「少子高齢化」をビジネスチャンスに変える エイジング・エキスパート養成講座

お申し込み受付は終了いたしました

2014.09.01 【お知らせ】お申込み受付開始いたしました。

「エイジングエキスパート養成講座」とは

世界に類を見ないスピードで少子高齢化の進む日本市場。5年後、10年後のシニアマーケットを切り拓く新商品、新サービスを創造するための知識とスキルを学びます。

2013年、日本の65歳以上の高齢者(老年人口)の割合は初めて25%を超えました。2025年には30.3%、つまり約3人に1人が65歳以上の高齢者になると推計されています。国内市場の先細りを見越して、日本企業は大手を中心にグローバル化を急いでいますが、取り扱う製品やサービスによっては海外展開が難しいものもあり、あくまで日本市場を“戦場”として、生き残りを図らなければならない企業も少なくありません。また、拡大するシニア市場を狙ってシニアビジネスに新規参入を図る企業も目立ちますが、成功している事例は決して多くはないようです。急激に少子高齢化する日本市場に対して、あなたの会社は有効な対策を立てているでしょうか?

本講座は日経BP社課長塾と「少子高齢化する日本市場の企業の対応」をテーマにフォーラム「アジアン・エイジング・サミット」を企画・実施している日経メディカル開発が共同で企画。人口減少、高齢化が進む日本市場で、新規事業や新商品・新サービスの開発などに取り組むリーダー層を対象に、様々な統計・分析データを知識として押さえたうえで、人口減少や少子高齢化をビジネスチャンスに変える創造力、企画力、実行力を身につけられるように設計いたしました。シニアビジネスはもとより、子供や若者などをメインターゲットにしている商品やサービスを、少子高齢化する市場に合わせて“変革”させていく手法まで踏み込んで学ぶことができます。ぜひ、貴社の未来を担う人材の育成、教育の場としてご活用ください。

日本の高齢化の推移

  • こんな方にオススメします!
  • 会社からの指示でシニアビジネスへの取り組みを検討しているものの、どこから手を付ければいいか分からず、困っている方
  • すでにシニアビジネスへ取り組んでいるが、なかなか結果が出ず、次の展開を模索している方
  • 自社の製品・サービスを、シニアマーケットにも受け入れられるようにする改良やマーケティングに課題を持っている方
  • 取り扱っている商品・サービスの性格上海外進出が難しく、日本市場のさらなる開拓を求められている方
  • 中長期の経営戦略の立案・構築や新規事業の開発・立案を担当している方

※全プログラムの受講により効果が上がるように設計した講座です。全6回とも必ず同じ受講者がご受講ください。

講座内容

第1回 2014年11月18日(火) 10:00−17:00
    「超高齢社会を多角的な視点から分析する」

超高齢社会とは一体どんな社会なのか。高齢者を中心とした消費者のライフスタイルはどのように変化するのか。企業のあり方や立ち位置はどのようになるのか。エイジング分野の専門家による講演とともに、まずは多角的な視点から超高齢社会を捉え、将来やってくるリアルな社会課題を洗い出し、超高齢化社会への理解を深めます。
10:00
|
11:00
「エイジング・エキスパート養成講座」 開塾式
開塾式/オリエンテーション
11:00
|
13:00

「基調講演1」
超高齢社会の到来で、日本の医療や社会はどう変化するか?

鈴木 隆雄

講  師

鈴木 隆雄

国立長寿医療研究センター研究所長

講  師プロフィール

14:00
|
15:00

「基調講演2」
超高齢社会の到来で、日本経済はどうなるか?

村上 清明

講  師

村上 清明

三菱総合研究所 研究理事

講  師プロフィール

15:00
|
17:00
【ワークショップ】

今日の講義で学んだ事を振り返り、チームで共有し、議論。受講者それぞれが自分のビジネスでどのように生かせるかを発表し合う。

第2回 2014年11月25日(火) 10:00−18:00
    「超高齢社会の企業活動を左右するポジティブ制約を考える」

10:00
|
17:50

シニアマーケットで商品やサービスを企画・開発する場合、高齢者の現在のニーズを探ってそこから考えるのが一般的です。しかし、そうした手法には限界があるのも事実です。第2回は、少子高齢化を始めとする未来の制約条件から消費者のライフスタイルの変化を予測することで、新商品や新サービスを開発する手法「バックキャスト思考」を提唱する東北大学名誉教授の石田秀輝氏が、超高齢化社会で企業が勝ち残るための「ポジティブ制約」というビジネスメソッドの活用方法を伝授します。

講座概要
  • 将来の環境制約の分析の仕方
  • 将来の身体的制約の分析の仕方
  • 環境制約から商品・サービスを開発する手法
  • 未来の消費者のライフスタイルを描き、超高齢者社会のビジネスシーズを明らかにする手法
  • ポジティブな制約から新規事業を創出する

石田 秀輝

講  師

石田 秀輝

東北大学名誉教授 地球村研究室代表社員

講  師プロフィール

第3回 2014年12月2日(火) 10:00−18:00
    「超高齢社会のニーズを探る」

10:00
|
12:00

【講演】
日本の少子高齢化、ピンチをチャンスに変えるには?

