革」の大号令がかかり、
AIやRPAなどのテクノロジーが進化する中で、
果たして、ビジネスパーソンが輝ける本当の意味の「働き方改革」とは何か。
そして私たちの給料はどのように変わっていくのか。
現状、生まれつつあるひずみと、その解消方法を具体的に伝授する。

本書の紹介

【第1章】日本電産 真の働き方改革

PART 1 なぜカリスマ経営者は「変心」したのか
働き方改革は競争力
PART 2 ムダな仕事をあぶり出せ
会議の手間は半減 「100件営業」も達成
PART 3 ロボット、ムダ取り、IoTまで総動員
残業は種から潰せ 原因は工場にあり
PART 4 部下はなぜ残業するのか
決め手はマネジメント 管理職育成に全力
Interview 日本電産会長兼CEO(最高経営責任者) 永守重信氏
「働き方改革、実に奥が深い」


【第2章】やってはいけない働き方改革 便乗時短

PART 1 海外拠点に仕事丸投げ、午後4時ラストオーダー制……
それは働き方改革じゃないだろ
・噂のイクメン社員の「裏の顔」事件
・毎日夕方は「避難訓練」事件
・「トラックボール回し」が仕事事件
・新工場建設はいつになるやら事件
・「ここは居酒屋かよ!」事件
PART 2 そんな簡単に労働時間が減るか!
ここまでやるか! 真の残業削減術
PART 3 “普通の企業”はまずはここから
「必要のない残業」の減らし方


【第3章】会社と個人の新たな関係 成功する副業

PART 1 あなたの同僚も実は……
広がる“闇副業” 知らないのは社長だけ
PART 2 きっかけは突然訪れる
ひとごとでなくなる7人の副業ライフ
PART 3 期待する効果は3つ
慎重派が多数でもあえて解禁する理由
PART 4 「働き過ぎ」をどう防ぐ?
企業と個人が直面する4大リスク
PART 5 自らを律して成長する
会社には頼らない 社員は縛れない


【第4章】500社調査 賃上げ余力ランキング 給料はもっと上がる

PART 1 好条件求めて、人材は海外へ
日本は給料後進国
PART 2 データから浮かぶ3つの理由
賃金低迷のカラクリ
PART 3 主要500社、賃上げ余力ランキング
あの会社の給料はもっと上げられる
PART 4 横並びでは成長できない
給料革命で人材確保
PART 5 限界迎えた労働市場の「55年体制」
分配の仕組み再構築


既刊の別冊書籍・ムック・増刊はこちら