課長塾

  • 満席が予想される講座です。早めのお申し込みをおすすめします。

「エンジニア版課長塾」とは

技術一辺倒できた新任エンジニア・マネジャーが
“慣れない”マネジメントに前向きに取り組むための集中講座

マネジャーになればエンジニア出身といえどもマネジメント能力がいやおうなしに求められます。これまで技術一辺倒でキャリアを形成してきたエンジニアにとって、マネジメントは「違う仕事」と言っても過言ではありません。

マネジメントの「ヒト」「モノ」「カネ」の3要素のうち、エンジニアが“慣れておらず、苦手意識を持っている”のは「ヒトの扱い方、動かし方であること」は否定できません。と同時に、イノベーションをかけ続け、新たな価値を生み出していくことが、エンジニアに対する会社の最も大きな期待でしょう。その本質を、個人としてはもちろん、組織作りという意味でも、考え抜く必要があります。

「エンジニア版 課長塾」は、ピープルマネジメントと、イノベーションのかけ方の2点を重点的に強化するプログラムです。

最初からマネジメント能力が備わった“スーパー”エンジニアは極めてまれで、OJTや研修を通じてその資質を体得していくケースがほとんどです。本講座では、エンジニア出身の新任マネジャーが身に着けるべきスキルを、わかりやすく噛み砕いて伝授し、さらに技術者のチームマネジメントに特有なスキルも加えて体系的に学んでいただくカリキュラムです。

またエンジニアとして、リーダーとして、価値・本質を探りだし、徹底して考え抜き、議論・追及していただきます。

本講座を活用いただき、“リーダーとして”マネジメントに前向きに取り組んでいただけることを願っています。

  • 「エンジニア版 課長塾」の受講で期待される効果
  • 新任マネジャーとして、部下をまとめ、上司と調整するスキルを身につけてくる
  • 何を伝えたいかを整理することで話の説得力が増し、部下に的確な指示を出せるようになる
  • 情報収集能力を高め、得られた情報からマネジャーとして優先順位をつけて判断できるようになる
  • 経営戦略・戦術の翻訳能力を高め、組織マネジメントの実効性が高まる
  • 自分自身の生活・精神バランスを取ることで部下を適切に指導できるようになる
  • マネジャー自身の「本気力」を高め、部下をやる気にする力を引き出せるようになる
  • ......など

※全プログラムの受講により効果が上がるように設計した講座です。全6回とも必ず同じ受講者がご受講ください。

【特長】

「聴いて終わり」では意味は全くない。
「学ぶ、振り返る、実践する、共有する」のが課長塾。
だから短期間で即戦力が身に付く。

  • ワークショップ中心の授業
    ワークショップ中心の授業
    "実践で使えること"を重視する課長塾総合講座では受身の座学ではなく、参加型のワークショップ形式が中心。
    「ワークが多くより実践的で理解が深まりました」「すぐに行動に移せるセミナーで期待以上のものでした」
    (第2期修了生の感想より)
  • 参加者同士の交流も良い刺激に
    参加者同士の交流も良い刺激に
    普段なかなか出会う機会のない異業種の課長と交流できることも『課長塾』の魅力。
    「同じような立場の受講生と意見交換をできたことはとても有意義でした」「異業種の課長の方々とのリレーションは今後の財産になると感じました」
    (第3期修了生の感想より)
  • 課長に必要な項目を総合的に鍛える
    課長に必要な項目を
    総合的に鍛える
    どこでも学べなかった、ミドルマネジャーに必須の力を第一人者からバランスよく学ぶ。「管理職の役割を認識することができました」「1回で終了ではなく3ヵ月継続して参加したことで意識や思考が変わった」
    (第4期生修了生の感想より)
  • 講師との距離が近い少人数制
    講師との距離が近い少人数制
    質の高い授業を保つため定員は36名限定。「講師に納得いくまで質問出来るのが良かった」「改めて目からうろこの部分が多く参加して大変良かった。ぜひ自社の部下にも勧めたい」
    (第3期修了生の感想より)

講座内容&講師紹介


1
10:00 「課長塾」 開塾式
開塾式/オリエンテーション
11:00
11:00 コミュニケーショントレーニング
(毎回の振り返り及び第5日講座の前提となる
話し方・聴き方・質問による相手の考えの引き出し方)
12:30
13:30 水野 和敏 水野 和敏

