日経ビジネス 別冊書籍のご紹介

徹底予測 次世代自動車2013

日経ビジネス/日経Automotive Technology/日経エレクトロニクス共同編集
発行:日経BP社
発行日:2013年3月29日
ISBN:
(書籍)978-4-8222-7510-5
(CD-ROM)978-4-8222-7511-2

目次を詳しくみる

▼書籍

読者特価
本体11,429円+税
読者特価で購入
一般価格
本体14,286円+税
一般価格で購入

▼CD-ROM

読者特価
本体11,429円+税
読者特価で購入
一般価格
本体14,286円+税
一般価格で購入

▼書籍+CD-ROMセット

読者特価
本体18,286円+税
読者特価で購入
一般価格
本体22,857円+税
一般価格で購入

「日経ビジネス」「日経Automotive Technology」「日経エレクトロニクス」「日経ものづくり」を定期購読いただいている方は、読者特価でお申し込みいただけます。

書籍はamazonでも購入できます。
一般価格:本体14,286円+税

amazon.co.jpで購入する

経営から技術まで徹底解説徹底予測 次世代自動車 2013

「円安」で反転攻勢に出る日系メーカー
「新興国攻略」と「規制対応」の今後の戦略を徹底解説!

 リーマンショック以降の超円高や東日本大震災、タイの大洪水、中国との尖閣諸島問題という逆風に次ぐ逆風を乗り越え、日系自動車メーカーが反転攻勢をしかけられる体勢が整いました。
 そこで本書は、円安の追い風を受け始めた日系自動車メーカーの今後の戦略を、「新興国攻略」と「規制対応」という2大テーマに焦点を当てて見通します。
 「新興国攻略」では低コスト化と多様化の二律背反の問題を解く「メガプラットフォーム戦略」がカギを握ります。
「規制対応」では、2016年ごろに一気に強化される安全基準への対応が欠かせません。
さらに、将来に向けてトヨタやフォルクスワーゲン、GMなどが開発に力を入れ始めた自動運転技術の動向を詳述します。
 これからの自動車産業が置かれている現在の状況を把握し、見通しにくい世界の自動車産業の進路を見通すために、ぜひ本書をご活用ください。

本書の紹介

序章 自動車産業の新潮流

円安を追い風に日系メーカーが反転攻勢、「新興国攻略」と「規制対応」で挑む

-------

第1章 世界市場の変化と企業戦略

■企業戦略

  • ・日本車本当の実力 米独韓に打ち勝つ条件
    ・ホンダ、開発を“開国”する

■新興国戦略

  • ・部品メーカーのポスト中国戦略
  • ・クルマ作りの変化がもたらす影響を分析 2020年の日中産業構造

■2輪に学ぶ新興国攻略

  • ・世界最強 日の丸2輪
  • ・ヤマハ発動機社長インタビュー

■新市場

  • ・高齢化というビジネスチャンス
-------

第2章 規制・基準がつくる次世代自動車

■世界の動向

  • ・規制、基準が変える5年後のクルマ

■安全

  • ・“ぶつからないクルマ”いざ普及へ
  • ・カメラで衝突を防ぐ

■燃費

  • ・ターボチャージャ
  • ・減速エネルギ回生で燃費向上

■充電

  • ・米国でのEV普及に向け変わる規制と充電規格
  • ・充電規格争い ワイヤレスでも始まる

■通信

  • ・Ethernetがクルマに載る

■超小型車

  • ・「超小型モビリティ」まで待てない
-------

第3章 次世代技術の動向

■トヨタ、日産、ホンダの技術戦略

  • ・ホンダの新ハイブリッド、日産のステアバイワイヤ

■自動運転

  • ・自動運転 世界で開発競争

■モジュール化

  • ・多様化とコスト削減の矛盾を解くメガプラットフォーム

■軽量化

  • ・CFRPでクルマを造る
  • ・コストを上げずに軽くする

■電動化 ・モーターでモータースポーツ

  • ・モーターでモータースポーツ
    ・躍進する車載Liイオン電池 存在感増す独立系メーカー

■情報化 ・スマホとCANが拓く新テレマティクス

  • ・スマホとCANが拓く新テレマティクス
    ・ヘッドアップディスプレー搭載カーナビ(パイオニア)視線移動を最小に
-------

第4章 世界の最新車両

  • ・北京モーターショー
  • ・パリモーターショー
  • ・ジュネーブモーターショー
  • ・デトロイトモーターショー
-------

既刊の別冊書籍・ムック・増刊はこちら