日経ビジネス 別冊書籍のご紹介

次世代自動車2014

日経ビジネス/日経Automotive/日経エレクトロニクス 共同編集
[書籍]A4変型判、278ページ
 ISBN:978-4-8222-7536-5
[CD-ROM]1枚
 ISBN:978-4-8222-7534-1
発行日:2015年3月27日
発行:日経BP社
発売:日経BPマーケティング

※「日経ビジネス」「日経Automotive」「日経エレクトロニクス」「日経ものづくり」を定期購読いただいている方は、読者特価でお申し込みいただけます。

※「日経エレクトロニクスPremium」読者の方はPremium特価でご購入いただけます。
お申し込みはこちらから

▼書籍

読者特価
本体12,000円+税
読者特価で購入
一般価格
本体15,000円+税
一般価格で購入

▼CD-ROM

読者特価
本体12,000円+税
読者特価で購入
一般価格
本体15,000円+税
一般価格で購入

▼書籍+CD-ROMセット

読者特価
本体19,200円+税
読者特価で購入
一般価格
本体24,000円+税
一般価格で購入

※書籍/CD-ROMはamazonでも購入できます。本体15,000円+税

▼書籍

amazon.co.jpで購入する

▼CD-ROM

amazon.co.jpで購入する

次世代自動車2015

グーグル、テスラなど新規参入者が台頭
激変する自動車業界の未来を展望

円安が定着し、日本の自動車メーカーは大きな利益を上げ続けています。昨年の“逆オイルショック”以来、大型で、価格の高い車種の売上が好調です。自動車業界は順調に見えるかもしれません。ただし、“逆オイルショック”の負の影響は遅れてやってきます。原油価格の反転を含め、今年の自動車業界は見通しにくい状況にあります。

競争の相手も増えました。一介のベンチャー企業だと思っていたテスラは、株式の時価総額を見る限り日産自動車に迫りつつあります。グーグルは、自動車を都市の情報を収集する重要な“端末”と位置付け、無人タクシーなど都市インフラ事業に乗り出す可能性があります。

本書ではこれを迎え撃つ自動車メーカーの対応を紹介します。続いて技術がこれからの自動車をどう変えていくかをお伝えします。最後に新興国での戦い方を取り上げます。

本書は日経BP社が発行する「日経ビジネス」、「日経Automotive」、「日経エレクトロニクス」、「日経ものづくり」の記事を再編集してまとめました。4誌の視点はそれぞれ違い、4方向から自動車産業を見通すことができます。読者の皆様が自動車産業を正しく読むためのお役に立てれば幸いです。

本誌の紹介

  秩序の破壊者 イーロン・マスク
  グーグルカーの破壊力

-------

1-1 国内完成車メーカー・それぞれの事情

  トヨタ自動車 三つの挑戦
  トヨタ自動車 迫る崖っぷち
  ホンダ リコールからの脱却
  日産自動車 新興国戦略の勝算
  三菱自動車 「名より実」で生き残る
  三菱自動車 会長兼CEO 益子修氏インタビュー
  富士重工業 吉永泰之社長の経営教室
  マツダ 社長 小飼雅道氏インタビュー

1-2 ドイツにはドイツのやり方がある

  BMW 革新を生む方程式
  Audi 強いブランドの秘密

1-3 生き残りかける部品メーカー

  日系部品メーカーの技術戦略
  デンソー、次の10年

-------

2-1 パワートレーンからサービスまで

  2030年のクルマ徹底予測

2-2 自動ブレーキから自動運転へ

  ぶつからないクルマ 実車試験(第1回)
  ぶつからないクルマ 実車試験(第2回)
  ヒトより見える眼 クルマから広がる

2-3 電動化は次の段階に  

  トヨタFCV発進
  水素社会のリアル 日本が資源輸出国に
  2020年に向けて急加速 Liイオン電池が次世代に

2-4 当面、主役はエンジン

  ディーゼル復権 ハイブリッドの対抗馬に
  インジェクターを2本にして燃費を改善

-------

  ホンダ、最新インド工場の今
  インドに活路を求める
  日本車、世界で崩れる安全神話
  日本車、劣勢の中国で格安に挑む

既刊の別冊書籍・ムック・増刊はこちら