仕事の効率を高める「タイムマネジメント基礎講座」

お申し込みはこちらから

講座内容

簡単で、継続しやすい時間管理のコツを学ぶ

 多くのビジネスパーソンが直面する課題の1つが、「タイムマネジメント(時間管理)」です。次々に押さえられるミーティングの予定、突然生じる顧客対応、長期的な課題の進捗管理、なかなか減らない残業…。様々な「時間にまつわる問題」を解決していかなければなりません。

 一方で、タイムマネジメントには手間がかかるもの、あるいはスケジュールに縛られて融通のきかなくなるものというイメージもあります。せっかくタイムスケジュールを立てても、計画通りにはいかない。「計画なんて立てるだけムダ」と考えている方もいるかもしれません。

 しかし、手間をかけずに実行できて、状況に応じて臨機応変に対応できるタイムマネジメントの方法もあります。この講座では「簡単にできる」「継続しやすい」タイムマネジメントの具体的な手法を紹介するとともに、チームの効率アップやチームワーク改善に役立つ手法をお伝えします。

講座概要

【1】タイムマネジメントとは?
  • なぜ「タイムマネジメント(時間管理)」が必要なのか?
  • 自分の「時間の使い方」をふり返る
【2】効果的なタイムマネジメントの手法
  • 時間の「見える化」:アポイントメント管理
  • 仕事の「流れ」をつくる:タスク管理
  • タスク管理を成功させるポイント
  • 「予定外の仕事」による問題点と対策
  • 時間の使い方をふり返る (実績の記録)
  • 効果を上げるための小さな行動
【3】タイムマネジメントの応用① 長期計画
  • 手軽で効果的な長期スケジュール
  • 長期的な仕事と短期的な仕事の両立
【4】タイムマネジメントの応用② チームワーク・進捗管理
  • 「覚えず・忘れない」進捗管理
  • チームの連携を高める「5分間ルール」
【5】タイムマネジメントの応用③ タイムパフォーマンスの向上
  • タイムパフォーマンスを高める習慣
  • 効率的な会議を行うために
  • 3つの「ムダな残業」をなくそう
【6】問題点の把握と対策案の検討
  • 労働時間や仕事の効率に影響する4つの要因
  • 問題点の把握と対策案の検討

受講者の声

  • 自分の業務の進め方、部下のマネジメント、部署全体の課題とその解消法、すべて参考になった。考え方、理論ではなく、実際にどうやればよいという具体的な行動が分かるのは本当にありがたい。非常に役立つ内容でした。会社に戻って部署で共有します。

  • 業務や仕組み、仕事の取り組み方について、具体的な改善案を思いつくことができた。習ったことを取り入れて、誰でもタイムマネジメントが出来る職場環境をつくっていきたいと思う。

  • 残業が多いと言われていて、自己管理をどうすべきか悩んでいたので、具体的でとても役立ちました。タスク管理の苦手なメンバーがいるので、スタートを意識させるよう仕向けてみます!

  • 業務形態による残業の原因が異なる点が興味深かったです。

  • 自分自身がタイムマネジメントが十分できていない点を気づけた。また、部下に対して着手日設定する、着手日に確認するなど、できていなかったことに気づけた。プロジェクトマネジメントの観点が多いと期待したが、そこは違った。ただし、気づきも多かった。

  • 日頃できていない事が明確になった。今日習ったことは、職場での具体的な取り組みにおとせそうだと思いました。タイムマネジメントにより時間をつくって、仕事だけでなく自分、家族のために自由に使える時間を増やしていきたい。

  • 理論的な対策、実践的な対策、体系的な対策がそれぞれ非常に分かり易く説明してもらえた。色々な外部セミナーに参加しましたが、本日の講義が一番分かり易く、実践してみようと思える内容でした。

  • 講師の実体験に基づいてあみ出された手法なので非常に実践的だと感じた。自分の何が足りないのかが分かった。内容とは関係ないですが、受講者の3分の1が女性で心強かったです。

  • 「表やグラフを用いた分かり易い講義でした。特に『to doリスト』ではなくて『タスク表』を作る趣旨に非常に共感できました。早速職場で試してみます。

  • ◆2/16(木)...13:00~17:00
    お申込み受付は終了いたしました。

▲ページトップへ