ネクストスタンダード 齊藤正明氏 マグロ漁船の船長に学んだ リーダーシップの極意

セミナー趣旨

最悪の職場環境の中で、どうやって船長は漁師をまとめて成果を出すのか??

『マグロ漁船』。一般のビジネスマンにはまったく縁のないこの世界。どんなイメージがあるでしょうか。

・・・収入も多くない。それに対して昼夜を問わない過酷な重労働・冷房暖房はなし・プライベートなどない狭さ・20mの船上で40日以上も毎日同じ人と顔を合わせる・24時間危険と隣り合わせ・病院もコンビニも娯楽もない・・・私たちが想像できないような職場環境です。

そんなマグロ漁船に、勤務先の上司命令で乗る羽目になった、齊藤正明氏。漁師とはまったく縁のない、線の細い、私たちとなんら変わらない一般のビジネスマンでした。しかしそこで意外な状況を目にします。

過酷な労働環境で、長期間毎日同じ荒くれ者の漁師たちが顔を合わせなければならないマグロ漁船にもかかわらず、一般的な会社よりもはるかにチームワークが良く、一人一人が非常に活き活きとして働いていました。

そこには、船長の強いリーダーシップが存在していました。

当セミナーでは齊藤正明氏が、身体を張ってマグロ漁船の船長から教わったリーダーシップの取り方をご紹介します。

マネジャー=人を束ねる立場になると、ともするとスキルや方法論に頼り、頭でなんとかしようと考えてしまいます。よかれと思ったにもかかわらず結果として、まとまりのないチーム、まとめきれない自分がいます。

多くのリーダーシップ論はありますが、齊藤氏の提唱する“マグロ漁船で学んだリーダーシップ”には、私たちが学ぶべき本質的なポイントが満載です。

企業という「漁船」の中で人のまとめ方に暗中模索しているマネジャーにとって、少し違った角度から自分のマネジメント手法を見ることができる機会になります。

講座プログラム

  • 船長は独裁者ではない
  • 漁師への最大の報酬はお金じゃない 言葉が最大の贈り物
  • 船長が船員を見る、一番のポイント
  • 物語で伝えよ!
  • ほめてはいけないポイント
  • 指摘をするときはサンドイッチのように
  • 褒めることも叱ることも大事ではない
  • マグロ漁船流 部下への居場所の与え方
  • テクニックで部下を動かさない船長の言葉
  • 漁師にとっての「言葉」とは、情報伝達の手段ではない
  • 部下を落ち込ませず、やる気を出させる叱り方
  • 船長が前向き過ぎると船は沈む
  • 万能な船長の船はマグロが捕れない理由
  • 迷ったときはサイコロで決める船がマグロが捕れる
  • 10歩先を当てる努力よりも、1歩先を当てる努力が大事
  • 船の仕事である、「ワッチ」が、うまく仕事を進める方法を教えてくれる

講師

齊藤 正明 ネクストスタンダード 代表

齊藤 正明

ネクストスタンダード 代表

人材コンサルタント。大学卒業後、バイオ系企業の研究部門に配属。上司の無理な命令のため、スタッフは体調を崩すなどし、業績も雰囲気も低迷。ある日、齊藤氏自身も理不尽な業務命令によりマグロ船に乗せられることとなる。しかし意外にも、マグロ船で見聞 きした、漁師たちのコミュニケーション術のすばらしさに感銘を受ける。 その後、研究所と他部署とのコミュニケーションの良好化を目した社内活性プロジェクトを成功に導く。2007年より現職。著書に『会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ』(マイコミ新書)、『マグロ船で学んだ人生哲学』(講談社biz)他多数

開催概要

セミナー名 マグロ漁船の船長に学んだリーダーシップの極意
日時 2013年11月12日(火)
10:00~13:00
会場

天神クリスタルビル

受講料 20,000円(税込み)
定員 60名
※定員になり次第受け付け終了となります
最少開催人員 20名
※参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
主催 日経BP社 課長塾

※セミナーのタイトル・内容等は変更となる場合があります。

課長塾 総合講座 第14期 福岡 12月6日開講 無料個別相談会開催

会場
天神クリスタルビル
チェックした日時で申し込む会

課長塾 総合講座 第14期 福岡

「できるリーダーになるための原理原則」講座

部下を本気にできる上司、できない上司~知らず知らずのうちに部下がやる気を失う理由~

お申し込みの受付は終了いたしました

ページトップへ