女性社員に支持されるリーダーに必要なこと 〜部下の女性社員を味方につけるために〜

講座内容

女性に不人気な上司には理由がある!

「女性だから」「男性だから」と性別で相手を判断するべきでない…。
 女性社員は扱い方が面倒だ…。

 一昔前、上司が女性社員の育成に頭を悩ませることは滅多にありませんでした。
 しかし結婚や出産を機に退職する女性は大幅に減り、今では女性の育休の取得率は8割以上。「腰掛け」で自然に退職していく時代は終わりました。
 復帰後も育児との両立を図りながら、定年まで働く、というキャリアに変わりつつあります。

 女性の管理職比率向上が叫ばれる昨今、どのように女性社員を育成するかはリーダーにとって喫緊の課題ですが、これまでそうしたことが求められなかった管理職たちには「今さら女性社員を育てろ、と言われても…」という声が多いのが現状です。
 一方、女性社員にも、「私は今の組織ではそこまでやりたくない」「男性のような働き方はワークライフバランスを考えると無理」という意識があることも事実です。

 しかし、女性社員には男性社員にはない強みがたくさんあります。それをもっと引き出し、自分たちにはないスキルや感性を活かすことができれば、イノベーションを模索する現在の企業にこれ以上の戦力はありません。

 本講演では、女性活性化の講演で全国の企業から引っ張りだこのキャリアコンサルタント藤井佐和子氏に、女性社員1万人以上のキャリアカウンセリングの経験をもとにした女性社員の活性化のヒントを事例をふんだんに交えお話しいただきます。

 2015年、女性社員のさらなる活躍推進に向けて、部下の女性社員をどのように育てていくか課題をお持ちの管理職の方を始め、女性育成に課題をお持ちの人事総務、ダイバーシティ担当者にはぜひお聴きいただきたい講演です。

講座内容

「女性のココロ」がわかる10のポイント
「男性社員も女性社員も同じ」ではありません。
女性特有の考え方や価値観が結構あります。
そこを理解しておくだけでも、明らかに女性社員への対応が変わります。
女性社員に人気のある上司の心得
「女性社員」に人気がある上司は、女性が取りがちな行動や抱きがちな気持ちに対して、配慮がある言動や態度が取れることです。そのちょっとした言動や態度が違いを生みます。
女性社員のタイプ別接し方
「そこそこ」さんと「バリバリ」さん。
同じ女性社員でも働き方や仕事に対する姿勢は違う場合があります。
違うタイプには適した接し方も少し異なります。

お申込受付は終了いたしました。

▲ページトップへ