日経ビジネス 別冊書籍・ムック・増刊のご紹介

どんな会社も生まれ変わる

池上彰 著
B5判、312ページ
発行日:2013年11月25日
定価:本体1,500円+税
ISBN:978-4-8222-7434-4
発行:日経BP社
発売:日経BPマーケティング

日経BP書店で購入する
amazon.co.jpで購入する

池上彰のアフリカビジネス入門

アフリカ――ビジネスの世界から無視されてきた暗黒大陸が、今、巨大市場として世界の注目を集める。10億人の人口、手つかずの資源、広大な土地。一方で、インフラ未整備、低い電力普及率、食物不足、教育の未発展、不安定な政治、というリスクも。日本企業がアフリカでビジネスをするにはどうすればいい?

池上彰が、ケニア、モザンビークをはじめ現地取材してつかんだ、リアルなアフリカビジネス入門の書。全ビジネスパーソン必読!

本誌の紹介

世界中が今アフリカに注目しているって、知ってましたか?
巨大ビジネスのフロンティア、豊富な資源と10億人の巨大市場!

その前に立ちはだかる4つの課題

  • (1)「物流」の近代化――道路が未舗装、港がボロいと経済は止まってしまう
  • (2)「主食」の自給自足――食糧を輸入に頼っていると物価も社会も不安定
  • (3)「電力」の普及――ケニアですら普及率は20%台、文明化は夢のまた夢?
  • (4)「消費市場」の創造――商売の前に、社会貢献で「お客さんを創る」

これ、日本の力で解けるのです!

-------

「アフリカ」のツボが、さっぱりわからない日本人のためにJICAの宍戸健一さんに聞きました。
これだけ押さえておこう! 9つのポイント

  • (1)日本のみなさん、もはや「援助」より「投資」です!
  • (2)政治が安定すれば、暗黒大陸から資源大陸へ
  • (3)中国が圧倒的にアフリカで強いわけ
  • (4)日本企業の武器は、「技術」と「おもてなし」
  • (5)手つかずの10億人マーケットはビジネスチャンスの宝庫
  • (6)電気が足りないアフリカを照らすのは「地熱発電」
  • (7)欧米が見放したアフリカを救った日本の「すごい会議」
  • (8)道路と港を整備しないと、アフリカ経済が成長しない理由
  • (9)子供たちみんなが学校に行けると、未来は明るい
-------

日本が解く! アフリカの課題 ≪その1≫物流インフラの整備

-------

日本が解く! アフリカの課題 ≪その2≫主食の自給自足

-------

日本が解く! アフリカの課題 ≪その3≫地熱発電で電力の普及を

-------

日本が解く! アフリカの課題 ≪その4≫商売の前に「市場の創造」

-------

アフリカに好かれている日本だから援助もビジネスも、もっと 〔JICA田中明彦理事長〕

  • ・欧米がそっぽを向いた90年代のアフリカに、助け舟を出したのは日本
  • ・アフリカ開発会議=TICADのこと、もっと知ってほしい
  • ・アフリカ10億人を「消費市場」に変身させるのは、日本企業の役目です
-------

とりあえず、アフリカに行ってみませんか?

-------

既刊の別冊書籍・ムック・増刊はこちら