松田 智生

講  師

松田 智生

三菱総合研究所 主席研究員

講  師プロフィール

13:00
|
18:00

【ワークショップ】
超高齢社会のニーズの捉え方

超高齢社会では、高齢者のニーズだけでなく、高齢者を取り巻く周囲の環境にも大きな市場が眠っています。そういった高齢者や周囲の消費者の生活全体を観察し、普段見過ごしている彼らの不便やニーズを発見し、ビジネスに活用していく方法論を学びます。

講座概要
  • 障害者などの具体的な行動観察方法(フィールドワーク)
  • 消費者の不便からニーズを探るマーケティング手法
  • 売れる商品や売れるサービスへの落とし込み
  • 高齢者に使いやすいホームページ、使いにくいホームページとは

井坂 智博

ワークショップ指導・ファシリテーター

井坂 智博

インクルーシブデザイン・ソリューションズ
代表取締役社長

講  師プロフィール

第4回 2014年12月9日(火) 10:00−18:00
    「超高齢社会で持続可能なビジネスを産み出す」

10:00
|
12:00

【企業事例】
JR東日本が描く、少子高齢化時代の“やさしい”駅

坂本 圭司

講  師

坂本 圭司

JR東日本(東日本旅客鉄道)研究開発センター
フロンティアサービス研究所 上席研究員

13:00
|
18:00

【ワークショップ】
超高齢社会でいかにビジネスチャンスを見つけるか

午前の企業事例を参考に、高齢者の生活の不便やニーズを分析し、それを商品開発につなげる手法を学びながら、実際に超高齢化社会で“売れる”ビジネスを構築していきます。

講座概要
  • 消費者の制約から問題を定義、抽象的な社会課題から儲かるビジネスを見つけ出す
  • 超高齢化社会で売れる新規事業のスタート地点の探し方
  • 他社が真似のできないビジネスのシーズ作りの肝
  • 社内の効率的な仕組みをどう構築するか

井坂 智博

ワークショップ指導・ファシリテーター

井坂 智博

インクルーシブデザイン・ソリューションズ
代表取締役社長

講  師プロフィール

第5回 2014年12月16日(火) 10:00−18:00
    「超高齢社会の顧客価値を創造する」

10:00
|
12:00

【企業事例】
超高齢社会へどう対応するか? 花王の取り組み

横須賀 道夫

講  師

横須賀 道夫

花王株式会社 アクティブシニア事業センター
マネージャー

講  師プロフィール

13:00
|
18:00

【ワークショップ】
超高齢社会で“売れる”ビジネスモデルを構築する手法

午前の企業事例の講演を参考に、超高齢化社会で暮らす消費者(顧客)に喜ばれる、役に立つ価値を創造し、“売れる”ビジネスモデルを考えていきます。「高齢者と企業とのコミュニケーション」をテーマに、実際にどうやって売っていけばいいのか、また、売ったあとのフォローをどうすればいいのかをワークショップから見出します。チームごとに議論を重ね、最後にはクラス全体で50以上の事業の種(解)を出し合うことを目指します。

井坂 智博

ワークショップ指導・ファシリテーター

井坂 智博

インクルーシブデザイン・ソリューションズ
代表取締役社長

講  師プロフィール

インターバル・ワーク

第5回の講座終了後、第6回の講座が開かれるまでの約1カ月間、チームごとに超高齢化社会に対応した新規事業について、第6回で発表できるように取りまとめてもらいます
  • インターバル・ワークで行うこと
  • これまでのフィールドワークから衣食住を含む社会課題を設定する
  • 社会課題から問題定義(問題の本質と解決に向けたゴールイメージ)を導き出す
  • 解決に向けたアイデアをチームで出し合い、ビジュアルや絵で表現する
  • アイデアを統合し、ビジネスモデルを作る
  • 第6回で発表してもらうビジネスのCMを作成する

第6回 2015年1月20日(火) 10:00−20:30
    「超高齢社会で“売れる”新規事業を発表し合い、完成させる」

10:00
|
18:00

第1回から第5回で身につけた様々なスキルをフル活用して、超高齢社会で“売れる”新規事業をチームごとに提案します。オブザーバーとして、東北大学名誉教授の石田秀輝氏や大手企業の新規事業開発者、ビジネスコンサルタントなどを招き、彼らから受講生が構築した新規事業について具体的な評価をいただきます。それを受け、チームごとに、自分たちの構築したビジネスの強み・弱みを明確にして、最終的にビジネスモデルを完成させます。

井坂 智博

ワークショップ指導・ファシリテーター

井坂 智博

インクルーシブデザイン・ソリューションズ
代表取締役社長

講  師プロフィール

石田 秀輝

オブザーバー・評価者

石田 秀輝

東北大学名誉教授 地球村研究室代表社員

講  師プロフィール





他、大手企業の新規事業担当者、
ビジネスコンサルタントなど

18:00
|
20:30
「エイジング・エキスパート養成講座」修了式・懇親会

プログラムは予定です。内容は一部変更する場合がございます。ご了承ください。

開催概要

講座名 エイジング・エキスパート養成講座
講座
回数
全6回
日時 [1]2014年11月18日(火)
…10:00〜17:00
[2]11月25日(火)
…10:00〜18:00
[3]12月2日(火)
…10:00〜18:00
[4]12月9日(火)
…10:00〜18:00
[5]12月16日(火)
…10:00〜18:00
[6]2015年1月20日(火)
…10:00〜18:00
■修了式・懇親会
…18:00〜20:30
会場 ソラシティカンファレンスセンター
千代田区神田駿河台4-6
(千代田線 新御茶ノ水駅 直結/JR中央線 御茶ノ水駅 徒歩1分)
定員 30名 ●最少開催人員:12名
※参加申込人数が最小開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。また、やむを得ず講師等が変更になる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
●1件のお申込につき、1名の受講者に限ります。
受講料 ¥339,500 ※昼食付
主催 日経BP社
課長塾/日経メディカル開発

セミナーに関するご質問・お問い合せはこちら お問い合せフォーム

お申し込み

お申し込み受付は終了いたしました