Tech-on!・日経ビジネスオンライン共催/スペシャリストをマネジャーにする エンジニア版課長塾 第2期/2013年4月〜6月(全6回)・東京開催

講師 第1回 牧本 次生氏(半導体産業人協会(SSIS)理事長)/中竹 竜二氏(日本ラグビーフットボール協会) 第2回 三谷 宏治氏(K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院) 第3回 鳥原 隆志氏(インバスケット研究所) 第4回 田代 敏也氏(システム科学) 第5回 酒井 利浩氏(NLPフィールド) 第6回 上村 光典氏(エンパワーリング)

「エンジニア版 課長塾」とは

技術一辺倒でキャリアを形成してきたエンジニアが“慣れない”マネジメントに前向きに取り組むための集中講座

マネジャーになればエンジニア出身といえどもマネジメント能力がいやおうなしに求められます。これまで技術一辺倒でキャリアを形成してきたエンジニアにとって、マネジメントは「違う仕事」と言っても過言ではありません。

マネジメントに必要なスキルは「コミュニケーション」や「意思決定力」「判断力」などが代表的ですが、エンジニアが“慣れている”とは言い難いのが現実です。これらに加え、他の専門技術部門との調整や部門内の効率化などもエンジニアのマネジャーには要求されます。

最初からマネジメント能力が備わった“スーパー”エンジニアは極めてまれで、OJTや研修を通じてその資質を体得していくケースがほとんどです。本講座では、エンジニア出身の新任マネジャーが身に着けるべきスキルを、わかりやすく噛み砕いて伝授し、さらに技術者のチームマネジメントに特有なスキルも加えて体系的に学んでいただくカリキュラムです。

本講座を活用いただき、“慣れない”マネジメントに前向きに取り組んでいただけることを願っています。

「エンジニア版 課長塾」の受講で期待される効果 ・新任マネジャーとして、部下をまとめ、上司と調整するスキルを身につけてくる ・何を伝えたいかを整理することで話の説得力が増し、部下に的確な指示を出せるようになる ・情報収集能力を高め、得られた情報からマネジャーとして優先順位をつけて判断できるようになる ・業務のムダを察知し、どう変えれば効率的に仕事を進められるかが分かるようになる ・自分自身の生活・精神バランスを取ることで部下を適切に指導できるようになる ・マネジャー自身の「本気力」を高め、部下をやる気にする力を引き出せるようになる など

※全プログラムの受講により効果が上がるように設計した講座です。
 全6回とも必ず同じ受講者がご出席ください。

特長

「聴いて終わり」では意味は全くない。
「学ぶ、振り返る、実践する、共有する」のが課長塾。
だから短期間で即戦力が身に付く。

  • 質の高い講座を実現するため、少人数制、参加型のワークショップ形式。日経BP社が厳選した超一流の講師陣から学びます。
  • 毎回講座の終わりには、その日に学んだことを振り返り、次回までに職場で実践することを宣言。クラスメイトと共有します。
  • 学んだことを現場で実践することも授業のうち。次の講座までの期間は「学びの実践」と「課題発見」の大事な時間です。
  • 2回目以降は「実践報告」から授業がスタート。前回の学びを職場で実践しどんな結果が得られたかなど、クラスメイトと共有します。

ワークショップ中心の授業

ワークショップ中心の授業
"実践で使えること"を重視する課長塾総合講座では受身の座学ではなく、参加型のワークショップ形式が中心。
「ワークが多くより実践的で理解が深まりました」「すぐに行動に移せるセミナーで期待以上のものでした」
(「課長塾」第2期修了生の感想より)

参加者同士の交流も良い刺激に

参加者同士の交流も良い刺激に
普段なかなか出会う機会のない異業種の課長と交流できることも『課長塾』の魅力。
「同じような立場の受講生と意見交換をできたことはとても有意義でした」「異業種の課長の方々とのリレーションは今後の財産になると感じました」
(「課長塾」第3期修了生の感想より)

課長に必要な項目を総合的に鍛える

課長に必要な項目を総合的に鍛える
どこでも学べなかった、ミドルマネジャーに必須の力を第一人者からバランスよく学ぶ。「管理職の役割を認識することができました」「1回で終了ではなく3ヶ月継続して参加したことで意識や思考が変わった」
(「課長塾」第4期生修了生の感想より)

講師との距離が近い少人数制

講師との距離が近い少人数制
質の高い授業を保つため定員は30名限定。「講師に納得いくまで質問出来るのが良かった」「改めて目からうろこの部分が多く参加して大変良かった。ぜひ自社の部下にも勧めたい」
(「課長塾」第3期修了生の感想より)
PDFをダウンロード

