日経ビジネス 別冊書籍・ムック・増刊のご紹介

ヤンキー社長

野地 秩嘉 著
四六判、240ページ
発行日:2015年9月7日
定価:本体1,400円+税
ISBN:978-4-8222-7920-2
発行:日経BP社
発売:日経BPマーケティング

紙の書籍

日経BP書店で購入する
amazon.co.jpで購入する

電子書籍

日経ストアで購入する

ヤンキー社長

不撓不屈で義理人情に厚くユーモアを忘れない
“非エリート”社長たちの「逆境上等」人生物語。
目の前にはいつも壁があった。壁に挑んで強くなった。
「叩き上げの突破力」こそ、学ぶべき最強の武器だ。

「ヤンキー社長」とは?
【1】有名大学卒の企業内優等生=「エリート社長」とは一線を画する。
【2】自身の経験からつかんだ「独自の価値観」を持って経営に取り組む。
【3】「業界の革新」や「地域の活性化」に力を発揮している。
 ――個性派で実力派の経営者たちである。

彼らは逆境にあっても、それに挑むことを糧とし、突破してきた。時に遠回りも厭わず、市場の常識に立ち向かい、筋を通して信頼をつかみ、成果を上げてきた――。 閉塞感を感じているビジネスパーソン、不安を抱える就活生に、勇気と、一歩踏み出すきっかけをお届けします。

本誌の紹介

【第1章】大手がひれ伏す郊外スーパー

福島屋 福島徹会長

最強の食品スーパー/御用聞き/食品スーパーへの道/
品揃えについて/作りたての時代/中堅企業のリーダーシップ

-------

【第2章】山奥の酒「獺祭」、世界で勝つ

旭酒造 桜井博志社長

ヤンキー社長は本音でしゃべる/造り酒屋の長男/
起業/獺祭伝説の誕生/撤退

-------

【第3章】「280円均一」譲らず上場

鳥貴族 大倉忠司社長

経営の神髄/最初は焼き鳥屋は嫌だった/
ドリンクを均一にしたかった/原理原則を決める/
ファミリー客も多い焼き鳥屋/真面目になった/決定は社長がやる

-------

【第4章】クラフトビールで市場に風穴

ヤッホーブルーイング 井手直行社長

仮装社長/元ダメ営業マン/ブーム崩壊/
素人の作文/カエル君を探せ/真似しない

-------

【第5章】イスラムの国に豚骨ラーメンを

博多一幸舎 入沢元社長

典型的ヤンキー社長/耳の聞こえない両親に育てられた/
しかし、勉強はせず/ラーメンブーム/迷い/友達/百人の自分を作る

-------

【第6章】おしぼり発の“非常識”人材サービス

スリーサイズ 宮﨑剛社長

三方よし/高校卒業後おしぼり屋へ/おしぼりでビジネスに目覚める/
水商売で学んだこと/スリーサイズ創業/人材サービスを科学する

-------

【第7章】ハイサワーの灯はご近所から

博水社 田中秀子社長

庶民の飲み物/ハイサワーの起源/博水社へ入社/大病と離婚/
ハイサワーを伸ばしたもの/田中秀子の挑戦/ヤンキー女社長の課題

-------

【第8章】ミャンマー日本工場、一番乗り

ハニーズ 江尻義久社長

優良企業/卒業してからもギャンブル/ギャンブルと手を切る/
企画、販売を始める/撤退は速く、考えを足して二で割らない

-------

【第9章】カードの常識、すべて変える

クレディセゾン 林野宏社長

律儀/石油もヘリも/巣立ち/変えること、変えないこと

-------

既刊の別冊書籍・ムック・増刊はこちら