日経ビジネス 別冊書籍・ムック・増刊のご紹介

答えは、箱から逃げ出すこと

キャメル・ヤマモト 著
発行日:2013年12月25日
定価:本体1,500円+税
ISBN:978-4-8222-7377-4
四六判、200ページ
発行:日経BP社
発売:日経BPマーケティング

紙の書籍

日経BP書店で購入する
amazon.co.jpで購入する

その他オンライン書店

日経BPブックナビで購入する

答えは、箱から逃げ出すこと

最も危ない「男子正社員・文系四大卒」がグローバル時代を生き抜くためには

グローバル人材マネジメントの第一人者が伝授するソリューション!


日本企業のグローバル化にともなって、ビジネスマンに求められる役割は大きく変わろうとしている。
外国人社員が配属されて英語による会議に参加する機会が増えたり、外国人上司に業務を報告したりといったことが、現実に起きてくる可能性が出てきたのだ。

特にこれまで会社の中で日本人社員同士で和気藹々と働いてきた「男子正社員・文系四大卒」が、グローバル対応で遅れを取っており、下手をすればリストラの対象になりかねない事態に直面している。

外国人社員とうまく付き合うことも含めてグローバル人材になるにはどうしたらいいのか、本書では、著者自身やグローバルに活躍する著者の知人たちがやっていることの中で、最も大切な1つのこと(「箱から逃げ出すこと」)に、焦点を当てて、そのことを実現するための具体的な方法について1つずつ詳しく解説する。

本書の紹介

【第1章】箱から出る力(逃げる力)

・日常の“箱”から逃れて自由になる


【第2章】書く力(構想力)

・難しい問題を解決する 「さっとアウトライン」法
・聞いたまま考えないで書き込む 意外な威力を発揮する手法
・やってみたいことを実現させる方法 さっと思い、さっと忘れる「希忘法」


【第3章】話す力(口動力)

・コーチングを活用する インパクトのある話す力
・普段の仕事で、英語をちょっと混ぜてみよう
・飲み会で、英語を混ぜて語らうと、どうなるか?
・日本人がグローバル人材になるための方法
 マインドは「ドイツ人」の三菱ふそうの日本人社員


【第4章】歩く力

・口説くには一緒に歩こう 歩きながら対話
・ゆっくり歩こう 自律神経のバランスをベストにして健康を保つ


【第5章】世界で起きている「3つの変化」と内面力

・Open Talent Economy Working-Learning-Playing
 Continuous Change Management
・藤原和博さんとの競演で負けたから、つかめた!
 グローバルリーダーの本当の「強み」
・とても直視できない!心の中を鏡に映された気分に
 ピース小堀さんによるコーチング体験談(その1)
・もう少しドリブルしておきたいのですか?パスもせず、シュートもしないで
 グローバルリーダーの本当の「強み」
・組織の“箱”から逃れて自由になる トラウマの贈り物


【付録】なぜ日本企業のグローバル化は進まないか?

それは現場主義と中間管理職のせいである 青臭いGlobal Talent(Blue Talent)育成のご提案


既刊の別冊書籍・ムック・増刊はこちら