[基調講演]
エンジニアとは何か 
~発想からトップブランドの構築まで~

【 講  師 】

水野 和敏 現・華創日本株式会社&台湾 HAITEC社上級副社長
元・日産自動車株式会社 NISSAN GT-Rプロジェクト&開発責任者

講座内容詳細

エンジニアの本質、リーダーの本質とは何か。
限られた資源(ヒト、モノ、カネ)の中で目的を達成するためには、本質を見極める必要があります。
そのうえでリーダーは、いかに具体的な目標、ビジョンを示せるか。そして、失敗を失敗で終わらせず、結果を出さなければなりません。
水野氏は、初代プリメーラなど自動車の設計者として活躍していましたが、あるとき、撤退寸前の自動車レースの監督へ異動を命じられました。
全く知りもしないレースの世界で、50億~100億円かけていた予算を10億円プラスアルファに減らしながら、人(前任者、他のチーム)の真似をせずに、勝つチームをつくりあげました。
さらに、日産リバイバルプランの最中に、社長直轄のプロジェクトとして担当した日産GT-Rの開発でも、期間3年、スタッフ50人という従来の半分の時間、ヒトで世界最高性能のスーパーカーを開発し、世界のトップブランドに育て上げました。
本講演では、水野氏との対話を通じて、リーダーとしての本質、エンジニアとしての本質、仕事とは何かを考えながら、リーダーのあり方を明確にします。


【 講師プロフィール 】

水野 和敏

現・華創日本株式会社&台湾
  HAITEC社上級副社長
元・日産自動車株式会社
  NISSAN GT-Rプロジェクト&開発責任者

1952年1月長野県生まれ。72年日産自動車に入社、P10プリメーラパッケージやスカイラインGT-R(R32型)の新規パッケージの提案と開発などに従事。
89年にスモに出向しレーシングチームの監督兼チーフデザイナーに就任。
国内耐久選手権3年連続チャンピオンおよび92年デイトナ24時間レース総合優勝獲得(92年は参戦全レース全勝)。
93年に日産自動車へ復職し、FMパッケージ「スカイライン(V35型)、フェアレディZ(Z33型)」、PMパッケージ「日産GT-R(R35型)」など、乗用車系・スポーツ系車種を中心に開発責任者として活動。
とくに、ヨーロッパの王室をも虜にした世界に誇る日本のスーパーカー日産GT-Rにおいては、カルロス・ゴーンCEO直轄のもと「ミスター・GT-R」として企画・開発・生産・営業・収益・品質・新規販売網展開等プロジェクトにかかわるすべての統括責任業務を遂行するなど辣腕をふるい、カリスマ性を発揮した
現在、台湾の華創車電(HAITEC)社の車両開発担当副社長、華創日本株式会社(HAITEC Japan)社代表取締役COO
[おもな著書]
『プロジェクトGT-R』双葉社 2009年/新書版 双葉社 2013年
『非常識な本質』フォレスト出版 2013年
『バカになれ!』文芸春秋 2014年
『匠のこころ〈その先〉の価値を創るリーダーの思考』すばる舎 2015年

17:30
17:30 「振り返り」
講義で学んだ事を振り返り・共有
講義で学んだ内容をどのように職場で実践するかをメンバーに宣言
18:00

2
10:00 「実践報告」
職場で実践した内容を報告・共有
10:10
10:10 丸山 広大 丸山 広大

優先順位設定と判断力を鍛える [判断力]
~“インバスケット”でわかる自身の処理能力の課題~

【 講  師 】

丸山 広大 インバスケット研究所

講座内容詳細

部下からの相談、会議への招集、顧客からのクレーム、上司からの呼び出し・・・
ビジネスの現場では常に複数の案件が同時進行しています。目の前の案件を順番に処理していたら、いつの間にか他の案件がトラブルになってしまった…、締め切りに終われ、時間に余裕がない・・・、といった方も多いはずです。そうしたマネジャーの日常においては、複数の案件を円滑に進めるためには、的確な優先順位設定、素早い状況判断や意思決定が不可欠です。
1950年代に米国空軍で生まれた「インバスケット」は、制限時間内に架空の人物になりきり、多くの未処理案件の処理を行うビジネスゲームです。近年、多くの大手企業の管理職昇進・昇格試験で活用されています。本講座では、受講者に実際のインバスケット問題に取り組んでいただき、その結果から案件処理の優先度の付け方・正しい判断方法や案件処理方法を学びます。


