講座内容講座内容のトップへ

マネジャーの必要な思考力テスト(該当する項目にしてください。)

  • つい“正解”を求めてしまう。
  • 情報がある程度揃っていないと結論が出せない。
  • 自分の会社や業界特有の思考のクセにとらわれ、これまでの延長の発想しかできない。
  • 想定外のことが起きやすい。
  • 「以前やった実績はあるのか?」「他社はどうしているのか?」と前例を気にする。
  • 上司や顧客に言われた通りにだけやる。
与えられた目の前の業務を粛々とこなすのではなく、今あることから新たな付加価値を作っていくことがマネジャーの役割の一つです。 しかし、上記のテストにがつく場合は、プレーヤーとしては優秀でも「マネジャーに必要な思考力」が不足している可能性があります。 この”思考力養成講座”では、マネジャーに必要な思考力の中から、特に不可欠な3つ「WHY型思考力」、「仮説思考力」、「フレームワーク思考力」にフォーカスし、2日間16時間の演習を交えた講義を通し習得を目指します。ぜひここに課題を感じているマネジャーの方、ご受講を検討ください。

  • 「WHY型思考力」
  • ~「考えること」によって表面に見えない物事の本質に迫る思考プロセス。
  • これにより、「今あるもの」や「目に見えるもの」から発想するのではなく、そもそもどういう理由で何をやらなければならないか、という目に見えない将来を見越した本質を考えることができる
  • 「仮説思考力」
  • ~今ある情報で結論を想定(仮説)し、情報の精度を上げながらその仮説を修正して、最終結論を出す思考プロセス。
  • これにより、手段からでなく目的から、できることからでなくやるべきことから考えることができるようになります。
  • 「フレームワーク思考力」
  • ~外枠をおさえ全体から考える思考プロセス。
  • これにより、対象とする課題の漏れやダブりをなくすとともに、全体を均等な視点でみることができ、思考のクセを排除して考えられるようになります。

著書「地頭力を鍛える」でわかりやすい思考法を解説した細谷功氏が、そのノウハウをビジネスパーソンのためにワークショップ化。ビジネス現場はもちろん、日常生活まで使うことのできる「思考の型」を演習を交えて伝授します。

プログラム

第1回 12月11日(火) 10:00-18:00

思考回路を起動させる癖をつける。フェルミ推定の演習を交えて、「結論から」「全体から」「単純に」考える、という「地頭力」について具体的に解説。また単なる思いつきでなく体系的、網羅的に広い視点からアイデアをまとめる方法としてフレームワーク思考を解説。ビジネス現場での具体的活用を意識した演習を行う。

  • 自ら考える力のベース「地頭力」の基本
  • 地頭力トレーニングのためのフェルミ推定
  • 限られた情報から最善の解を導くための仮説思考の基本
  • 課題を網羅的に整理するためのフレームワーク思考の基本と演習
  • 懇親会
    「思考力」養成講座の講師 細谷氏を囲んでコーヒーと軽食での懇親会を開催
第2回 12月18日(火) 10:00-18:00

ビジネス現場における「考え抜く」ための思考法として「Why型思考」の基本を演習を交え解説。思考停止の「What型思考」との比較によって、考えることによって行動を変えるためのヒントを提供する。

  • 本質を見極め、真の課題を追求するためのWhy型思考の基本
  • Why型思考を実践するための演習
  • 全体まとめと今後の定着化への施策

講師

細谷 功

クニエ マネージングディレクター/ビジネスコンサルタント

講師プロフィール

開催概要

講座名 課長のための「思考力」養成講座
~マネジャーに不可欠な3つの思考力を体得する~
日時 12月11日(火)
12月18日(火)
全2回
10:00~18:00
会場 秋葉原UDXカンファレンス
東京都千代田区外神田4-14-1 6F
UDXカンファレンス

●アクセス
JR「秋葉原駅」徒歩2分/東京メトロ銀座線「末広町駅」徒歩3分/東京メトロ日比谷線「秋葉原駅」徒歩4分/つくばエクスプレス「秋葉原駅」徒歩3分

定員 30名

※最少開催人員:8名

※申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただく場合があります。また、やむを得ずプログラム等が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

受講料 ¥150,000(税込)昼食付き
購読付
の案内

※本セミナーは「日経ビジネスDigital版セット」3年間の購読付となります。

※現在、雑誌「日経ビジネス」をご購読中の方にも「日経ビジネスDigital版セット」3年間の購読付となります。

※既に、「日経ビジネスDigital版セット」をご購読中の方は「日経ビジネスDigital版セット」3年間の延長となります。

※現在、「日経ビジネスDigital単独版」をご購読いただいている方は、「日経ビジネスDigital単独版」3年間の延長となります。

 

主催 日経ビジネスオンライン 課長塾

ページトップへ