日経ビジネス 別冊書籍・ムック・増刊のご紹介

2014~2015年版 新しい経済の教科書

日経ビジネス 編
A4変型判、128ページ
発売日:2014年4月14日
定価:本体907円+税
ISBN:978-4-8222-7781-9
発行:日経BP社
発売:日経BPマーケティング

目次を詳しくみる
日経BP書店で購入する
amazon.co.jpで購入する

2014~2015年版 新しい経済の教科書~「経済学」をビジネスで使える武器にする!

「実際のビジネスで役に立たない」と言われてきた経済学。ところが、最近になってビジネスへの貢献が目に見えて進みつつある。 グーグルの広告マッチングは最新のオークション理論がベースにあり、ビッグデータや行動経済学など最先端の理論も企業経営や実ビジネスに活用されている。

使える武器になり始めた経済学の今を解説する、ビジネスパーソン必携の書!

本誌の紹介

不合理と向き合い始めた経済学

松井彰彦 東京大学大学院経済学研究科教授に聞く
「現実の問題解決を考え始めた経済学者たち」

【Chapter1】オークション理論

Interview 1

  • ハル・ヴァリアン[グーグル・チーフエコノミスト] × 安田洋祐[大阪大学経済学部准教授]
    • 最強グーグルを作り上げた最新経済理論

Interview 2

  • ポール・ミルグロム 米スタンフォード大学教授に聞く
    • 経営で経済学の知識は役に立つ

Interview 3

  • レイモンド・フィスマン 米コロンビア大学経営大学院教授に聞く
    • 無駄な会議、無駄なポストは意外にも合理的だった

〔Column〕ビジネス知的探検1

  • トヨタもマクドナルドも、グローバル企業ではない

【Chapter2】ビッグデータ

Interview 1

  • スーザン・エイシー 米スタンフォード大学経営大学院教授
    • ビッグデータ分析は世界を変える

Interview 2

  • ゲイリー・キング 米ハーバード大学教授に聞く
    • ビッグデータ分析で、中国政府による検閲の中身が明らかに

〔Column〕ビジネス知的探検2

  • 実は、世界はフラット化していない

【Chapter3】行動経済学

Interview

  • ダン・アリエリー 米デューク大学経営大学院教授に聞く
    • 人間が不合理なのは当たり前だけど面白い
  • 依田高典 京都大学大学院経済学研究科教授に聞く
    • 行動経済学は、役に立つから愛される
  • 田中知美の最新行動経済学(1)
    • 「自分から勉強できる子」に育てることは可能か?
  • 田中知美の最新行動経済学(2)
    • 時価総額はCEOの見た目で変わる

〔Column〕ビジネス知的探検3

  • ただ女性管理職を増やすだけでは不十分

【Chapter4】気鋭の論点

  1. 01:ビッグデータ 新古典派とケインズ派の論争を「特売」で解く
  2. 02:失業者支援 失業者支援策で逆に格差拡大?
  3. 03:医療費負担 「高齢者負担」がもたらすメリットとデメリット
  4. 04:医療費増のウソ 「高齢化社会だから医療費が増える」は本当か?
  5. 05:家事育児 家事育児は実質GDP成長率を約0.3ポイント引き上げる
  6. 06:中央銀行 中央銀行による“直接介入”はマクロ経済にポジティブ
  7. 07:育児休業 「育児休業の3年化」は女性にとってプラスか否か
  8. 08:奨学金 奨学金の存在で経済はどれだけ成長するのか
  9. 09:合理的期待形成 金融政策にも波及し始めた現実的な期待形成
  10. 10:社債 金融商品の投資リターンを正確に予測することは可能か

〔Column〕ビジネス知的探検4

  • 「フォルトライン理論」で理解する「良い多様性」

【2013年ノーベル賞解説】

  • ◆ ユージン・ファーマ 米シカゴ大学教授
    • 金融理論で2度革命を起こす
  • ◆ ラース・ハンセン 米シカゴ大学教授
    • 「不確実性」を理論化した賢人
  • ◆ ロバート・シラー 米エール大学教授
    • 数式よりもデータ重視の「行動経済学者」

既刊の別冊書籍・ムック・増刊はこちら