自分の“強み”を活かした「人の動かし方」基礎講座~ストレングスファインダー#&174を使って相手を動機づける~

お申し込みはこちらから

セミナー趣旨

  • 意見が合わず衝突してしまう苦手な部下・上司がいる。
  • 部下の個性や特長を伸ばしてあげたいが、どうやったらいいか分からない。
  • 自分に管理職が務まるのだろうかと不安を感じている。

実はこれらには、あなたや部下・上司の思考・感情・行動のパターン“クセ”が少なからず 影響しています。

そもそも自分自身の“クセ”が、いつ・どこで・だれに出ているかを把握できていますか?また、部下・上司のクセを把握できていますか?

社内の問題の多くは「人間関係」が根本原因です。

  • あの部下・上司の気になる言動や行動の理由がわかり、対処方法がわかったら。
  • 部下が喜ぶ誉め言葉が分かり、ヤル気を引き出せたら。
  • 部下の得意なことが分かり、その得意な能力を活かして成果を出せるよう育成できたら。
  • 自分の特長を客観的に知ることで"自分らしいリーダーシップが発揮できたら。

これらを見える化するのが、資質分析ツール「ストレングスファインダー®」です。 米国ギャラップ社が200万人へのインタビューから開発し、世界で1500万人以上が受検。これまで多くの企業でも人在育成ツールとして活用されています。
「ストレングスファインダー®」を受検すると、34個の特長から自分自身が持っている 上位5つの思考・感情・行動のパターン“クセ”が分かります。

本講座では、この「ストレングスファインダー®」を受検した結果を踏まえて、34個の 特長を明らかにしていきます。自分の特長の理解を深めるだけでなく、部下・上司をイメージしながら聴くことで、

  • 客観的に自分や相手の特長を知ることができます
  • お互いの特長を見える化することで衝突が軽減できます
  • 相手の特長に合せたコミュニケーションが取れます
  • チームの特長をお互いが把握することで協働しやすくなります

あなた自身の強みを発揮することはもちろん、同僚や部下、そして上司の才能がもっとも輝く接し方を学べる本講座。組織力アップにぜひご活用ください。

【ご注意ください:ストレングスファインダー®受検について】
すべての受講者には受講前にストレングスファインダー®を受検いただき、講座内での解説のためにその結果を事務局まで事前に提出いただきます。 受検用として受検IDコードが付いている 『さあ、才能に目覚めよう ~あなたの5つの強みを見出し、活かす』(日本経済新聞出版社刊)を受講証と別にお送りします。


講座概要

  • ストレングスファインダー®の解説
  • 34の資質の特性紹介
  • 自分にとって利き手のように簡単で自然なことでも、実は他の人にはそうではないということ
  • 自分の強みの活かし方、どんなふうに使うと周囲の人に役立てるのか
  • 人はどんな時に楽しさ喜びを感じ、どんな時にやる気をなくすのか

  • ◆6月20日(火)...13:00~17:30
    お申し込みはこちら

  • ※日経BP書店でのご利用・ご購入には「日経ID」が必要になります。
    お申し込みお手続きの中でログインまたは新規登録をお願いいたします。

▲ページトップへ