【 講師プロフィール 】



丸山 広大

インバスケット研究所



大学院修了後、進学塾講師、そして医療機関での人事教育業務を経て、 インバスケット研究所に入社。現在は同社の中核であるコンテンツの開発や採点を担う グループのマネジメントを行い、数多くのインバスケットの研究に日々取り組んでいる。 なお、採点においては、これまでに約10,000名以上の行動の分析に携わっている。

インバスケット講師としては、大手企業を中心に、学校法人や官公庁などで 登壇した実績を有し、年間総受講者数は1,400名以上、研修の受講者満足度は 96%を誇っている。

17:50
17:50 「振り返り」
講義で学んだ事を振り返り・共有
講義で学んだ内容をどのように職場で実践するかをメンバーに宣言
18:00
講義後 懇親会(有志)

3
10:00 「実践報告」
職場で実践した内容を報告・共有
10:10
10:10 井坂 智博 井坂 智博

視野を広げる「デザイン思考」
~既成概念を打ち破り新たなビジネスを創造する~

【 講  師 】

井坂 智博 インクルーシブデザイン・ソリューションズ

講座内容詳細

商品の軽薄短小化や高性能化だけでは、今のユーザーは魅力を感じなくなっています。ユーザーの意見を調査して新たな商品を開発していては、現状の延長線上にある商品しか開発されません。求められるのは、ユーザーの行動をありのままに観察することにより、ユーザー自身も気づいていない潜在的なニーズを探し、それを満たす商品を創り出すことです。
デザイン思考は、シリコンバレーのデザインファームであるIDEO社の手法を方法論化したもので、優れたデザイナーの創造性をあらゆるビジネスシーンで発揮するためのもの。創造的で具体的なアイディアをスピード感を持って生み出すことができる思考法です。実際にリードユーザー(障がい者)へのインタビューや行動観察をすることで、これまで気づかなかった新たなニーズを探り出し、それらを実際に事業化するプロセスを体験します。

講座概要

インクルーシブデザインとは

観察・質問(フィールドワーク)

問題定義

アイディア会議

プロトタイプ作成

寸劇発表


【 講師プロフィール 】

井坂智博

株式会社インクルーシブデザイン・ソリューションズ 代表取締役社長
名古屋商科大学ビジネススクール客員教授

延べ12年間リクルートグループに在籍。求人広告の営業、新規事業開発、営業業務の標準化や組織コンサルを経て独立。
1997年㈱くらしネットを設立、日本発のWebマーケティング事業を手掛ける。
マーケッターの会員数は65,000人と当時国内最大。2000年NPO法人国連支援交流協会国際社会教育支援支部長に就任。国際的な人材育成の観点や災害時の復興ボランティアなどの組織を運営。2004年からディップ㈱の執行役員営業企画本部長として4年間活動。入社当時、170名40億円規模の事業を4年で従業員800名売上100億円規模まで拡大。2012年から現職。名古屋商科大学大学院戦略経営研究所研究員、日本マンパワー研修講師、宣伝会議「営業力養成講座」その他、研修講師・イノベーションワークショップファシリテーターなど多数
◆著書「法人営業バイブル」PHP出版

17:50
17:50 「振り返り」
講義で学んだ事を振り返り・共有
講義で学んだ内容をどのように職場で実践するかをメンバーに宣言
18:00

4
10:00 「実践報告」
職場で実践した内容を報告・共有
10:10
10:10 斉藤 秀樹 斉藤 秀樹

成果をあげるチームビルディング術 [チーム力]
~互いに信頼できるチームの創り方を学ぶ~

【 講  師 】

斉藤 秀樹 アクションラーニングソリューションズ

講座内容詳細

サッカーワールドカップにおける日本チームの変化と成果が物語るように、強いチーム作りのためには、「フォーミング」「ストーミング」「ノーミング」「トランスフォーミング」という4段階のプロセスが存在します。しかし昨今の企業は、このプロセスの初期段階から抜け出せず、その結果会社や部署がチームとしてまとまらず、思ったような成果を挙げることができていません。
本講座では、チームパフォーマンスが発揮されない原因を明確化した上で、「そもそもチームとは何か」「チームとはどのような要件を満たす時に成長するのか」「チーム力の高い(チームシナジーを生み出せる)チームを創るためのリーダーの役割行動」について体感型のアクティビティ等も用い学習します。どんな小さなチームでも強いチームとなるための必須知識です。