講座内容

第1回 4月10日(水)9:30-18:00

9:30
|
10:30
オリエンテーション
10:30
|
12:00

基調講演
「グローバル時代を生き抜くマネジャーになるために」
〜新時代のマネジャーに求められるものは何か〜

講座内容詳細

日本企業のものづくりの現場を支えるエンジニアのマネジャーは、これまで以上に何が優先事項かを瞬時に判断し、正しい情報を集めて決断を行い、その決断に基づいた的確な指示のもとチームで成果を上げることが求められます。同時に、次代を担う若手を育成することも重要な役割となっています。「ミスター半導体」の異名を取る牧本次生氏が日本の半導体産業のリーダーとして日立製作所やソニーの現場を率いてきた自身の経験をベースに、エンジニアを生き生きと活躍させるために、マネジャーに何が必要かを伝えます。

講師

牧本 次生

半導体産業人協会(SSIS) 理事長

講師プロフィール

13:00
|
17:50

自分から動くチームを作る
〜リーダーシップとフォロワーシップ〜

講座内容詳細

リーダーは組織の前に立ってチームを引っ張るだけでなく、部下の後ろに立ってチームを支えることもあります。前者が「リーダーシップ」、後者が「フォロワーシップ」です。結果を出すリーダーは、この両者のバランスをうまく取りながら、組織をゴールへ導きます。

本講座では、この両者を「マネジメント」と「人材育成」の2つの切り口からリーダーの役割を見ていきます。一体感がない、チームワークがない、協力連携の意識が希薄。そんな組織をマネジメントする際のポイントを学びます。また、褒めては調子に乗り、叱ってはクサる…。そんな部下指導に必要なマインドセットとスキルもお伝えします。

講師

中竹 竜二

日本ラグビーフットボール協会

講師プロフィール

17:50
|
18:00
「振り返り」
講義で学んだ事を振り返り・共有
講義で学んだ内容の何を職場で実践するかをメンバーに宣言

第2回 4月24日(水)10:00-18:00

10:00
|
10:10
「実践報告」
職場での実践した内容を報告・共有
10:10
|
17:50

リーダーに必要な
「決める力」「伝える力」「ほめる力」
〜『重要思考』に基づいた3つのスキルを身につける〜

講座内容詳細

組織に求められるのは、変化への素早い対応力と、新しい領域での突破力です。ゆえにチームには、なんらかの方向性を見つけ出し、それを素早く意思決定し、実行へと移す“自律性”や“自走力”が求めらます。そのためにリーダー必要なのは「決める力」「伝える力」「ほめる力」です。

「決める力」は、感情を大切にしながらも、時間や情報が限られた中で、効率よくかつ戦略的な意思決定を個人やチームレベルで行うための必須スキル。「伝える力」「ほめる力」も、チームに対して発信する上で不可欠なスキルです。これらのスキルは、本当に大事なものを明らかにし、それに集中するための根本的な思考法『重要思考』をベースにしています。本講座では演習を通して『重要思考』を習得しつつ、「決める力」「伝える力」「ほめる力」を伸ばします。

講師

三谷 宏治

K.I.T虎ノ門大学院

講師プロフィール

17:50
|
18:00
「振り返り」
講義で学んだ事を振り返り・共有
講義で学んだ内容の何を職場で実践するかをメンバーに宣言

第3回 5月8日(水)10:00-18:00

10:00
|
10:10
「実践報告」
職場での実践した内容を報告・共有
10:10
|
17:50

優先順位設定と判断力を鍛える
〜“インバスケット”でわかる自身の処理能力の課題〜

講座内容詳細

1950年代に米国空軍で生まれた「インバスケット」は、制限時間内に架空の人物になりきり、多くの未処理案件の処理を行うビジネスゲームです。近年、多くの大手企業の管理職昇進・昇格試験で活用されています。本講座では、受講者に実際のインバスケット問題に取り組んでいただき、その結果から案件処理の優先度の付け方・正しい判断方法や案件処理方法を学びます。マネジャーが日常業務を回していく上での課題を明らかにし、同対処すべきかが学べる講座です。

講座概要

■インバスケット試験
60分間のインバスケット試験

■グループワーク
インバスケット試験での自身の回答の優先順位設定や案件処理の根拠についてディスカッション。

■インバスケット講義
・優先順位設定・判断の考え方
・日々の業務の棚卸し

講師

鳥原 隆志

インバスケット研究所

講師プロフィール

17:50
|
18:00
「振り返り」
講義で学んだ事を振り返り・共有
講義で学んだ内容の何を職場で実践するかをメンバーに宣言

第4回 5月22日(水)10:00-18:00

10:00
|
10:10
「実践報告」
職場での実践した内容を報告・共有
10:10
|
17:50

部課レベルでもできる業務の“ムダ取り”
〜業務を可視化(見える化)してチーム力を上げる〜

講座内容詳細

可視経営協会理事の石橋博史氏(システム科学)が開発・特許を取得した業務可視化ツール「HIT法」。この講座では、自分の業務や部下の業務を簡単に「見える化」する方法を学び、これまで属人的であったり、経験・感覚に基づいていた業務を誰もが見てわかる状態にまとめることができます。毎日の業務の中で、なんとなく気持ち悪く感じていた業務の“ムダ”。この講座で業務を見える化できるようになり、あなたの身近な部課から「業務改革」していきましょう。

