日経ビジネス 別冊書籍・ムック・増刊のご紹介

中国という蟻地獄に落ちた韓国

鈴置高史 著
四六判、256ページ
発行日:2013年11月25日
定価:本体1,400円+税
ISBN:978-4-8222-7436-8
発行:日経BP社
発売:日経BPマーケティング

目次を詳しくみる

紙の書籍

日経BP書店で購入する
amazon.co.jpで購入する

電子書籍

日経ストアで購入する

高まる「反日」が意味するものは―。中国という蟻地獄に落ちた韓国

日本を千年恨み続けると宣言し、歴史認識を理由に首脳会談を拒む--。

朴槿恵政権が異様とも言える「反日」の姿勢を示すのはなぜなのか。韓国国民の人気を得るために「反日」を煽っているだけではない。「反日」は、軍事同盟を結ぶ米国から、アジアの盟主として台頭する中国に急傾斜する「離米従中」の煙幕でもある。

米日韓3国軍事協力を迫る米国に対し「反日」カードを使って言い逃れているのだ。日韓関係だけを見ていては読み解けない「現在進行形の北東アジア」を描く。

本誌の紹介

【プロローグ】 米中両属の韓国

-------
  • 〔1〕韓国がネギをしょって転がり込んだ中韓首脳会談(1)

    朴槿恵訪中で中国の引力圏に入った韓国

  • 〔2〕韓国がネギをしょって転がり込んだ中韓首脳会談(2)

    116年ぶりに“冊封体制”が復活

  • 〔3〕中国の心理戦に揺れる韓国の二股外交

    「同盟を結べ」と踏み絵を迫る中国

  • 〔4〕半島情勢を南北の同質性から荒木和博教授と読む

    日本との関係を悪くしたい南、よくしたい北

-------
  • 〔1〕「北の核」が変える「南の立ち位置」を木村幹教授と読み解く(1)

    韓国株まで揺さぶった金正恩の核恫喝

  • 〔2〕「北の核」が変える「南の立ち位置」を木村幹教授と読み解く(2)

    ついに保守も「米中二股外交」を唱えた

  • 〔3〕「北の核」が変える「南の立ち位置」を木村幹教授と読み解く(3)

    米国が韓国に愛想を尽かす日

  • 〔4〕国民の3分の2が「核で北に対抗」

    今度こそ本気の韓国の「核武装論」

  • 〔5〕核武装目指した父を追うのか

    「独裁者の娘」を見る米国の険しい目

-------
  • 〔1〕韓国の異様な行動を岡本隆司准教授と読む(1)

    「対馬は韓国のものだ」と言い出した韓国人

  • 〔2〕韓国の異様な行動を岡本隆司准教授と読む(2)

    「反日」から「卑日」へ

  • 〔3〕韓国の異様な行動を岡本隆司准教授と読む(3)

    「日本人よ、韓中連合軍が怖くないのか」

  • 〔読者からの質問に答えて〕

    なぜ、韓国は東京五輪を邪魔するのか

-------
  • 〔1〕韓国の識者が語る韓国人の本音(1)

    「中国傾斜」が怖くなった韓国

  • 〔2〕韓国の識者が語る韓国人の本音(2)

    120年前は右往左往して亡国

  • 〔3〕軍は「離米」に最後の抵抗

    「作戦統制権」で岐路に立った韓国

  • 〔4〕「海洋勢力側に戻ろう」との声も出るが……

    米国も見透かす韓国の「卑日独り芝居」

  • 〔5〕「ミサイル防衛で中国に味方するのか」

    ついに米国も韓国に踏み絵を突きつけた

-------

【エピローグにかえて】 近未来予測・米中首脳会談

  半島の「非核・中立」化で手打ち   
  韓国はパキスタン目指し、カンボジアに

-------

既刊の別冊書籍・ムック・増刊はこちら