講座概要

■チームビルディングがもたらす「絶対的効果」
■“Do”、“Be”、“チームメンバーシップ”という新たなマネジメントスタンス
■チームファシリテーターの武器「内的心理学」
■部下が自発的に働きだす3つのポイント
■ケーススタディ:
「なぜ、部下が真剣に働くように なったのか」


【 講師プロフィール 】

斉藤 秀樹

アクションラーニングソリューションズ 代表取締役
一般社団法人日本チームビルディング協会 代表理事

富士通、SIベンダー等において人事・人材開発部門の担当および人材開発部門責任者、事業会社の経営企画部門、KPMGコンサルティング(現 Bearing Point)の人事コンサルタントを経て、人材組織開発コンサルタントとして独立。ジョージワシントン大学大学院人材開発学部マイケルJ.マーコード教授より直接、アクションラーニングコーチ養成プログラムを受け、GIALジャパン設立(現:NPO法人 日本アクションラーニング協会)に参加、ディレクター就任。アクションラーニングの日本における本格的な企業導入を標榜し株式会社アクションラーニングソリューションズ設立、代表取締役就任。更に、中小から大手企業・外資系企業のコンサルティングで実証された組織開発の有効性を広く一般に広めるために一般社団法人日本チームビルディング協会(JTBA)設立 代表理事就任。

17:50
17:50 「振り返り」
講義で学んだ事を振り返り・共有
講義で学んだ内容をどのように職場で実践するかをメンバーに宣言
18:00

5
10:00 「実践報告」
職場で実践した内容を報告・共有
10:10
10:10 中川 紀篤 中川 紀篤

"課長塾式"自己の問題解決技法
~職場・組織・リーダーとしての「本当の問題」を発見すれば問題は解決する~

【 講  師 】

中川 紀篤 日経BP社「課長塾」コーディネーター

講座内容詳細

表面的な対処療法ばかりで、問題がいっこうに解決しない。
問題が漠然としていて、どうしたらいいかわからない。
・・・
問題が解決しないのは、実は「本当の問題」がわかっていないからです。

この講座では、信頼関係ができ本音が話せるようになった受講者同士で、質問をベースにした対話型グループセッションを通じて、互いの抱える「本当の問題」を明らかにしていきます。自分自身の「本当の問題」にハッと気づいた受講者は、誰に言われることもなく、自ら自律的にどうしたらよいかを口にするようになり、具体的な行動案を決めていきます。

課長塾開講以来、様々な課題や悩みを持つ管理職、約2,000名と対峙してきた課長塾コーディネーターであり、講師でもある中川紀篤が、アクションラーニングやカウンセリング、NLP、エニアグラムなどをベースにした独自の問題解決技法をお伝えします。現在の問題を引き起こしている「問題の本質」に気づき、自らを止めているブレーキを解き放つこの技術は、ご自身はもちろん、問題を抱えている部下の問題解決にも役立ちます。

講座概要

アクションラーニング式問題解決とは
デモセッション
質問トレーニング
問題解決セッション1~5回
気づきとアクション


【 講師プロフィール 】

中川 紀篤

日経BP社「課長塾」コーディネーター
JIAL認定アクションラーニングコーチ
米国NLP協会認定プラクティショナー

明治大学商学部卒業後、ニッカウヰスキー、リードエグジビジョンジャパンを経て日経BP社に入社。展示会事業部の立ち上げや日経パソコン等のダイレクトマーケティングを担当。2010年より日経ビジネス「課長塾」のプログラム開発を担当。JIAL認定アクションラーニングコーチ、米国NLP協会認定プラクティショナー、BOB PIKE Group認定プロフェッショナルトレーナー。