講座概要

■業務を可視化する「HIT法」の基本をマスター
現在の自分の業務を理解する

■職場での実践を振り返る
ケーススタディによる効率化実践

■部下へのHIT法指導を実施
『業務管理点マニュアル』作成

講師

田代 敏也

システム科学

講師プロフィール

17:50
|
18:00
「振り返り」
講義で学んだ事を振り返り・共有
講義で学んだ内容の何を職場で実践するかをメンバーに宣言

第5回 6月5日(水)10:00-18:00

10:00
|
10:10
「実践報告」
職場での実践した内容を報告・共有
10:10
|
17:50

メンバーと信頼関係を構築するための原理
〜ぶれない自分になる“自律支援力”の高め方〜

講座内容詳細

職場のトラブルの多くは人間関係が原因と言われています。お互いが完全に理解し、調和し続けることは困難です。しかし、チームメンバーや上司とのよい関係を作ることが職場の生産性や効率を上げ、ひいては自らのキャリアを高めていくことは自明です。

この講座では、「なぜ周りの人との関係にトラブルが生まれやすいのか」の原理となる、人間の持つ思い込みなどの「認識のずれ」や「自己防衛本能」を学びます。その上で、リーダーとして必要なメンバーとの関係を構築していく「感情をコントロールする」しくみを、『NLP』という“自律支援力”を高める方法を元に、いろいろな演習を交えながら習得していきます。

講師

酒井 利浩

NLPフィールド

講師プロフィール

17:50
|
18:00
「振り返り」
講義で学んだ事を振り返り・共有
講義で学んだ内容の何を職場で実践するかをメンバーに宣言

第6回 6月19日(水)10:00-18:00

10:00
|
10:10
「実践報告」
職場での実践した内容を報告・共有
10:10
|
17:50

部下を本気にする力
〜“エンパワーリング”により最強の上司力をつける〜

講座内容詳細

人や組織がやる気を出すかどうかは、マネジャーが、“部下をやる気にする力”を持っているか、“やる気を奪う力”を持っているか、に大きく依存します。“部下をやる気にする力”の一番の要因はマネジャーの「本気力」です。部下やチームは、マネジャーの「やり方」に従うのではありません。マネジャーが「本気」であるという日々の「あり方」に従うのです。本講座で、マネジャー自身の「本気力」を高める具体的な切り口や手法を学ぶことで、部下のやる気を高めるために何をすればいいかがわかります。

講座概要

■エンパワーリングとは?
・エンパワーリングが求められる時代背景を理解する
・エンパワーリングとこれまでの手法との違い

■対「自分」本気力
・対「自分」本気力を構成する4要素
・この思考法が、自分とメンバーをダメにする ほか

■対「仕事」本気力
・対「仕事」本気力を構成する4要素
・「意味づけ」がないと、人の心に火はつかない ほか

講師

上村 光典

エンパワーリング

講師プロフィール

17:50
|
18:00
「振り返り」
講義で学んだ事を振り返り・共有
講義で学んだ内容の何を職場で実践するかをメンバーに宣言
18:00
|
20:30

「エンジニア版 課長塾®」第2期 修了式
修了式終了後、懇親会

※プログラムは予定です。内容は一部変更する場合がございます。ご了承ください。

開催概要

セミナー名:
スペシャリストをマネジャーにする
エンジニア版 課長塾® 第2期
講座回数:全6回
日時

2013年
4/10(水)… 9:30〜18:00
4/24(水)…10:00〜18:00
5/ 8(水)…10:00〜18:00
5/22(水)…10:00〜18:00
6/ 5(水)…10:00〜18:00
6/19(水)…10:00〜18:00
最終日は修了式・懇親会があります。

会場 秋葉原UDXカンファレンス
東京都千代田区外神田4-14-1 6F
UDXカンファレンス

※第1回 4/10(水)のみ、
UDXギャラリーNEXT-1です。
対象 製造業における
技術部門(エンジニア)の
新任課長・管理職候補の方
定員 30名

●1件のお申込につき、
 1名の受講者に限ります。

●最小開催人員:16名
※参加申込人数が最小開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。また、やむを得ず講師等が変更になる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

受講料 330,000円(税込み)
※全6回昼食付
共催 日経BP社
・Tech-On!
・日経ビジネスオンライン
 課長塾®

セミナーに関するご質問・お問い合せは、お問い合せフォームからお願いします

▲ページトップへ