17:50
17:50 「振り返り」
講義で学んだ事を振り返り・共有
講義で学んだ内容をどのように職場で実践するかをメンバーに宣言
18:00

6
10:00 「実践報告」
職場で実践した内容を報告・共有
10:10
10:10 上村 光典 上村 光典

部下を本気にする力
~“エンパワーリング”により最強の上司力をつける~

【 講  師 】

上村 光典 エンパワーリング

講座内容詳細

人や組織がやる気を出すかどうかは、マネジャーが、“部下をやる気にする力”を持っているか、“やる気を奪う力”を持っているか、に大きく依存します。“部下をやる気にする力”の一番の要因はマネジャーの「本気力」です。部下やチームは、マネジャーの「やり方」に従うのではありません。マネジャーが「本気」であるという日々の「あり方」に従うのです。本講座で、マネジャー自身の「本気力」を高める具体的な切り口や手法を学ぶことで、部下のやる気を高めるために何をすればいいかがわかります。

講座概要

■エンパワーリングとは?
・エンパワーリングが求められる時代背景を理解する
・エンパワーリングとこれまでの手法との違い

■対「自分」本気力
・対「自分」本気力を構成する4要素
・この思考法が、自分とメンバーをダメにする ほか

■対「仕事」本気力
・対「仕事」本気力を構成する4要素
・「意味づけ」がないと、人の心に火はつかない ほか


【 講師プロフィール 】

上村 光典

エンパワーリング 代表取締役
メンタル&コミュニケーション・コーチ

1962年大阪生まれ。甲南大学卒業後、営業会社の管理職・社内教育トレーナー、人材コンサルタント会社を経て、日本メンタルヘルス協会にて衛藤信之氏に師事、同協会でカウンセリング・ゼミ講師を務める。
2001年コミュニケーション・テクノロジー研究所を設立。2006年新手法『エンパワーリング』を開発。その啓蒙・実践のために『株式会社エンパワーリング』を設立。
現在は“人と企業を本気にする”をテーマに、全国の企業・行政・組織・家庭・学校を奔走。これまで4,000回以上の講演・研修の実績を持つ。 著書に「最強リーダーのパーフェクトコーチング」「部下を本気に出来る上司」「会社でチャンスをつかむ人は皆やっている!一流の部下力」など。

17:50
17:50 「振り返り」
講義で学んだ事を振り返り・共有
講義で学んだ内容をどのように職場で実践するかをメンバーに宣言
18:00
18:00 「課長塾」修了式・懇親会
20:30

開催概要

講座名 スペシャリストをマネジャーにする エンジニア版 課長塾®
対象 製造業における技術部門(エンジニア)の新任課長・管理職候補の方
講座回数 1講座 全6回
日程 各講座により異なります。詳しくは下記【お申し込み】よりご確認下さい。
会場 御茶ノ水トライエッジカンファレンス   千代田区神田駿河台4-2-5
※JR総武線・中央線「御茶ノ水駅」徒歩3分/東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」徒歩2分
 東京メトロ丸の内線「御茶ノ水駅」徒歩5分/都営新宿線「小川町駅」徒歩5分
時間 ●1日目~5日目...10:00~18:00 ※2日目講義後、懇親会(有志)
●6日目(最終日)...10:00~20:30※修了式・修了パーティー含む
受講料 1講座につき ¥339,500(※税込、全6回昼食付。ただし第3回を除く)
※第3回目の昼食は、ワークの一環としてリードユーザーの方と外食(自費)となります。
※本講座は、全6日の受講により効果が上がるように設計しています。必ず全6日とも同じ方が御受講ください。
※日経ビジネスDigital版セット2年間の購読付
定員

各講座:36名 ●最少開催人員:8名
※定員になり次第受け付け終了となります
※参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
※1件のお申込につき、1名の受講者に限ります。

共催 ・日経テクノロジーオンライン
・日経ビジネス 課長塾®

※講座のタイトル・内容等は変更となる場合があります。

お申し込み

15
2018/6/12(火)、6/26(火)、7/10(火)、7/24(火)、8/9(木)、8/23(木)
16
2018/9/14(金)、9/28(金)、10/12(金)、10/26(金)、11/9(金)、11/30(金)

▲ページトップへ